「生活ギリギリで貯金できない…」という人の9割がやっていない3つのこと。

  • 生活ギリギリで貯金できない…なんで貯金できないのか….
  • 常に生活ギリギリだけど、何をすれば今より余裕が持てるようになるかな

この20年〜30年と、日本の賃金は上がっていなく、物価だけが上がるという今の日本…

この事実もあり、「生活ギリギリで貯金できない」という人の割合も年々増えているに違いありません。

とは言え、「貯金ができない…」と思ってるだけでは、何も変わりません。

生活がギリギリで貯金ができないのであれば、「なぜ?」「どうするか?」の2つを考える必要があります。

本記事では、貯金ができず生活がギリギリなあなたに向けて、以下の内容を解説していきます。

本記事の内容まとめ
  • 生活ギリギリだし貯金できないという人の特徴
  • 生活がギリギリでお金を貯めれない人が今するべきこと
  • この時代に貯金ができないのは相当やばい理由

※生活ギリギリどころか、最低限度の生活すらもできないという人は政府が提供する生活保護制度の活用も検討ください。

生活ギリギリで貯金なんてできない人が第1にやるべきこと【1円もかからない】

  • 生活ギリギリで貯金できない…自分はなんで貯金できないのだろう。
  • もうギリギリの生活は疲れた。貯金ができるくらい余裕を持った生活をしたい

もし、あなたが上記のように考えているのであれば、最初にできることがあります。

それは、株式会社リクルートが運営する「保険チャンネル」への無料相談ですね。

『保険チャンネル』に相談するべき内容
  1. なぜ生活がギリギリになっているのか
  2. 削減できる支出はないかどうか
  3. 老後のお金をどのように準備していくか
  4. 無駄な保険料を払っていないか


上記のような、お金関連のことを何回でも深く相談することができます。

1度保険チャンネルに相談するだけでも、毎月の生活費が数万円変わる人も多いです。

公式サイト:https://hokench.com/

あなたが納得いくまで何度でも相談ができるため、少なくとも1回は相談することを推奨します。

保険チャンネルの無料相談を受ける ≫

公式サイトはこちら⬇︎
https://hokench.com/

「生活ギリギリで貯金できない…」←あなたにまず伝えたいこと

  • いつも給料が入っても、すぐ支払いで消えていく…
  • どうにか貯金したいけど、毎月気付いたらお金が残らない…

上記のように思っている人に、まず伝えたいことは1つです。

それは….本記事を読んだあと、何かしら行動しない限り、何も状況は変わらないということ。

「なんで貯金できないだろう?」と調べて終了するのではなく、行動に移さないと意味がありません。

こちらで紹介していることは、この記事にたどり着いたからには最低限するべきことですね。「生活ギリギリで貯金できないのは嫌だ」という人は、ぜひ読み飛ばさずにゆっくりと読んでみてください。

生活ギリギリだし貯金できないという人の特徴

事実、生活ギリギリで貯金ができないという人は、以下3つの特徴があります。

生活ギリギリだし貯金できないという人の特徴
  1. 必要ない保険料を払ってる
  2. 生活費が高い
  3. そもそも収入が少なすぎる

どうでしょう?あなたは当てはまっていませんか?

「生活ギリギリで貯金ができない」という人に限って、上記のような特徴があることが多いです。

必要ない保険料を払ってる

保険と言っても、死亡保険・医療保険・介護保険などがあります。

しかし、「生活ギリギリで貯金できない…」と言う人に限って、無駄に保険料を払っていることが多いです。

  • 毎月の保険料は、正直払いすぎてるかもしれない….
  • 前に入った保険を継続してるけど、内容や金額は適正なのかわからない

あなたは、上記に当てはまっていませんか?

保険を改めて見直すだけでも、毎月の出費は大きく変わってくるため、保険チャンネルのようなプロ(FP)に1度相談することをオススメします。

公式サイト:https://hokench.com/

保険チャンネルは株式会社リクルートが運営し、保険の見直しや加入について、0円で何回でも相談可能です。

保険チャンネルの無料相談を受ける ≫

公式サイトはこちら⬇︎
https://hokench.com/

生活費が高い(支出を把握してない)

「生活ギリギリで貯金できない…」

という人に限って、生活費が高かったり、そもそも生活費を全て把握してないことが多いです。

いきなり収入をガツンと増やせるならいいですが、それが無理なら、まずは生活費を見直す必要があります。

  • 月にどらくらい食費はかかっているか
  • 月に趣味でどれくらいお金を使っているか
  • もう少し家賃を落として別の地域に住めないか

本気で貯金をしたいのであれば、上記について保険チャンネルへ相談することをおすすめします。

毎月の出費について、削減できる出費はないかなど、0円で何回でも相談できます。

保険チャンネルの無料相談を受ける ≫

公式サイトはこちら⬇︎
https://hokench.com/

そもそも収入が少なすぎる

生活がギリギリでお金を貯めれない最大の原因は、そもそも収入が少ないということ。

月収が5万円増えるだけでも、年間で60万円貯金することができます。

とは言え、今からいきなり「月収5万円多く稼げ」と言われても、大半の人には難しいでしょう。特に、正社員1本で稼ぐ場合は不可能です。

解決策としては、政府も推奨しているように「副業」をするしかありません。

  • 今より月3万〜10万円多く稼ぎたい
  • 節約はしてるけど、そもそも収入が少なくて貯金できない

このような人は、まず自分が興味のあるもので副業を始めてみるといいですね。副業については、以下の記事で詳しく解説しています。

【参考記事】:副業は在宅で仕事終わりにできる?マイペースにできる副業5選を紹介!

