高卒こそ将来性のある仕事に就け!高卒でも勝ち組になる職業5選

こんにちは、りんちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学時代からWebマーケティング(SEO)を学び、新卒で独立。その後、ベンチャー企業に『Webマーケター』として就職した23歳の男です。

高校の偏差値は45。大学は日○大学です。なので、普通に頭はよくないです。

昭和時代と比べても、今の時代は学歴はそこまで重視されなくなりましたね。

とは言え、下記のように、学歴がないことを理由に『高収入を得ることを諦めている人』も多いかと思います。

  • 高卒だから将来が不安…
  • 学歴がないから今後も高収入は無理…

今回はそんなあなたに向けて、高卒でも勝ち組になれる職業を5つ紹介していきます!

この記事を読み終えるころには、高収入を得るために1歩踏み出しているでしょう。

僕も低学歴だったのですが、今では将来性のあるWebマーケターとして就職することに成功しています。

高卒こそ「将来性のある仕事」に就くべき理由

結論として、高卒の人が高収入を得るためには、将来性のある仕事に就くのがベストです。

  1. 大手企業=安泰の時代は終了した
  2. 令和以降は個人で稼ぐ時代

上記のような理由から、高卒は成長産業にある将来性のある仕事に就くことをオススメします。

凡人が大手企業に就職しようとするのは1番再現性が低く、大手=高収入でもないのでオススメしません。

大手企業=安泰の時代は終了した

昔であれば、大手企業というと下記のようなイメージがありました。

昔のイメージ
  • 大企業に入れば、高収入
  • 大企業の社員は、雇用が守られていて天国

ただし最近は、終身雇用が崩壊したことにより上記はなくなりつつあります。

最近でいうと、トヨタ自動車の社長も「終身雇用を守るのは難しい」と発言しています。
引用:「終身雇用難しい」トヨタ社長発言でパンドラの箱開くか:日経ビジネス電子版

令和以降は、大手企業に就職できたとしても、決して安心できない時代になっていくでしょう。

自分で勉強をして、個人でも稼げる力をつければ、大手企業の人の何倍も稼ぐことができますよ。

令和以降は個人で稼ぐ時代

大手企業=安泰の時代が終了している事実を踏まえると、令和以降は間違いなく、個人で稼いでいく時代になるでしょう。

個人で稼いでいく上で重要なのが、「自分の市場価値を上げる」ということです。

市場価値というのが抽象的な言葉なので分かりやすくいうと、「他者から助けを求められる」ようになることです。

今で言うと、プログラミングができる人、SNSの運用が得意な人、ブログを書くのが上手な人は企業からも重宝されます。(=ビジネスマンとしての価値が高いということです)

上記のことを踏まえると、令和以降は高卒の人にとってチャンスとなる時代になるでしょう。

要するに、今後は自分の頑張り次第で、高学歴の人よりも高収入を得ることができるということです。

【参考記事】:頭を使う仕事4選!体を使う仕事をするより、今後は稼げます。

そもそも高卒だと、将来性のある仕事に就くのは無理?

今から将来性の高い仕事につく方法

高卒だとそもそも将来性のある仕事に就けないのでは…?

上記のように思うかもしれませんが、結論としては「可能」です。

お世辞ではなく、僕自身や知人の実体験からも可能といえます。

下記で説明する事実を知ることで、学歴がなくとも将来性のある仕事に就くことは可能だということに気づくでしょう。

【結論】完全に努力次第

高卒が将来性のある仕事に就くことは可能ですが、結論として、それは完全に努力次第といえます。

当たり前ですが、高卒の人は高学歴の人よりも努力する気でいないとぶっちゃけ厳しいです。

つまり、将来性のある仕事に就いた後も、自分で努力し続けることが今後は重要だということです。

努力せずに高収入を得られるなんて都合の良い話はありません。

高卒からWebマーケターになった人もいる

事実として、僕の知人に高卒で全くの未経験から、将来性のあるWebマーケターになった人もいます。

彼は、高校卒業後に工場で長らく働いていましたが、将来を考えてWebマーケターを目指し始めました。

40万円ほどを支払い、Webマーケティングスクール(WEBMARKS)を受けたことで、意欲も評価されたみたいです。

学歴がなくても、行動力とやる気があれば、企業は採用してくれることも充分あります。

高卒からエンジニアになった人も

エンジニアは将来性のある仕事の1つですが、高卒でもぜんぜん目指せます。

ちなみにこちらの動画の人も、高卒からエンジニアになり、収入を大きく上げています。

エンジニアは、将来性のある職業の中でも特にスキル重視の職業です。

最近だと、転職保証付きのプログラミングスクールも増えてきているので、高卒でも努力次第で目指せるといえます。

高卒でも将来的に「勝ち組」になれる職業5選

何度もいいますが、今後は高卒であっても努力次第で、将来的に高収入を得ることは可能です。

ここからは、僕がオススメする将来性のある職業を5つ紹介していきます!

