【解決】大学4年はバイトで雇ってもらえない!どうお金を稼ぐ?

【解決】大学4年はバイトで雇ってもらえない!どうお金を稼ぐ?

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学時代まともに就活したことはなく、新卒から「フリーランスのWebマーケター」として生きている23歳です。(2021年にFラン大学を卒業)

大学4年の1月まで、スーパーでバイトをしていましたよ。

さて大学4年にもなると、いよいよ就職へと近づき、内定が早く決まる人はバイトを始めたいですよね…

しかし、大学4年生の場合だと新たにバイトをしようと思っても、「雇ってもらえない」という問題が起きるのです。

・大学4年になって新たにバイトを始めたいけど、雇ってもらえなくてつらい…
・4年生にもなると、バイトで稼ぐのは厳しいのかな..

結論から言うと、大学4年の人がバイトとして雇ってもらうのは難しいです。
今回は大学4年がバイトに受かりにくい理由、バイト以外で稼ぐ方法を解説しますね。

この記事を読み終えた後には、バイトで雇われて稼ぐことを諦め、他の方法で稼ぐために行動できるはずです!

大学4年がバイトで雇ってもらえない理由

大学4年がバイトで雇ってもらうのが難しい理由は、明確にあります。

大学4年がバイトに落ちやすい理由
  1. 1年以内に辞めるため
  2. 就活でシフトに入らないと思われる

もちろん志望動機や人柄なども関係している場合もあります。
しかし、大学4年の時点でバイトに落ちる理由としてはこの2つが大きいと言えます。

企業(店)側の視点で考えれば、落ちる理由も分かるはずです。

理由①1年以内に辞めるため

店長(企業)からしても、1年以内に辞めることがほぼ確定な大学4年生を雇うのは、手間もかかりメリットが少ないのです。

大学4年生を雇うより、大学1〜2年生を雇うほうが、長期的に見てメリットが多いですよね。

企業からしても、せっかく新人バイトに作業を教え込んでも、1年以内に辞められたら「時間がムダ」になってしまいます。

なので、大学4年生がバイトに受かることは珍しいといえます。

おすすめ

どうしても今すぐお金を稼ぎたい場合、UberEatsがおすすめです。

理由②就活でシフトに入れない

そもそも大学4年生は就職活動で忙しく、バイトに入れる日も少ないはずです。

就活で忙しい▶︎シフトに入れない▶︎雇いたくてもシフトに入れないから雇えない

どんなに優秀な学生でも、シフトに入れないのであれば雇うメリットはありませんよね…

たとえ、就活をすでに終えていて内定がある大学生でも、大学4年という時点で雇ってもらえないパターンが多いでしょう…

大学4年生の人は、バイトで雇ってもらうのは難しいと思っておくべきですね。

「大学4年はバイトで雇ってもらない」と割り切ろう

大学4年から新しいバイト先に雇ってもらう確率は、かなり低いと思ったほうがよいです。

僕は大学4年の1月までスーパーでバイトをしてましたが、1年の頃から勤めていたことと、就活をしなかったのが大きいです!

大学4年がバイト以外で稼ぐには
  1. UberEatsで稼ぐ
  2. プログラミングで稼ぐ
  3. Webマーケティングで稼ぐ

今の時代、バイト以外で稼ぐ手段はいくらでもあるので、「落ちるのが普通だ」と割り切ったほうがいいですね!

