【解決】40代から一生出来る仕事を男性向けに3つ厳選!

【解決】40代から一生出来る仕事を男性向けに3つ厳選!

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学4年の時に「Webマーケティング」「プログラミング」を猛勉強し、新卒で独立(起業)しました、23歳です。

2020年のコロナショックから、日本の景気はさらに悪化し、将来に不安を抱える40代の方も増えたに違いないです。

実際に僕も2020年は大学4年だったのですが、就活はかなり厳しく、結局新卒で独立しました。

・最近将来について考えてるんだけど、40代から一生出来る仕事ってあるのかな…
・今後、将来性の高い職種につきたいけど、40代からでも出来るものってあるのか気になる

今回は、このように悩んでる男性向けに、「40代から一生出来る仕事」を徹底解説します。

この記事を読み終えた後には、実際に『転職・独立』へ向けて行動できるはずです!

40代におすすめのWeb系オンラインスクール!
  1. Tech Boost(プログラミングスクール)
  2. 【DMM WEBCAMP】(プログラミングスクール)
  3. Wannabeアカデミー(Webマーケティングスクール)
  4. WEBMARKS(Webマーケティングスクール)

40代から一生出来る仕事を選ぶ時は「覚悟」が必要

40代から一生出来る仕事を選ぶ際は、確実に「覚悟」は必要です。

理由としては、以下の3つがありますね。

①残り20〜30年続ける可能性がある
②お金より興味があるものを選ぶべき
③終身雇用・年功序列は終わった

僕は新卒で「Webマーケター」という仕事を選びましたが、もちろん「覚悟」を決めた上での決断でした。

では、1つずつ見ていきましょう。

①残り20〜30年続ける必要がある

40代から新たな仕事を選び、その後転職をしないのであれば、1つの仕事を「20〜30年」続けることになりますよね。

「60歳で定年退職だ!」という時代はすでに終了しており、70歳、もしくは80歳くらいまで働く人も出てくるでしょう。

【参考記事】:70歳まで働く そんな時代が始まる: 日本経済新聞

なので、40代の方が転職などを考えている場合、ある程度の覚悟は必要ですよね。

僕の場合は、今後10年需要が伸び続けると言われている「Webマーケティング」を選びました。

②お金より興味があるものを選ぶべき

そもそも仕事というのは、お金よりも『興味』で選んだほうが稼げると僕は思っています。

体験談!

僕はもともと文字を書くことが好きで、ブログを書くことに興味がありました。それを考慮して、「Webマーケティング」という仕事を選びました。

【参考記事】:【月20万】Webマーケティングなら大学生でも稼げます【体験談】

【参考記事】:WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

結果的に、大学4年の3月には月収50万円を達成しましたし、今も毎日仕事が楽しいですね。

なので、いま40代の方で新しい仕事をしてみたいという方には、「需要より興味」で選ぶことをオススメします。

とはいえ、収入を考えると、需要も大事です…

③終身雇用・年功序列は終わった

「終身雇用・年功序列」はすでに終わっており、「自分の身は自分で守らなければならない」という時代です。

だからこそ、40代から新たに仕事を選ぶなら慎重に考えるべきです。

とはいえ、「向いてない・やりがいない」と思ったら辞めればOKだと思います。

40代で仕事を選ぶなら需要と興味で選ぶべき

会社に頼らず、自分で稼げる力をつけるためにも、需要と興味が良いバランスにある職種を選ぶべきですね。

たとえば、僕の現職である「Webマーケティング」は需要が爆発しており、終身雇用・年功序列が終わった今の時代には最適でした。


Webマーケティングは、個人でも稼ぎやすく、僕は大学生の時から独立しています。

引用:【公式】マケキャンbyDMM.com(旧:DMM MARKETING CAMP)

※いま40代の方は、少なからずあと20〜30年は働く必要があるわけなので、「仕事がつまらない」のは致命的です…

「自分が興味が持てる&需要が高い」という仕事を選ぶのがベストですね。

【参考記事】:「仕事行きたくない..家にいたい」なら、Web系に転職するべき

【参考記事】:「マジで金持ちになりたい」←凡人は努力してスキルを身につけろ!