高卒でも、将来勝ち組になれる職業5選
  1. エンジニア
  2. Webマーケター
  3. Webデザイナー
  4. 動画編集
  5. Webライター

将来に迷っている人は、上記の中から目指す職業を決めると良いかもしれません。

エンジニア

エンジニアは、開発物の設計や開発、運用や保守を行う仕事です。

エンジニアに向いている人の特徴
  • ものづくり・開発することが好き
  • 将来のために最低600時間は頑張れる
  • 分からないことを自分で調べて解決できる

今回紹介する5つの職業の中で、最もオススメなのがエンジニアです。

エンジニアは、将来性のある職業の中でも特にスキル重視の職業といえます。

また、エンジニアの人材不足は年々深刻になっているので、需要が最も高くなっている職業の1つです。

最近だと、転職保証付きのプログラミングスクールも多くあり、学歴関係なしに、努力次第で目指せるオススメの職業といえます。

Webマーケター

Webマーケターは、WebサイトやSNSを使って、企業の売り上げを上げるための施策を行うのが仕事内容です。

Webマーケターに向いている人の特徴
  • 数字を伸ばすのが好き
  • レベルを上げるゲームが好き
  • 時代(SNS)の変化などに敏感

Webマーケターは上記のように、向いている人の特徴はあります。

実際僕も、全くの未経験からWebマーケターとして就職することに成功しているので、正しい努力をすれば再現性はかなりあるといえます。

Webデザイナー

Webデザイナーは、たとえばWebサイトのデザインや制作を行う仕事です。

Webデザイナーに向いている人の特徴
  • 芸術の授業が好きだった
  • 職人気質
  • トレンドに敏感
  • 地道な作業が好き
  • こだわりが強い

Webデザイナーは、華やかな職業に見えますが、実際はかなり泥臭い仕事内容が多いです。

そのため、華やかなイメージを持ったままWebデザイナーになってしまうと、ギャップを感じるかもしれません。

動画編集

動画編集の仕事は、撮影した動画を、ソフトを用いて編集することです。

動画編集に向いている人の特徴
  • コツコツ作業をこなすのが好き
  • 動画が好き(日頃からよくYouTubeなどを見る)
  • 完璧主義な人

動画編集は比較的難易度が低く、プログラミングほど学習時間を確保せずともなることができます。

早い人だと、2週間〜4週間で動画編集者になる人もいます。

上記の特徴に当てはまる人で、まずは副業で動画編集を始めてみたいと思う人にも良いかもしれませんね!

Webライター

Webライターの仕事は、依頼主の要望に沿ってパソコンで文章を書き、記事を作成することです。

Webライターに向いている人の特徴
  • 文章を書くのが好きな人
  • 正確に作業を進めるのが好きな人
  • 情報収集が好きな人

Webライターは比較的難易度が低く、数週間で実務レベルになれます。

また、下記のスキルを学ぶことで、より市場価値の高いWebライターになることができます。

  1. コピーライティング(セールスライティング)
  2. SEO

おすすめの本を以下の記事で紹介しています!

【参考記事】:Webマーケティングの独学は本から!おすすめの13冊を分野ごとに紹介

Web・IT業界は学歴よりもスキルが重視される=高卒でもOK

今回紹介した、将来性のある職業の共通点としてIT業界、その中でもWeb業界というのがあります。

Web・IT業界は人材不足が進んでおり、学歴よりもスキルが重視される傾向にあります。

  1. 高学歴でもスキルがないと採用されない
  2. スキルと経験があれば、有名企業への就職も可能

上記のような点で、高卒にとってチャンスとなる時代になります。

吹き出し(りんちゃん):僕もこの波に乗りWebマーケターになれたので、学歴はないけど将来的に高収入を得たいと思う人は、今がチャンスですね!

高学歴でもスキルがないと採用されない

将来性のあるWeb・IT業界においては、学歴よりもスキルが重視される流れは加速していきます。

たとえ高学歴でも、「スキルが全くないと採用されない」なんてことは普通にあり得ます。

そのため、いち早くスキルを身につけ、自分の市場価値を上げることで将来性のある仕事に就くことができます。

22歳でWebマーケターになった僕も、全くの無名大学出身なので、学歴は本当に関係ないです。

スキルと経験があれば、有名企業へも

平成の初期くらいまで、有名企業へは高学歴の人を中心として採用されていました。

スキルと経験次第で学歴のない人でも可能といえる状況になりました。

求人媒体を見ると、「学歴不問」の求人が以前と比べかなり多くなっています!

高卒の人は、スキルを身につけ経験を積むことで、有名企業へ就くことも十分に可能です。

まとめ:高卒の人は将来性のある仕事に就いて、個人で稼ぐ力をつけよう

高卒だからといって、将来的に高収入を得ることを諦めるのは非常にもったいないです。

僕も就活の時に、エージェントから「Fラン大学出身だと、Webマーケターは難しいです」と言われました。

しかし、意地でも将来性のあるWeb系の職種に就きたく、なんとか大学4年時にWebマーケターとして独立することもできました。

高卒の人こそ将来性のある仕事に就いて、自分の市場価値を上げることをオススメします。

今回の記事を読んだら、あとは行動するだけなので将来に向けて動き出し、勝ち組といえるくらいに成長しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です