ちなみに筆者の僕は、『大学4年の3月にブログで月25万円、Webマーケティングの仕事で25万円』合計50万円を稼いだ経験があります。

【参考記事】:WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

【参考記事】:【月20万】Webマーケティングなら大学生でも稼げます【体験談】

落ちるのが普通

大学4年の時点で、バイトに応募しても落ちるのが普通です。

・1年以内に辞める
・就活でシフトに入れない

上記のような理由で、大学4年生がバイトで雇ってもらうのは厳しい現実があります。

バイト以外で稼ぐしかない

結論、バイトに受からないのであれば、バイト以外で稼ぐしかないです。

今の時代、大学生でも月15〜100万円稼いでる人は多くいますよ。
大学生のうちに自分の力(スキル)で稼げるようになれば、将来の選択肢も広がります。

バイトに受からない場合にやるべきこと
  1. プログラミングかWebマーケティングを猛勉強
  2. 雇われなくても稼ぐ力(スキル)を身につける
  3. 企業から仕事をもらって稼ぐ

バイトが受かるとかは関係なしに、学生のうちにIT・Webスキルを身につけて稼ぐ経験はしておくべきです。

バイトのように時間を売るのではなく、「価値を売る」ことになり、お金の稼ぎ方がまったく違うのです。

大学4年でバイトができないなら「ITスキルで稼ぐべき」

大学4年でバイトに受からない人は、ITスキルを身につけてお金を稼ぐ経験をしましょう。

①学生のうちに月収20万円目指せる
②就職しなくてもお金を稼げるようになる
③就職した後も副業で+10万円〜稼げる

バイト以外で稼ぐ方法として、Uber Eatsや引っ越しバイトなどの短期のものがありますが、僕はオススメしません。


理由は単純で、スキルが何も身につかないからです…

では、大学生でも身につく「ITスキル」をそれぞれ見ていきましょう!

①プログラミング

現代の大学生であれば、1度は聞いたことがある「プログラミング」は、学生でも稼げます。

ただ、プログラミングと言っても種類が多くあります。

①WEBアプリ開発
②WEB制作
③ECサイト構築
④AI開発

上記の中でも、WEB制作とECサイト構築は難易度が低いです。
ただ、大学生のうちにWEBアプリ開発のスキルを身につけることができると相当強いですね。


1年間本気でプログラミングを頑張れば、お世辞抜きで人生変わるはずです。

②Webマーケティング

プログラミングだけでなく、Webマーケティングも『大学生が身につけるべきITスキル』です。

「Webマーケティング」と聞くと、なんだか難しそう…と思う人もいるかもですが、そんなことはないです。

①SEO(Google検索)
②SNS
③YouTube

こう見ると意外と身近ですよね。要は、Webマーケティングとは、Web上でいかにモノやサービスを売る仕組みを作るかというゲームです。

筆者の僕は大学4年の10月からWEBMARKSという「Webマーケティングスクール」を受け、死ぬ気でスキルを身につけました。

実際に大学4年の2月に、法人企業からお仕事をいただき、月収50万円を達成できました。

※当時受講料が15万円だったのですが、すぐに倍以上は稼ぐことができました。

引用:WEBMARKS

プログラミングよりも難しくはないため、文系大学生でも問題なくスキルが身につきますよ。

大学4年でバイトに雇われずに困ってる人には、ぜひWebマーケティングをおすすめしたいです。
就職しても副業で稼ぐことはできますし、転職する際にも最強のスキルですよ。

【参考記事】:【月20万】Webマーケティングなら大学生でも稼げます【体験談】

≫WEBMARKSの無料カウンセリングを受けてみる

③Webデザイン

Webデザインも、大学4年生でバイトに受からない人におすすめですね。

「デザインに興味がある!」という人であれば、3ヶ月勉強すれば月10〜20万円は確実に稼ぐことが可能です。

【参考記事】:未経験からWebデザイナーになるには?新卒フリーランスのエミさんにインタビュー!

