【初心者必見】プログラミング独学のデメリット【独学はほぼ無理ゲー】

自分はプログラミング歴1ヶ月半程で、現在テックアカデミーのフロントエンドコース(ホームページ制作)を受講しています。

最初の1ヶ月は独学で学んでいましたが、「これは厳しい」と思いテックアカデミーを受講することにしました。

ぶっちゃけ、独学で学ぶのとテックアカデミーを受講するのでは天と地の差があり、独学はデメリットが多いと思いました。

プログラミング独学は無理ゲーだと思った

今回は独学でプログラミングを学ぶデメリットについて触れていきます!

ちなみに僕はアプリ開発やWebデザインではなくホームページ制作の学習をしています。

プログラミング独学のデメリットその①:質問できる人がいない

プログラミングをすでに少し学んでいる人なら分かると思いますが、プログラミング学習の最初の段階は本当に分からないことだらけです。

独学の場合、分からないことを全て自分で解決する必要があります。

プロであれば1秒で分かるようなことも、独学だと1時間や2時間かかってしまいます。

僕は過去に、たったひとつの全角スペースでエラーに苦しみ2時間を無駄にしました。

スペルミスに気付かず1時間無駄にしました。

これらの小さなミスが原因でプログラミングが嫌になります。

ここで多くの人は「もう訳わからん」と挫折してしまうのです。

例えるなら、終わりが見えない暗闇をずっと一人で走る。という感じですね。

友人や知人にすぐ相談できるプログラマーがいる環境であれば解決しますが、独学だと基本的に聞く人がいません。

これだと本当に学習効率が悪いですし、貴重な時間が無駄になります。

未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプ

プログラミング独学のデメリットその②:環境構築が難しい

プログラミングの最初の壁として開発環境の準備があります。

開発環境とはなにかと言うと、プログラムを作成し実行するための環境です。

もっと簡単に言うと、プログラミングを行うときの作業場所という感じです!

せっかくプログラミングを始めたと思ったら、コードを書く前から挫折してしまうなんて本当にもったいないです。

プログラミング学習サイトで有名なProgateであれば環境構築をする必要はゼロですが、Progateを終えて、次の段階に進むとなると必ず自分で環境構築をしなければならない時がきます。

しかしこの段階で多くの人が挫折してしまいます。

「本を見ながらやっても、全然うまくできない….」

「サイトを見てもどれが合ってるか分からない….」

せっかくプログラミングを始めたのに、コードを書く前から挫折してしまうなんて本当にもったいないです。

環境構築に何時間もかけるのは非常に時間の無駄です。

僕はテックアカデミー を受講中ですが環境構築に困ったことはありません。

それはなぜかと言うと、いつでも講師に質問ができるという環境があるからです。

プログラミング独学のデメリットその③:ゴールが見えない

プログラミングを独学でやるにあたり、目的を持って何をしたいのか具体的な目標がないと、いざ勉強を始めてもモチベーションが続かないことがよくあります。

ただ単に、Progateを一人でやって終了….

では結局なにも作らないで終わってしまいます。

僕も独学でやっていた時は、Progateを終わらせることだけしか考えていなかったので「なにを作るのか」というゴールがありませんでした。

残念ながらProgateをやるだけでは、永遠に初心者のままです….

しかし、いざ独学で自分のホームページを作ろうとしても、数多くのエラーに苦しみながらゴールが見えない道を辿ることになってしまいます。

たったひとつの半角スペースも
エラーに繋がるし本当にしんどいよ

僕が受講しているテックアカデミー なら「ゴールが見えなくなる」という心配はいりません!

テックアカデミーなら、定期的に出される課題をゴールにして学習していくので目標が明確になります。

学生からすると、けして安くない費用ですが充分に質の高いオンラインスクールだと思います。

THANK YOU!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です