【初心者必見】Fラン大学生でも努力すればTOEIC850-950は取れる【実績あり】

こんにちは、リンちゃん @rinchanblog0215です。

今回は2年前までTOEIC400点台だった僕が「普通の大学生でも努力すればTOEIC850ー950は取れる」ということについて触れていきます。

英語に頭の良さは関係ないです。自分がどれだけやるかです。

僕は日本の中でも平均以下レベルの大学に通っていますが、英語だけは誰にも負けたくなかったのでかなり力を入れて時間を費やしました。


リンちゃんの実績

下にありますように、2年前までTOEIC400点すら取れませんでした。

その当時は英語学習に力を入れてから間もなかったので、英会話も全くできず完全なる英語初心者です。

TOEIC400点を取った時から焦り始め、本気の勉強を始めました。

先に言っておくと、僕はそのTOEIC400点を取った時からTOEICの勉強をやめ、IELTSというオーストラリアやイギリスで有名な資格英語の勉強にうつりました。

なぜTOEICをやめたかというと「オーストラリアに住む」という夢ができたからです笑。

オーストラリアでは残念ながらTOEICは通用しません。

そして2019年にオーストラリア留学に行き、僕は最終的に語学学校のAdvancedクラスを修了しました。

このクラスには中東アジアから英語の先生として来ている人もいたので、かなりハイレベルなクラスでした。

そしてこのAdvancedクラスは、こちらの下の画像(下から3段目)を見てもらうとTOEIC945点ほど取れる力があるということになりますね。

ここ2年間以上はTOEICを受験していないので実際に何点取れるかは分かりません。

たまーに問題を解いてみる時がありますが、最低でも850以上は取れると断言できます。

TOEICは難しくない

そもそもTOEICは簡単だと思います。

なにが簡単かと言うと、全て選択問題ですしリスニングのスピードも遅いのです。

僕はリスニング力を高めるために海外ドラマを毎日のように観ていましたので、TOEICのリスニングはかなり楽に感じます。

実際ネイティブの英語の速さは半端ないよ

耳が英語に慣れていかない限り、TOEICのリスニングは難しいと思います!

リスニング力がないと、どうしても耳がついていかずにどんどん置いていかれてしまう現象が起きます。

2年前の僕もそうでした。

さらにTOEICは全て選択式なので、その中に1つの答えが載っていることになりますね。

IELTSの場合は下にあるように、リーディングとリスニング共に40問中20問くらいは記述式なので、少しでもスペルを間違えるとその問題は不正解になります。

IELTSはライティング、スピーキングもあるのでかなり難易度が高い試験です。

これだけで、TOEICがどれほど甘い試験か分かると思います。


TOEIC900あっても会話はできない

僕は今までオーストラリアとフィジーに留学したことがあり、外国人だけでなく多くの日本人にも出会う事ができました。

その中でTOEIC800〜900点を持ってる人も多くいましたが、彼らは全く英語が話せていませんでした。

なにが言いたいかというと、いくらTOEICの点数が高くても英語が話せることにはならないということです。

理由として、TOEICは単純にライティングとスピーキングが無いのであまり実用的ではないからです。

ひたすらインプットだけしていても絶対に英語は話せるようになりません。

もし本気で英語力を高めたいのであれば僕はIELTSやTOEFLを勧めます。

英語が話せるのであればTOEICも800点くらいは取れるんじゃないかな!
THANK YOU!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です