休日が寝て終わる?「収入を爆上げ」したいなら今すぐ行動を起こすべき

休日が寝て終わる人がやるべきこと

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

現在23歳、会社に頼らずに生計を立て、人生で1度も出勤をしたことがないフリーランスです。

※Webマーケティングとブログで生計を立てています

最近は特にコロナでどこにも行けないので、休日をダラダラ家で過ごし、結局休日が寝て終わる…

という人も多いのではないでしょうか?

もしくは、「平日の仕事がハードすぎて休日はずっと寝て終わる。」というパターンも多いかと思います。

・休日は毎回寝て終わるし、なんか新しいこと始めないとヤバイ気がしてきた…
・どうしても休日をダラダラ過ごしてしまう….


今回は、こんな人向けに、以下を解説していきますね。

  • 「休日でもできること」
  • 「休日を寝て終わる人が今後やるべきこと」

この記事を読み終えた後には、休日を寝て終えることがなくなり、新たに頑張れることが見つかるはずです!

休日が寝て終わるのはもったいなすぎる

休日が寝て終わるのはもったいなすぎる

まず、「休日が寝て終わる」ことほど、もったいないことはないですね。

というか健康にも悪いですよ…

引用:Wiley Online Library

時間はお金よりも100倍以上大事であり、一生取り戻すことはできないからです。

休日が寝て終わるのはもったいない理由
  1. 休日は勉強をするチャンス
  2. 休日をダラダラ過ごしても人生に変化なし


しかし、休日の過ごし方を180度変えて「新しく頑張ること」を始めれば、人生が変わるきっかけになります。

休日は勉強をするチャンス

休日は「今の仕事以外の勉強」をする絶好のチャンスですよね。

ただ、ここで言う勉強とは、英語や資格などの勉強ではありません。

休日に勉強するべきことの例
  1. プログラミング
  2. Webマーケティング
  3. Webデザイン
  4. Webライティング

要は、「収入に直結するスキルの勉強」です。

資格や語学の勉強とかをしても、年収はほぼ上がりません。しかし、上記のようなWeb系スキルを勉強すれば、収入は上がります。


Web系のスキルは土日の休日でも、問題なく勉強ができるので、「今後収入を少しでも上げていきたい!」という人にオススメです。

筆者の僕は、大学4年の時にWebマーケティングを学び、収入を7倍ほどまで伸ばせました。

休日も休まずに勉強をし、企業から仕事をもらえるようになりました。

【参考記事】:【体験談】WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

休日をダラダラ過ごしても人生は変わらない

いつまでもダラダラと休日を過ごしても、人生はなにも変わりません。

ずーっと同じ会社で、同じ給料で何年も過ごすだけでしょう…


僕も大学3年までは、休日が寝て終わることもありましたし、ダラダラと過ごしていました。

しかし、「このままだと人生やばい…なにも変わらない…」と思い、本気でWebマーケティングの勉強を始めました。

意識を変えてから収入も伸びましたし、行動を起こしてよかったと思っていますね。

休日が寝て終わる人の対策法

毎回のように休日が寝て終わる人は、今すぐに改善するべきです。

例えば、土日に合計8時間ほど寝ているのであれば、「8✖️1年間(52週間)=416時間」という多大な時間を無駄にしているということです。

これって結構怖いことですよね….

プログラミングやWebマーケティングを400時間も勉強すれば、最低でも『今の収入+10万円』は、間違いなく稼げるはずですよ。

休日が寝て終わる人の対策法
  1. 転職して収入を伸ばすことを目標にする
  2. 副業で稼いでみる


人はお金のことになると、誰でも本気になるはずです。

転職して収入を増やすことを目標にする

どうしても休日を寝て終えてしまう人は、転職をすることを視野に入れてみては?

日本はついに『終身雇用・年功序列』も崩壊したので、ずっと同じ会社にいても給料が爆伸びすることはありません。

転職して収入を増やすには、スキルを身につけるのが1番確実性があります。


このデジタル社会において、収入が伸びやすいのは、間違いなく「IT・Web業界」ですね。

【参考記事】:【データで証明】10年後も儲かる仕事を3つ厳選!

