「25歳は手遅れ…このままでいいのか…」25歳が就職・転職するならこの方法!

25歳は手遅れ?

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

現在24歳で、フリーランスのWebマーケターとして生計を立てています。

もともとは学生の頃に独立をし、その後8ヶ月フリーランスとして活動。またその後、大学を卒業して6ヶ月後に就職。

その会社を2022年4月に辞め、いま再びフリーランスとして生きています。

  • 「自分はもう25歳…もう就職も手遅れだよな…」
  • 「25歳だけど、このままでいいのかな…就職・転職をしないとやばい」

この記事を読んでいるあなたは、きっと上記のように悩んでいるかと思います。

結論から言うと、25歳という年齢であればまったく焦る必要はありません。

一方で、30歳を超えると世の中的には「完全なる手遅れ」になってしまいますね…

とにかく25歳であればまったく就職・転職の世界では問題ないので、今すぐに安心してください。

でも、なぜ25歳は手遅れではないと言えるのでしょうか?

今回はそれを深掘りするために、以下の内容の記事を書きました。

本記事の内容まとめ
  • 25歳は手遅れでもなんでもない
  • 「25歳はもう手遅れ」みたいなことを言うのは日本くらい
  • 「もう25歳…このままでいいのか」という人の次なる道
  • 「25歳は手遅れ。就職も難しい」と思う人が避けるべきこと


この記事を最後まで読んでいただければ、「25歳でも手遅れじゃないな」と実感できるはずです。

2分もあれば読めるので、ぜひ読み飛ばさずにゆっくりと読んでみてください。

25歳は手遅れでもなんでもない

何度も言いたいくらい伝えたいのですが、25歳は何をするにせよ「手遅れ」ではありません。

さすがに30代後半〜50歳くらいになってしまうと、転職の難易度も上がりますし、キャリアの面では手遅れになってしまいますが…

25歳であれば焦る必要はいっさい無しです。

25歳は手遅れでもなんでもない理由
  • 就職は問題なくできる
  • 20代はなんでもチャレンジできる
  • 30歳を超えるとガチな手遅れになる


では、上記について1つずつ見ていきましょう。

就職は余裕でできる

結論、いま正社員ではない25歳の人でも、就職は100%できると断言できます。

もちろん、1人で就職活動をするのは無謀な挑戦ですが….

就職Shopウズキャリ既卒のような無料の就職サービスを利用すれば、誰でも就職することはできますよ。

少なくとも「高卒」以上の学歴があれば、上記のような就職のプロに頼りつつ、就職活動をおこなうことができます。

個人的には、履歴書・職務経歴書など書類選考を必要としない企業が集まっている就職Shopの利用をおすすめします。

公式サイト:https://www.ss-shop.jp/

就職Shopを経由して求人に応募する場合、書類選考がないので履歴書で落ちることがありません。

登録から就職支援まで全て0円ですし、金銭的なリスクも一切ありません。

≫≫就職Shopの公式サイトを見る

なんでもチャレンジできる

25歳であれば、就職・転職以外にもいろいろなことにチャレンジできますよね。

例えば、エンジニア転職を目的とするプログラミングスクールは、基本的に『30歳未満』の人しか受けることができません。

他にも25歳であれば、海外の大学や大学院に行けたり、海外に移住することだって可能ですよね。

25歳であれば、まだ結婚もしていないでしょうし、子供がいる人も少ないでしょう。

だからこそ、25歳という若さはチャンスですし、自分がしたいように動ける年齢かと。

30歳を超えると真の手遅れになる

「25歳はもう手遅れだ」と言ってるうちは、まだマシです。

30歳を超えると、本当に手遅れになってしまいます。

特に転職(就職)に関しては、30歳を過ぎると途端に難易度が上がります。

例えば「ITエンジニア」は分かりやすい例ですね。

未経験からITエンジニアへ転職するとなると、難易度は格段に上がってしまいます。

ITエンジニアに限らず、30代からの未経験転職は非常に難しいです。

この事実からも、25歳は手遅れでもなんでもないですし、むしろチャンスしかない年齢と言えますよ。

「25歳はもう手遅れ」みたいなことを言うのは日本くらい

そもそも、「25歳はもう手遅れ」と言うのは日本くらいかと思います。

僕はオーストラリア留学をしていたのですが、海外では「履歴書に年齢を書くこと」すらしないですよ。

他にも、初対面で年齢を聞くこともあまりないです。

海外では何歳からでもチャレンジできる雰囲気がある

海外では、何をするにせよ、何歳からでも挑戦できる雰囲気がありますね。

25歳〜30歳からでも大学で新しい分野を勉強したり、40歳からでも未経験の職種に転職したり等です。

もし海外で「25歳の自分はもう手遅れだ」みたいなことを言ったら、「なに言ってんの?人生もったいないぞ」と言い返されますよ。

「25歳はもう手遅れ」みたいなことを言うのは、日本くらいだと思っておくといいです。

年齢は単なる数字でしかない

そもそも、年齢は単なる数字でしかないですよね?

