「給料は下がったけど転職して良かった」となるために今するべき1つのこと。

  • 「給料は下がったけど転職して良かった…となりたいけど不安」
  • 「給料は下がる予定だけど、転職はしたい」
  • 「自分は給料が下がっても今の仕事をやめて転職するべきなのかな?」

いざ転職をするとなると、上記のような悩みは誰もが1度は持つでしょう。

とは言え、年金も下がり、物価も上がる今の日本…

どんなに「仕事はやりがいが大事」とは言え、給料が低いと生活も苦しくなります。

「給料は下がるけど転職して良かった…」となるか・ならないかは、それぞれの人の状況によって変わってきます。

本記事では、「自分は給料を下げてでも転職するべきなのか…」と悩む人向けに、以下の内容を解説していきます。

本記事の内容まとめ
  • 「給料は下がったけど転職して良かった」と全員がなるわけじゃない
  • 給料は下がったけど転職して良かった…と言う人の声
  • 給料を下げて転職すると後悔する人の特徴
  • 給料が減っても、転職して人生を好転させるには?

「給料は下がったけど転職して良かった」と全員がなるわけじゃない

自分自身が「給料は下がったけど転職して良かった」と思えるなら、それは成功の転職と言っていいでしょう。

しかし、全員が転職で成功するわけではありません。

  • 給料は減ったけど、仕事内容や環境はよくなった
  • 給料は下がったし、仕事環境も悪くなった
  • 給料は上がったけど、ブラック企業みたいな会社に入ってしまった

上記のように、転職後どうなるかは、人によってかなり違います。

思考停止で「なんとなくこの仕事良さそう」のような勢いで転職するのは完全んGです。

※転職をする前にやるべきことはこちらで解説しています。

給料は下がったけど転職して良かった…と言う人の声

「給料は下がったけど転職して良かった」と実際に言っている人は、どのようなパターンがあるのでしょうか?

今回は、3つのパターンを紹介します。

給料は下がったけど転職して良かったとなる例
  1. 転職して給料は下がったけど、労働環境は良くなった
  2. 転職して給料は下がったけど、通勤時間が減って楽になった
  3. 転職して給料は下がったけど、今後のキャリアに繋がる仕事に就けた


「転職して良かった!」と言う人は、だいたいこの3つに当てはまるでしょう。

筆者の友人も、元々は不動産営業として働いていましたが、心の病にかかりました。IT企業の営業職へ転職し、今は毎日幸せそうに働いていますね。

労働環境が良くなった

「給料は下がったけど転職して良かった」となるパターンの1つ目は、労働環境の変化です。

たとえ月収80万円もらえるとしても、毎日残業し、上司も理不尽の環境では幸せとは言えません…

  • 残業が多すぎる
  • 上司がいつも不機嫌
  • 休みが取れない

このような不満を持っているなら、給料が下がっても転職するほうが幸せになれますね。

通勤時間が減って生活に余裕が持てるようになった

「給料は下がったけど転職して良かった」となるパターンの2つ目は、通勤時間が減って生活に余裕ができることですね。

言ってしまえば、通勤時間ほど『時間の無駄』はありません…

通勤時間が減れば、仕事のことを頭で考える時間も減るため、日々のストレスも減ります。

また、自分の時間も増えるため、その時間を趣味に充てたり、副業をすることも可能ですね。

とは言え、通勤時間だけで企業を選ぶのはNGであり、まずは自分の価値観やキャリアを第一優先に置きましょう。

仕事内容が変わり今後のキャリアにつながるようになった

「給料は下がったけど転職して良かった」となるパターンの3つ目は、仕事内容の変化と今後のキャリアへのつながりです。

当然ですが、将来の収入を上げるには、1段ずつキャリアアップしていく必要があります。

上記の方は、1時的に収入は下がっていますが、3年後〜5年後には間違いなく収入が上がります。なぜなら、Web系エンジニアのほうが圧倒的にスキルが身につき、市場価値も高いからですね。