生活がギリギリでお金を貯めれない人が今するべきこと

  • 毎月生活がギリギリで、全然お金を貯めれない
  • 収入はそこそこあるのに、なぜか生活がギリギリ…

結論、上記のような人が、第1にするべきことは以下に限ります。

生活がギリギリでお金を貯めれない人が今するべきこと
  • 無駄な保険の見直し
  • 生活費の見直し
  • 副業を始める

貯金を貯めるために、「投資を始める」「宝くじをやる」みたいなことは必要ありません。

当たり前のことを当たり前にやれば、必ず貯金はできると言えます。

ということで、1つずつ詳しくみていきましょう。

無駄な保険の見直し

生活がギリギリでお金を貯めれない人が、まずやるべきなのは「無駄な保険の見直し」です。

保険と言っても、死亡保険・医療保険など、いろいろありますが….

今あなたが加入している保険は、本当に全て必要でしょうか?

保険を見直すだけでも、月数千円〜1万円ほど貯金に回せる可能性もあります。

  • 毎月の保険料は、正直払いすぎてるかもしれない….
  • 前に入った保険を継続してるけど、内容や金額は適正なのかわからない

このような保険関連のことについては、保険チャンネルのようなプロ(FP)に1度相談してみてください。

保険の見直しや加入について、0円で何回でも相談可能です。

保険チャンネルの無料相談を受ける ≫

公式サイトはこちら⬇︎
https://hokench.com/

生活費の見直し

生活がギリギリでお金を貯めれない人に限ってやらないのが「生活費の見直し」ですね。

月収50万円以上であれば、生活費を気にする必要はありませんが、収入が20万円〜40万円程度の人は生活費を気にするべきです。

生活費を見直すだけでも、1万〜5万円ほどは節約できるケースが多いです。

  • 毎月払っている家賃を、もう少し減らすことはできないか….
  • 毎月の携帯料を多く払いすぎていないかどうか….
  • 毎月の食費をもう少し削減できないか….

株式会社リクルートが運営する保険チャンネルでは、上記のようなことを何回でも相談できます。

保険チャンネルの無料相談を受ける ≫

公式サイトはこちら⬇︎
https://hokench.com/

副業を始める

生活がギリギリでお金を貯めれない人がするべきことの3つ目は、副業を始めることです。

最近では、1つの会社から給料をもらうのではなく、副業で複数の収入源を確保する人も増えています。

特に、Web・IT系のような「自宅で本業の後にできる仕事」をする人が多いです。

「生活がギリギリでお金を貯めれない」という場合、支出を減らすことも大事ですが、収入のほうが断然重要と言えます。

副業の始め方に関しては、以下の記事で深く解説しています。

【参考記事】:副業は在宅で仕事終わりにできる?マイペースにできる副業5選を紹介!

この時代に貯金ができないのは相当やばい理由

  • 毎月生活がギリギリで、全然お金を貯めれない
  • 収入はそこそこあるのに、なぜか生活がギリギリ…

言ってしまうと、この状態が今後も3年〜10年と続くのは非常にマズいです。

それはなぜかと言うと、以下の実態があるから。

この時代に貯金ができないのは相当やばい理由
  • 年金は今後も減っていく
  • 退職金が減っていく


はっきり言って、今後の日本はかなり厳しいです。先進国のなかでも、30年間ずっと給料が上がっていないのは日本だけですね。

年金は今後も減っていく

20〜30年前であれば、「年金に頼る」ということはまだ現実的でした。

しかし、令和以降はもうワケが違います。

この数年でも年金の額は減っており、今後10年〜30年は年金が増えることはないでしょう。

要は、減った年金の分を自分で用意する必要があり、年金だけで生活するのは非常に厳しいです。

年金を自分で賄うためにできること


例えばですが、上記は自分の将来のお金を用意するためにできることです。

どんなに期待しても、政府は年金を増やしてくれません。他人に期待するよりも、自分自身でお金を用意するほうが現実的です。

年金の額は誰も変えれませんが、年金以外の収入はあなたの努力次第で変えられます。

退職金が減っていく

「生活がギリギリでお金を貯めれない…」という人に悲報です。

実は、年金だけではなく、実は「退職金」も年々と減っています。

ざっくり言うと、この20年で1,000万円も減ってるというデータもありますね。

引用:NHK

年金が減るのと同様、退職金についても減る分は自分で用意する以外方法がありません….

退職金を自分で賄うためにできること


「生活がギリギリでお金を貯めれない…」という状態が今後も続くのは非常にマズいです。

特に『保険チャンネル』への相談は1円すらかからないため、まずはできることから始めることを推奨します。

保険チャンネルの無料相談を受ける ≫

公式サイトはこちら⬇︎
https://hokench.com/

「生活ギリギリで貯金できない…」という人は保険チャンネルへ相談すべき

  • 毎月生活がギリギリで、全然お金を貯めれない
  • 収入はそこそこあるのに、なぜか生活がギリギリ…

結論、上記のように思っている人は、株式会社リクルートが運営する保険チャンネルを必ず利用するべきと言えます。

公式サイト:https://hokench.com/

保険チャンネルでは、家から1歩も出ずに、スマホ1台で何度でも以下のことについて0円で相談できます。

『保険チャンネル』に相談するべき内容
  1. なぜ生活がギリギリになっているのか
  2. 削減できる支出はないかどうか
  3. 老後のお金をどのように準備していくか
  4. 無駄な保険料を払っていないか
  • もうこれ以上ギリギリの生活は送りたくない
  • 貯金ができないと、毎月将来の不安が増していく

このように思っている方こそ、保険チャンネルで確実に相談しておくことを強くオススメします。(何度相談しても1円もかかりません)

保険チャンネルの無料相談を受ける ≫

公式サイトはこちら⬇︎
https://hokench.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です