「毎回のように休日が寝て終わるし、そろそろ何か新しいことを頑張りたい」

という人は、以下のスクールで話を聞いてみてもよいでしょう。

副業で稼いでみる

転職まではせずとも、「IT・Webのスキル」を身につければ副業で稼ぐことはできます。

1つ注意なのは、副業で稼ぐには3ヶ月程度の勉強は必須です。
1ヶ月では難しいので、そこは勘違いしないように。

休日でも「副業」で稼ぐことが可能な仕事
  1. プログラミング
  2. Webマーケティング
  3. Webデザイン
  4. ブログ(アフィリエイト)
  5. Webライティング


ITやWeb系の仕事は、休日でも関係なしに稼げることが可能です。

「休日がどうしても寝て終わってしまう…」という人は、新たに勉強を始めてみることをオススメできます。

【参考記事】:何の仕事・何がしたいか分からない?20代はITスキルを身につけろ!

例えば、僕が受けていたWebマーケティングスクール「WEBMARKS」では、毎週土曜日に授業があるので、「会社員で平日は勉強できない」という人でも問題ないです。


≫WEBMARKSの無料カウンセリングに申し込む|20秒で申し込み完了

収入を上げるために休日でできる勉強3選

もしあなたが、「少しでも収入を増やしたい!」と少しでも思っているのであれば、今すぐ勉強を始めましょう。

※ここでいう『勉強』とは、資格や語学などのことではないです。

休日でもできる「スキル系の勉強」
  1. プログラミング
  2. Webマーケティング
  3. Webデザイン

実際に僕はWebマーケティングを勉強し、大学4年の3月に「月収50万円」を達成しました。

企業からいただくお仕事で25万円、ブログで25万円です。(※なにも怪しくないです)


それぞれ1つずつ見ていきましょう。

1.プログラミング

休日が寝て終わってしまう人におすすめなのは、「プログラミングの勉強」です。

プログラミングはオンラインでも学べるため、休日でも勉強ができる環境が整っています。

プログラミングと一言でいっても、以下のように種類が多いです。

①Web制作(ホームページなどのWebサイトを作る仕事)
②Webアプリ開発
③Saas開発
 

など

このなかでも、「Web制作」は、休日だけの稼働でも稼ぐことが可能です。

一方で、「自分は副業ではなく、エンジニアに転職して収入をアップさせたい」という人は以下のスクールがおすすめです。
どのスクールも、無料体験・無料相談が可能なので、1度話を聞いてみるのもよいかと⬇︎

2.Webマーケティング

「休日が寝て終わるのも嫌だし、なにか勉強して収入を伸ばしたい!」

という人は、Webマーケティングもオススメです。

Webマーケティングとは?

GoogleやYouTubeなどを使って、Web上で「モノやサービスを売る仕組み」を作ることです。


「Webマーケティングについて詳しく知りたい」という人は、以下の記事をどうぞ⬇︎

【参考記事】:【月20万】Webマーケティングなら大学生でも稼げます【体験談】

僕は大学4年の時に、Webマーケティングを本気で勉強し、人生を変えた経験があります。

大学4年までスーパーでアルバイトをし月収5万円ほどでしたが、Webマーケティングを勉強してから月収は30〜50万円ほどまで伸びました。


3ヶ月程度本気で勉強すれば、確実に収入も人生も変わるはずです。

「Fラン&文系の僕」でも、Webマーケティングで稼ぐことができているので、誰でも身に付くスキルです。

どのスクールも休日で勉強を進めることができ、社会人の方でも確実にスキルが身につきますよ。
ただ、3ヶ月は本気で頑張りましょう。


「休日が寝て終わる生活」はもう引退し、Webマーケティングのスキルを身につければ、人生は変わります。

3.Webデザイン

Webデザインに関しても、最近始める人がかなり増えています。

休日でも家で勉強できますし、副業でも稼ぎやすい仕事です。

しかし、Webデザインは「デザインが好き!」という気持ちがないと厳しい世界なので、ここは注意が必要です。


デザインに興味あるなら、完全未経験でもWebデザイナーを目指すことは実現可能です。

実際に僕の知人は、未経験からWebデザイナーのフリーランスになっているので、再現性は高いです。

【参考記事】:未経験からWebデザイナーになるには?新卒フリーランスのエミさんにインタビュー!

「今まで休日は寝て終わってたけど、デザインに興味はあるな」

という人は最適かもしれません!