IT系は将来性が高い

ITエンジニアなどの仕事は、将来性が明らかに高いです。

40代からでも目指すことは全然可能ですし、今後20〜30年と「一生出来る仕事」といえますね。

【参考記事】:「マジで金持ちになりたい」←凡人は努力してスキルを身につけろ!

以下のデータを見ても明確にわかります。

引用:経済産業省「ITベンチャー等によるイノベーション促進のための人材育成・確保モデル事業」

需要は高いのは明らかですが、自分がITに興味がないと厳しい世界でもあります。

ぶっちゃけ、興味を持てるかどうか確かめるには、実際に自分でプログラミングを体験したりすることが大事ですよ。

「無料体験」ができるプログラミングスクール

Web系も今後10年需要がある

Web系といっても種類が以下のようにあり、本当に豊富です。

Web系の職種の例
  1. Webマーケター
  2. Webデザイナー
  3. Web制作エンジニア

実際に以下のデータからも分かる通り、年々とWeb系の職種の収入は高まっています。

引用:doda

なので、40代から目指せれば、収入面では不安になることはないです。

特に「Webマーケター」は、ITエンジニアよりも難易度が低いので、40代の方にはぜひオススメしたい職種です。

≫WEBマーケターについて詳しく見てみる|WEBMARKS

AIに代替される仕事はやめとくべき

40代から新しい職業を目指すなら、将来「AIに奪われるような仕事」はおすすめしません。

下記のデータを見ても分かる通り、10年後AIに代替される仕事はありますね。

引用:10年後「AIに取られる」仕事ランキング | PRESIDENT WOMAN Online(プレジデント ウーマン オンライン)
10年後には「AIに代替される仕事」
  1. 経理
  2. 事務職
  3. 人事
  4. 営業

全員が解雇されるということはないですが、上記のような職種の「市場価値」が下がることは明確です。

一方で、「エンジニア」「Webマーケター」などの、IT系の仕事は需要が伸び続けますよ。

だからこそ、IT系の職種は「40代からでも目指すべき&一生出来る仕事」だといえます。

40代から一生出来る仕事3選【現役Webマーケターがおすすめ】

40代から一生出来る、かつ40代でも目指せる職種は実際あります。

職種目指す難易度
ITエンジニア★★★
Webマーケター★★☆
営業職★☆☆

筆者の僕は、大学時代にITエンジニアを目指そうと挑戦しましたが「挫折」しました。
その後はWebマーケターを目指し、卒業前に月収50万円を達成できた経験があります。

それぞれ詳しく見てみましょう!

【参考記事】:一人でできる仕事で高収入なのはWeb系!職人になって無双しろ

【参考記事】:休日が寝て終わる?「収入を爆上げ」したいなら今すぐ行動を起こすべき

ITエンジニア【難易度★★★】

ITエンジニアになれれば、40代からあと20〜30年、仕事に困ることは120%ないでしょう。

また、ITエンジニアと一言でいっても、種類が多くあります。

①ソフトウェアエンジニア
②セキュリティエンジニア
③フロントエンドエンジニア
④バックエンドエンジニア
⑤フルスタックエンジニア
⑥システムエンジニア
⑦セールスエンジニア 等


引用:12 Types of Software Engineers To Help You Find Your Place in Technology | Indeed.com

以下の数値を見てもわかる通り、40代で年収1000万もまったく夢ではないです。

引用:30代エンジニア2180人に聞いた平均年収の実態と満足度|【Tech総研】


ただし、目指すのは簡単ではなく、かなりの努力量が必要でしょう。

ITエンジニアを目指すデメリット
  1. なるまでにかなりの勉強量が必要
  2. なった後も最新技術を常に学ぶ必要がある
  3. IT分野に「興味」がないと厳しい世界


とはいえ、ITエンジニアは40代から一生出来る仕事としてオススメです。

Webマーケター【難易度★★☆】

2つ目は「Webマーケター」です。

Webマーケターに関しても、以下のように種類が存在します。

①SEOマーケター
②SNSマーケター
③広告運用マーケター
④YouTubeマーケター


参考:【月20万】Webマーケティングなら大学生でも稼げます【体験談】

下記のデータを見ても、インターネット(Web)業界の市場はグングンと伸びてます。

引用:【公式】マケキャンbyDMM.com(旧:DMM MARKETING CAMP)

業界的には右肩上がりに伸びていて、転職が成功すれば40代から一生出来ることもあります。

40代からWeb業界に転職するのは簡単なことではないですが、確実に挑戦する価値はあります。

なので、Webマーケターに転職できれば、今後10年食いっぱぐれることはないでしょう!