給料は下がるとしても、数年先のキャリアを見据えて仕事を選ぶほうが賢い選択と言えます。

とは言え、「自分は将来のキャリアプランなんて決めてないよ…」という人も多いです。

キャリアプランを考えていないという人は、きづく。転職相談のようなキャリア相談のサービスがおすすめになります。

きづく転職相談を0円で体験してみる ≫

公式サイト⬇︎
https://kidzukutensyoku.com/

給料を下げて転職すると後悔する人の特徴

「給料は下がったけど転職して良かった」と、全ての人が言えるわけではありません。

逆に、転職して給料が下がると後悔する人も当然います。

例えば、以下のような人は転職して収入が下がると後悔すると言えるでしょう。

給料を下げて転職すると後悔する人の特徴
  1. 自分の軸や価値観を分かっていない
  2. キャリアプランがない
  3. 収入だけで仕事を選んでいる


ということで、1つずつ解説していきます。

自分の軸や価値観を知らない

転職する・しない関係なしに、日本の9割の社会人は「自分の軸と価値観」を分かっていません。

あなたは、以下の質問へ全て適格に答えられますか?

  • あなたに向いてる職種(仕事)は?
  • あなたが得意な仕事、苦手な仕事は?
  • あなたはどんな仕事なら「苦」じゃないですか?

おそらく、この記事を読んでいるあなたは何となくしか答えられないでしょう…

近いうちに転職を考えているなら、自分のキャリアの軸か価値観を整理するべきです。

きづく。転職相談では、キャリアのプロと一緒に、自分の軸や価値観を考え得るきっかけを作れます。

きづく転職相談を0円で体験してみる ≫

キャリアプランがない

給料を下げて転職すると後悔する人の特徴の2つ目は、「キャリアプランがない」です。

あなた、5年後、10年後に『社会人としてどうなっていたいか』を決めていますか?

  • 3年後はどんな企業で、どんな仕事をしていたいか
  • 5年後はどんな役職で、年収はどれくらい欲しいか
  • 10年後はどんな働き方をしていたいか

給料が減っても転職で後悔しなたいめには、上記のことをさらに深く考える必要があります。

「将来どうしたいか」という軸があることで、1回1回の転職も意味のあるものになります。

とは言え、キャリアプランを考えるのは1人だと難しいため、きづく。転職相談のようなキャリア相談のプロと一緒に考えるのが現実的です。

きづく転職相談を0円で体験してみる ≫

公式サイト⬇︎
https://kidzukutensyoku.com/

「収入」だけで仕事を選んでいる

「仕事内容」「将来のキャリア」を何も考えず、「収入」だけで仕事を選ぶ人は、転職して給料が減ると後悔するでしょう。

「仕事内容とかはどうでもいいから、とにかくお金が欲しい」

このような人は、素直に年収(月収)が高い仕事に就けばいいのではないでしょうか。

ただ個人的には、「収入だけ」で仕事を選ぶのは完全に否定派ですね。

目先の収入は高いとしても、40代〜50代になって給料が上がることはないと言えます。

しっかりとキャリアプランを考え、そのプラン通りに進めば、5年後〜20年後の収入も大きく増えていくからです。

給料が減っても、転職して人生を好転させるには?