年齢が高いからといって、馬鹿になるわけでもないですし、なにか特別不利になることがあるわけでもないですし。

なのに、日本は過度に「年齢」で物事を決めがちなんですよね。

年齢は単なる数字なので、25歳は手遅れだなんて思う必要はないですよ。

「もう25歳…このままでいいのか」という人の次なる道

「自分はもう25歳だが、このままでいいのか…」「25歳だし、そろそろ自分の人生を考え直さないとな」

この記事をここまで読んだあなたは、きっと上記のように思っているはず。

今回はそんなあなたに向け4つの選択肢を紹介しますね。

「もう25歳…このままでいいのか」という人の道
  1. 【社会人向け】キャリアトレーニングを受けて人生を考え直す
  2. 就職サポートを受けて就職活動(転職活動)
  3. ITスクールを受けて就職活動(転職活動)
  4. 海外に行く


では、それぞれ1つずつ詳しく見ていきましょう。

【社会人向け】キャリアトレーニングを受けて人生を考え直す

こちらは社会人の方向けになりますが、「25歳。このままでいいのか」と思うのであれば、キャリアトレーニングをおすすめしますね。

キャリアトレーニングとは?

あなた自身の今後のキャリア、人生をどう生きるかの整理をするトレーニング。

「自己分析」「キャリア設計」「転職活動サポート」を徹底的にやり、転職エージェントでは解決し切れないキャリアの軸や強みを明確にすることができますよ。

とは言え、文章だけ見ても、実際に体験してみないとわからないかと思います。

キャリアトレーニングを受けれるサービスとしては「マジキャリ」が最もおすすめです。

無料体験もあるため、「このタイミングで人生(キャリア)を見つめ直したい」という人は1度トライしてみるのもよいでしょう。


≫≫マジキャリの公式サイトを見てみる

就職サポートを受けて就職活動(転職活動)

「25歳このままでいいのか…もう就職(転職)しないとやばい」

このように思うのであれば、無料の就職サポートを受けて就職活動をすればOKです。

おすすめの就職サポートとしては、大手のリクルート株式会社が運営している就職Shopです。

公式サイト:https://www.ss-shop.jp/

就職Shopを経由して求人に応募する場合、書類選考がないため、履歴書で落ちることがありません。

そのため、20代で職歴がない人でも、応募できる求人が多くあります。

  • 「まだ社会人数年目だけど、もう転職したい」
  • 「まだ社会人経験がないが、25歳からでもどうにか就職したい」

このように思う人がいれば、ぜひ就職Shopの利用をおすすめしますね。

≫≫就職Shopの公式サイトを見る

登録から就職支援まで全て0円ですし、金銭的なリスクも一切ありません。

ITスクールを受けて就職活動(転職活動)

「25歳の自分はこのままでいいのか」と思う人に、次におすすめなのがITスクールの受講です。

もちろん学習から就職支援まで全て無料です。

おすすめのITスクールとしては、ネットビジョンアカデミーがありますね。

IT系の資格で有名なCCNAの取得を目指せることに加え、未経験からITエンジニアを目指すことができます。

公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーは「20代向けの就職支援」に強みを持っているため、25歳の人には最適なスクールです。

ITエンジニアは今後も需要が尽きないですし、キャリアを着実に積んでいけば年収800〜1000万円も目指せます。

ITエンジニアとして目指せる年収、仕事内容に関しても無料カウンセリングで聞くことができますよ。

  • 25歳のうちにITのスキルを身につけて、一生仕事に困らないスキルを身につけたい
  • ITエンジニアとして高い年収を目指したい

このように1ミリでも思う人は、まずはじめに無料カウセンリングを受けてみてください。

≫≫ネットビジョンアカデミーについて見てみる

受講料は無料。就職支援も無料です。費用は1円も必要ありません。

海外に行ってみる

25歳の自分に焦っているのであれば、1度海外に行ってみるのもいいのでは?

海外に行ってみることで、

「25歳はもう手遅れだ。このままでいいのか自分は….」

こんなふうに悩んでいる自分がアホらしく思えてきますよ。

25歳ならワーホリも行けますし、海外旅行だってお金があれば行けますよね。

自分の価値観を広げるためにも、海外に行ってみるのはいい選択肢だと思います。

「25歳は手遅れ。就職も難しい」と思う人が避けるべきこと

特に25歳から就職を目指している人に伝えておきたいのが、『けして1人で就職活動を進めないこと』です。

社会人経験のない25歳の人が1人で就職を目指しても、正直無理ゲーに近いと思ってください。

そもそもあなたに合った求人を見つけるのが大変ですし、書類の書き方や面接対策も1人ではできません。

25歳から正社員就職を目指すなら、先ほど紹介した就職Shopネットビジョンアカデミーで就職支援を受けるようにしてください。

今回紹介した就職サービスはすべて完全無料です。

まとめ:25歳このままでいいのか…と思ってるなら今すぐに行動しよう

今回は「25歳このままでいいのか…」という人の選択肢を紹介しました。

自分がたどれる道を知ったのであれば、あとはいち早く行動するしかありません。

現実的にも、25歳は手遅れでもなんでもないですし、30歳までの5年間は人生最大のチャンスだと思ったほうがいいですよ。

30歳を超えると、今回紹介した就職Shopネットビジョンアカデミーのような就職支援も受けられなくなりますからね….

まだまだ人生はこれからですし、25歳から人生を良いものにできるよう進みましょう。

僕も24歳なので、あなたに負けずに頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です