Webマーケターを目指すデメリット
  1. 数字ですべて評価される世界
  2. 採用される難易度が高い

数字で評価される世界なので厳しいですが、やりがいは本当にありますよ。

営業職【難易度★☆☆】

営業職は、「今後AIに奪われる」と言われていますが、100%営業の仕事がなくなることはないです。

この記事を読んでいる方のなかでも、営業職として働いてる人もいるかもしれません。

また、「エンジニア」「Webマーケター」と比べても、目指せる確率は高いでしょう。

100%仕事がなくなることはないですが、「市場価値」が下がるということは当然ありますね。

筆者の僕からすると、40代の方が今後新しい仕事を目指すなら、「エンジニア」か「Webマーケター」を断然おすすめします。

理由は、年々と市場価値が上がっているからです。

営業職のデメリット
  1. 今後AIに奪われていく
  2. 年収が上がりにくい
  3. 自由に働くことができない(フルリモートが難しい)

40代から「一生出来る仕事」に就くには

40代から一生出来る仕事に就くには、転職できる確率が高い方法で進むことが重要です。

営業職や事務職などの一般職は、転職エージェントを利用すれば問題ないですが、「エンジニア」などの手に職系は以下の手順が必須といえます。


では、具体的に見ていきましょう。

手順①オンラインスクールを受ける

IT・Web系の職種を40代から目指す場合、オンラインスクールの受講は必須と考えるべきです。

最近は、『未経験からITエンジニアを目指せるスクール』など、IT系への転職をサポートしてくれる環境が充実しています。

特に40代からの転職は不安も大きくなり、サポートがあったほうが心強いでしょう。

以下におすすめのスクールを載せておきます。

いきなり受講を決断するのではなく、まずは「無料体験・無料カウンセリング」を受けてみることをオススメします!

【転職サポート付き!プログラミングスクール】

【DMM WEBCAMP】

Freeks

テックパートナーズカレッジ

テックキャンプエンジニア転職

【転職サポート付き!Webマーケティングスクール】

WEBMARKS

DMM MARKETING WEBCAMP

Wannabe Academy

手順②転職サポートを受ける

どのスクールでも転職サポートがあるため、「自分が転職できるのかな…」と不安になる必要はありません。

たとえば、DMMが運営しているマケキャンでは、半額返金保証という制度がありますね!

引用:DMM MARKETING WEBCAMP

≫マケキャンの無料カウンセリングを受けてみる


他のスクールでも、このような制度は基本あるため、自分の目で確認してみてください。

  1. 自力で企業に直接応募する
  2. オンラインスクールの転職サポートを利用し、支援を受ける

※上記の2つを比較しても、②のほうが圧倒的に採用確率は高いです。


【参考記事】:【現役が解説】Webマーケティングスクールおすすめ5選を比較

まとめ:40代から「IT・Webのスキル」を身につければ人生逆転

40代からでも、「IT・Webのスキル」を身につけることができれば、この先10〜20年は仕事に困らないです。

【参考記事】:一人でできる仕事で高収入なのはWeb系!職人になって無双しろ

実際に筆者の僕は、大学在学中に「プログラミング」「Webマーケティング」のスキルを身につけて月収30〜50万円を達成しています。

IT・Web系の仕事」をするメリット
  1. 40代から一生出来る
  2. 起業・独立もできる
  3. 年収1000万を実現しやすい

実際に、村本理恵子さんという人は、60歳からプログラミングを勉強して会社を設立されてます。

【参考記事】:「人生にリタイアはない」ピーステックラボ代表取締役社長、村本理恵子のセブンルール – フジテレビュー!!

なので、挑戦するかしないかは「自分次第」だと思います!

40代におすすめのWeb系オンラインスクール!
  1. Tech Boost(プログラミングスクール)
  2. 【DMM WEBCAMP】(プログラミングスクール)
  3. Wannabeアカデミー(Webマーケティングスクール)
  4. WEBMARKS(Webマーケティングスクール)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です