デザインに少しでも興味があるのであれば、時間を売るバイトはせずに、Webデザインを学んだほうが100倍価値があります。

Webデザインスクール「SHElikes」では、無料でWebデザインの授業が体験できるので、興味がある人は1度試しに受けてみるのもよいはず。

≫SHElikesの無料体験を受けてみる

おすすめのWebデザインスクール

大学生のうちに「バイト以外」で稼ぐと人生が変わります

大学生のうちにバイト以外で稼げる力がつくと、本当に人生が変わります。

バイトで雇ってもらえないし、どうしよう…」と悩んでるなら、『IT・Webのスキル』を身につけて稼ぐべきです。

IT・Webのスキルで稼ぐと?
  1. 就職しなくても稼げる力がつく
  2. 就職しても副業で稼げる
  3. 将来の転職もしやすくなる

他にも、家でのんびりと働けたり、旅行しながら働けたりと、自由度が高い仕事(職種)です。

では、1つずつメリットを見ていきましょう。

①就職しなくても稼げる力がつく

『IT・Webのスキル』があれば、就職してなくても月20〜100万円は稼ぐことが可能です。

僕は大学4年の2月から正式にWebマーケターとして働いており、2021年3月は月収50万円を達成しました。
他にも大学生でブログで月40万円稼いだり、プログラミングで稼いだりしてる人は多いです。

ただ、1ヶ月頑張っただけで稼げるような甘い世界ではありません。最低でも3ヶ月〜1年は勉強を頑張る必要はあります。

勉強といっても大学の授業のような退屈なものではないので、楽しいですよ。

とにかく、Web・ITの人材は需要が爆発しており、大学生でも稼げるチャンスがあるんです。

無料でカウンセリング相談・無料体験ができるスクール3選】

WEBMARKS
(Webマーケティングスクール)

Freeks

(プログラミングスクール)

テックパートナーズカレッジ
(プログラミングスクール)

SHElikes

(Webデザインスクール)

特にFreeksテックパートナーズカレッジは、無料でプログラミングを体験できるので、大学4年生には超絶オススメです。

②就職しても副業で稼げる

プログラミングやWebマーケティングのスキルがあれば、大学卒業後に就職しても、副業として稼ぐことができるんです。

本業が月20万円+副業で月10万円=30万円」になるので、相当デカいですよ。
日本社会は年功序列も終わったので、スキルがないと本当に厳しい世界になってますし….

引用:WEBMARKS

僕自身、文系&Fラン大学出身で、過去にプログラミングを挫折した経験があります。

なので、僕みたいな人は、プログラミングよりも『Webマーケティング』をオススメしたいですが、自分が興味のあるほうを選ぶべきです。


≫Webマーケティングについて詳しく見てみる

③将来の転職もしやすくなる

プログラミング、Webマーケティングなどの『IT・Webのスキル』があれば、転職でも相当大きなメリットになりますね。

実際に大手のDMMが運営する「マケキャン」では、以下のように年収がUPしてる人が続出しています。

引用:【公式】マケキャンbyDMM.com(旧:DMM MARKETING CAMP)

新卒で就職した後に、「転職したいな」となった場合、Webマーケターを目指すのはアリだと思いますね。

マケキャンでは、大学生でも無料カウンセリングができ、Webマーケターについての話が詳しく聞けるのでオススメです。

≫マケキャンの無料カウンセリングを受けてみる

まとめ:大学4年がバイトで雇ってもらえないのは事実

10年後も儲かる仕事3選

大学4年は、バイトで雇ってもらえないのが普通なので、他の方法で稼ぐのが無難でしょう。

そもそも、どんなにバイトを頑張っても年間100万円が限界です。

それよりも『プログラミングやWebマーケティング』を学んで、年間200〜500万円くらい稼げる力をつけたほうが将来的にもいいですよね。

大学4年からバイトは始めないほうがよい
  1. 時間を売って終わりになる
  2. 将来につながるスキルがなにも身につかない
  3. 年間100万くらいが限界
  4. いくら頑張っても、時給はまったく上がらない


バイトに受からないのに、わざわざ無理して新しいバイト先を探す必要はないです。

それよりも、自分の将来のためになるIT・Webスキルを身につけるべきだと僕は思いますよ。

無料でカウンセリング相談・無料体験ができるスクール3選】

WEBMARKS
(Webマーケティングスクール)

Freeks

(プログラミングスクール)

テックパートナーズカレッジ
(プログラミングスクール)

SHElikes

(Webデザインスクール)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です