給料が減るとしても、「成功の転職」を実現させるには、以下3つをする必要があります。

「成功の転職」を実現させるには
  1. 徹底して自己分析をする
  2. 将来のキャリアを真剣に考える
  3. 企業・業界の選び方を学ぶ

なんとな〜く仕事を決めて、なんとな〜く転職をするのはNGです。

また、上記3つはすごく当たり前のことですが、大半の人は社会人になってからやりません。

方法は今から解説しますが、きづく。転職相談のようなキャリア相談のプロと一緒に行うのが効率的です。

きづく転職相談を0円で体験してみる ≫

公式サイト⬇︎
https://kidzukutensyoku.com/

徹底して自己分析をする

給料が減るとしても「成功の転職」を実現させるには、徹底的に自己分析をする必要があります。

自己分析とは

自分のこれまでの経験や思考から「長所・短所」「得意・不得意」「価値観」を客観的に分析し、自分自身を理解するために行う作業のこと。


自己分析をしないで転職をすると、「こんなはずじゃなかったのに…」と転職後に後悔する可能性が高いです。

逆に、自分の軸があれば、給料が減ったとしても後悔することはありません。

もちろん転職において給料は大事ですが、キャリアプランを決めてその道に進めば、給料は自然と高くなりますよ。だからこそ、次に解説するキャリアプランが大事なのです。

将来のキャリアを真剣に考える

将来のキャリアを考えない限り、「意味のある転職」にはなりません。

本来、転職は自分のキャリアプランに沿って進むための過程です。

昭和時代であれば、終身雇用や年功序列が主流であったので、キャリアプランなんて考える必要はありませんでした。

しかし、いま転職が当たり前になった時代では、キャリアプランを真剣に考える必要があります。

  • 3年後はどんな企業で、どんな仕事をしていたいか
  • 5年後はどんな役職で、年収はどれくらい欲しいか
  • 10年後はどんな働き方をしていたいか

きづく。転職相談のキャリアトレーニングでは、上記のことをもっともっと深く考える機会を作れます。

きづく転職相談を0円で体験してみる ≫

公式サイト⬇︎
https://kidzukutensyoku.com/

企業・業界の選び方を学ぶ

給料が減るとしても、「成功の転職」を実現させるには、転職前に企業・業界の研究をしましょう。

企業・業界のことをよく知らずに、何となく転職するのはNGです。

「何をどうやって研究すればいいのかわからない」

という人も多いと思いますが、そのような人はきづく。転職相談のキャリアトレーニングをおすすめします。

公式サイト⬇︎
https://kidzukutensyoku.com/

「給料は下がったけど転職して良かった」となるにはキャリアトレーニングを推奨

結論、「給料は下がったけど転職して良かった」と転職を成功させるには、キャリアトレーニングをおすすめします。

キャリアコーチングとは?

あなた自身の今後のキャリア、人生をどう生きるかの整理をするトレーニング。

「自己分析」「キャリア設計」「転職活動サポート」を徹底的に行い、転職エージェントでは解決し切れないキャリアの軸や強みを明確にすることができます。


たとえ転職して給料が下がっても、キャリアプランを考えたうえでの転職であれば、1ミリも問題はありません。

一方で、自己分析もせず、キャリアプランもなしに転職し、給料が上がってもそれは一時的に上がるだけで終了…

キャリア設計をしていれば、数年後〜5年ごと給料も上がる可能性が高いのです。例えば、ITエンジニアであれば以下のようになります。

  1. 2年間はWebアプリ開発のエンジニアとして経験を積む
  2. 3年後には、より大手の会社に転職する
  3. 5年後には独立し、フリーランスエンジニアとしてキャリアを積む

これはあくまで例ですが、このようなことをさらに深ぼって考えていくのがキャリアトレーニングですね。

公式サイト:https://kidzukutensyoku.com/

きづく。転職相談』は、キャリアコーチングサービスの中で最もおすすめになります。

転職エージェントではないので、無理に転職を勧めるようなことも一切ありません。

あなたの人生の相談者として、今後のキャリアや転職活動のアドバイスをするのが目的のサービスです。

  • 「無駄に転職を繰り返すのは、これ以上嫌だな」
  • 「自分に向いてる仕事を見つけて、なるべく1つの会社で5年くらいは働きたい」

このような思いが少しでもある人は、1度無料相談をしてみるとよいでしょう。

きっとあなたの人生が「良い方向に進むきっかけ」になるかと思います。

無料相談の後の強引な勧誘なども一切ないため、まずは「どんな感じなのか?」だけでも体験してみるといいかと。

きづく転職相談を0円で体験してみる ≫

公式サイト⬇︎
https://kidzukutensyoku.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です