休日が寝て終わる人が「今すぐ取るべき行動」

実際にテックアカデミーWebマーケティングコースを受講した人の評判

休日が寝て終わるのは、本当に時間のムダです。

今すぐ、この時代に需要が高い「Web系のスキル」を身につけることを僕はオススメします。

休日を寝て終えるのではなく、自分の将来のためにも行動を起こすべきです。

僕も大学3年までは、休日寝て終わったり、ダラダラとスマホをいじって終わってましたね、


しかし、「このままだとやばい、意識を変えないと」と、思い始めてからは休日の過ごし方が変わりました。

筆者リンちゃんが人生を変えた方法

①Web・ITに興味を持つ
②オンラインスクールを受ける
③土日もサボらずに勉強を進める
④誰にも負けない「Web系のスキル」を身につける
⑤新卒で独立(毎日自由に働いてます)


では、1つずつ具体的に手順を見ていきましょう。

手順①オンラインスクールを受ける

休日に寝ることをやめて新しいことを頑張る場合、まずはオンラインスクールを受けるべきです。

最近はプログラミング、Webマーケティングが学べるオンラインスクールが増えていますね。

Web系オンラインスクールのメリット
  1. 3ヶ月程度で基本のWeb・ITスキルが身につく
  2. 自宅でパソコン1台あれば学習できる
  3. 休日(土日)でも問題なく学べる
  4. スキルが身につけば収入が伸びる

オンラインスクールのデメリットを挙げるとすると、自分で本気になって勉強に取り組む必要があるところですかね。

ただ、休日に寝るなどをやめて、1度本気で勉強してスキルを身につければ、収入も伸びますしメリットばかりです。

もっと詳しく、Webマーケティングスクールについて知りたいという人は、以下の記事を参考に⬇︎


【参考記事】:【現役が解説】Webマーケティングスクールおすすめ5選を比較

手順②Web系のスキルを身につける

休日に寝るのをやめて、オンラインスクールでWeb系のスキルを身につければ、120%人生が変わります。

22代でWebマーケターとして独立した僕から、これだけは断言させてください。

【Web系スキルの例】

①プログラミング
②Webマーケティング
③Webデザイン
④Webライティング


実際に、「Web系のスキルがあると稼げる理由」はちゃんとあります。

下記のデータを見て分かる通り、インターネット業界(Web・IT業界)は、2015年あたりからずっと右肩上がりで伸びていますね。

引用:【公式】マケキャンbyDMM.com(旧:DMM MARKETING CAMP)

業界が伸びているということは、大きなお金が流れているということなので、収入も伸びやすいということになります。

実際に僕は、大学4年の12月までスーパーでバイトをし月5万円ほどしか収入がなかったです。Webマーケティングスキルを身につけてからは、最大の月給が50万円まで伸びました。


この記事を読んでいる人のなかで『文系の人』がいれば、Webマーケティングスキルを身につけるのをオススメしたいです。

≫未経験から3ヶ月でSEOマーケターへ|WEBMARKS

手順③副業で稼ぐ・転職

Webスキルを身につけたら、あとは稼いでいくだけです。

例えば、副業でWebマーケティングで稼ぐ場合、最大で20〜50万円ほどは稼ぐことが可能です。


【参考記事】:【月20万】Webマーケティングなら大学生でも稼げます【体験談】

また、Webマーケターに転職する場合でも、年収が上がる人が多くいるのは事実です。

引用:【公式】マケキャンbyDMM.com(旧:DMM MARKETING CAMP)

筆者はスーパーでバイトをしていた時は月給5万円ほどでしたが、Wevマーケターになり、収入が5倍〜7倍まで増えました。

Web系は数ヶ月努力すれば、確実に収入が伸びるため、休日を寝て終える生活はもう終わりにしましょう!

まとめ:収入を爆上げするなら休日を寝て終えるのは引退

結論、収入を爆上げしたいなら、「休日が寝て終わる生活」を送るのはやめましょう。

そのまま毎週の休日をダラダラと過ごしても、収入はずっと変わらず、毎日変化のない人生を送るだけですよね。

今の時代、家でできる勉強・やるべきことは数多くあります。

①プログラミング
②Webマーケティング
③Webデザイン

上記3つのWeb系スキルがあれば、収入が上がり「人生が変わるきっかけ」になるでしょう。

「自分がなにが得意なのかわからない…」

「Web・IT業界について全く分からない..」


こんな人でも心配いりません。僕も最初はなにも分かりませんでした。

どのスクールでも無料カウンセリングが受けれるので、1度受けてみて話を聞いてもよいはずです!

休日を寝て過ごすのはもうやめて、人生を変えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です