【旅行好き必見】インドネシアのバリ島はいくらあれば行ける?

こんにちは、リンちゃん @rinchanblog0215です。

今回は僕が大好きなバリ島について紹介していきます。

バリ島はサーフィンでも有名で、サーフィン以外にも南国特有の雰囲気があり旅行をするには最高の場所です。一年中暑く、南国、そして常にエネルギーが溢れています!

今回は僕がこれまで2回訪れたことのあるインドネシアのバリ島には一体いくらで行けるのか共有していきます。

バリ島の波はレベルが違うぜ
サーフィン以外にも魅力が多いよ!

航空券

数年前までは、バリ島行きの飛行機と言えばAir Asiaという航空会社が主流でした。

しかし、最近になり成田・羽田からの直行便が無くなってしまいました。

なので現在はマレーシア航空
https://www.malaysiaairlines.com/jp/ja.html

シンガポール航空
http://www.singaporeair.comがメインになっています。

気になるお値段ですが往復で約4〜5万円になると思います。

僕は2020年2月にマレーシア航空を利用してバリ島に行きましたがその時は4万7000円でした!

ちなみにサーフボードは受託手荷物に含まれるので別で料金を払う必要はないです。

席もわりと広いですし、機内食も満足できるレベルなのでマレーシア航空はオススメです。

ホテル代

僕はこれまで2回バリ島に行ったことがありますが、2018年の2月はクタビーチの目の前にあるホテルに泊まりました。

朝食付き、プール付き、海が目の前、という大満足なレベルでお値段なんと、ひとり2週間で2万円でした!

2020年2月に泊まったオハナホテルというところはクタビーチから徒歩で10分くらいの場所にあります。

近くに有名な地元料理店、ランドリー屋さんもあり全く不便なく過ごせました!

オハナホテル2週間で2万円でかなりハイクオリティなホテルでしたのでオススメです。

食事代

バリ島のローカルのお店でしたら、1日およそ500円あれば満足して食べれます!

先ほどご紹介したオハナホテルから歩いて1分のところにあるワルン ニクマットという、ナシチャンプル(バリで有名な料理)のお店があります。

ここはバリの地元民もみんなが本当に美味しいと絶賛するお店です。

ここでは好きなおかずを選び最後に金額の書かれたカードをもらって払うだけで、コスパもすごくいいのでオススメです!

普通のレストラン(イタリアンなど)でも、1日およそ1500円で満足して食べれます。

まとめ

バリは、アメリカやオーストラリアなどに比べたら物価も非常に安く日本人にとってはとても最適な旅行先だと思います。

2週間で9〜10万円あれば満足した旅行ができますよ!

バリの人たちは日本のことも大好きでみんな日本語が上手なので、言葉の壁はそこまで気にしなくて大丈夫です。

一生の思い出が作れると思います。ぜひ一度訪れてみてください!


THANK YOU!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です