【データで証明】10年後も儲かる仕事を3つ厳選!

【データで証明】10年後も儲かる仕事を3つ厳選!

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

2020年の10月から、WebマーケティングスクールWEBMARKSのオンラインスクールを受講し、現在はフリーランスのWebマーケターとして活動しています。

最近は「ITエンジニア、動画編集者、Webマーケター」など新しい職種も注目されてきた時代ですよね。

そのなかで、「10年後も儲かる仕事」は確実に存在しています。

・10年後も儲かる仕事ってあるの?転職するならこの先も儲かる仕事に就きたい!
・今は安定してて普通に稼げてるけど、10年後も稼げる人材になるにはどうすればいい?


この記事では、実際のデータをお見せしながら、「10年後も儲かる可能性が高い仕事」を3つ厳選して紹介します。

この記事を読み終えた後には、実際に将来へ向けて行動できるでしょう!

10年後も儲かる仕事は確実にある

「10年後は多くの仕事がAIにうばわれる!」「10年後は、頭のいい人だけが儲かる世界になりそう」

など、10年後の将来に不安を抱えている人も多いのでは?

結論、10年後も儲かる可能性の高い仕事はすでにあります。
今から準備すれば、なにも心配いりません!

【参考記事】:何の仕事・何がしたいか分からない?20代はITスキルを身につけろ!

【参考記事】:休日が寝て終わる?「収入を爆上げ」したいなら今すぐ行動を起こすべき

現代の仕事が「AI」に全て奪われることはない

現代の全ての仕事がAIに奪われるということはなく、AIが盛んになっても、儲かる仕事は当然あります。

引用:10年後のAI・ロボット時代に対するビジネスパーソンの意識調査【ユーキャン】

現代の33.2%ほどの仕事がAIにうばわれるというデータがありますが、今から準備をしておけば、仕事がなくなるということはないです。

ただ、5年後〜10年後に儲かる仕事につくには、今から対策を始めるべきでしょう。


当然、「ボーッと生きる」ということをしていると、AIに仕事がうばわれる人生になるかと….

先にお伝えしておくと、僕は10年後も稼げる人材になるため「Webマーケター」になりました。

詳しくは以下の記事で見れますので、興味がある人はぜひ⬇︎

【参考記事】:WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

スキルがないと厳しい時代になる

1つ言えるのは、10年後に儲かる仕事を獲得するには、何かしら特別なスキルがないと厳しいです。

言い方は悪いですが、高校生でもできるような仕事は、10年後稼ぐことは難しいでしょう。
事務職や営業職は、正直なところ、誰でもできる仕事ですよね。


営業職に関していうと、今は必要とされてる職種ですが、10〜20年後はどうでしょうか?


100%なくなることはないかもですが、「市場価値」が下がることは間違いありませんね。

もし今から営業職、事務職などに転職をする人がいるなら、僕はオススメしません。(※僕個人の意見です)

【参考記事】:「マジで金持ちになりたい」←凡人は努力してスキルを身につけろ!

10年後も儲かる仕事3選

10年後も儲かる仕事につくためには、まず職種を知ることが重要です。

10年後には需要が低い仕事を選んでも、けして『儲かる人材』にはなれないでしょう。

【参考記事】:一人でできる仕事で高収入なのはWeb系!職人になって無双しろ

10年後も儲かる仕事3選
  1. エンジニア
  2. Webマーケター
  3. Webデザイナー


上記は10年後も儲かると言われている仕事になり、今現在もかなり需要が高い職種です。

実際のデータを見ながら、1つずつ見ていきましょう!

①エンジニア

エンジニアは、間違いなく「10年後も儲かる仕事」の1つです。

現状もエンジニア不足が問題になっておりますが、10年後も人材は不足すると言われていますね。

引用:経済産業省「ITベンチャー等によるイノベーション促進のための人材育成・確保モデル事業」


上記のデータを見ても分かる通り、ITエンジニアの需要は10年後も拡大していきます。

ただ、エンジニアと一言でいっても、以下のように種類が多いです!

①ソフトウェアエンジニア
②セキュリティエンジニア
③フロントエンドエンジニア
④バックエンドエンジニア
⑤フルスタックエンジニア
⑥システムエンジニア
⑦セールスエンジニア 等


引用:12 Types of Software Engineers To Help You Find Your Place in Technology | Indeed.com

他にも種類がいくつかありますが、主流なのは上記です。

しかし、誰もがエンジニアに向いてるとか限らず、人それぞれ向き不向きがあると言えます。

【参考記事】:【やめるべき?】ITエンジニアはやめとけ!文系に最適な職種3選

【おすすめのプログラミングスクール4選】

テックキャンプエンジニア転職
※未経験から99%の受講生が転職に成功。プロのプログラミングスキルが身につく学習プログラムとキャリア支援により『未経験からのエンジニア転職』を実現。転職できなければ全額返金保証があるのが強み。
【DMM WEBCAMP】
※エンジニアに転職する方向けのスクール。 転職を保証しているため、未経験からITエンジニアへ転職をしたい方向けのスクール。「働きながらITエンジニアを目指したい」「自分のペースでスキルを身につけながら転職もしたい」という方におすすめ。
Freeks
※月額9,800円でHTML、CSS、PHP、JAVA、Pythonなどのカリキュラムが学び放題。エンジニアへの転職サポートなども、追加料無しで受けることが可能。いつでも気軽にはじめることができ、入会金は0円。
テックパートナーズカレッジ
※WEBシステム開発、リモートワーク専門に特化した人材紹介サービスを展開しているセルバが運営。従来のスクールでは学べない「プロの実務スキル」が身につき、自宅にいながらオンライン完結で勉強できる。リモートワーク専門の人材紹介サービスを行っているからこそ可能な、リモートワークの企業の転職、就職支援を行っている。

②Webマーケター

Webマーケターは、10年後確実に儲かる仕事の1つです。

【Webマーケターの種類】

①SEOマーケター
②広告運用マーケター
③SNSマーケティング
④YouTube


いまだにエンジニアが注目を多く集めますが、実はWebマーケターもかなり収入が高い職種なのです。

僕は大学4年の時にエンジニアを目指すためにプログラミングを始めましたが、すぐに挫折…

その後はWEBMARKSでWebマーケティングを学び、大学卒業前に独立起業しました。


【参考記事】:【月20万】Webマーケティングなら大学生でも稼げます【体験談】

引用:【公式】マケキャンbyDMM.com(旧:DMM MARKETING CAMP)

このデータは2022年までとなっていますが、2030年近くになっても落ちることはないでしょう。

たとえ落ちたとしても、需要が高いことは間違いないですし、10年後も儲かる仕事に違いありません。

Webマーケターに向いてる人
  1. 文系出身の人
  2. 自分で考えて、自分で行動を起こせる人
  3. 数字を伸ばすゲームが好きな人
  4. プログラミングで挫折した人


エンジニアとWebマーケターどちらも経験したので分かるのですが、Webマーケターを目指す難易度はエンジニアほど高くないです。

逆に、完全未経験からITエンジニアを目指すのは僕はおすすめしません。(特に文系の人には)

大手のWebマーケティングスクール「マケキャン」では、Webマーケティング業界のことについてかなり深く話を聞くことができます。
なので、興味がある人は1度話を聞いてみるのもよいでしょう。


≫マケキャンの無料カウンセリングを受けてみる

【「Webマーケターを目指す人」におすすめのスクール】

WEBMARKS
※国内唯一の、SEOに特化したWebマーケティングスクール。フリーランスコースでは、マーケティングについてただ学ぶだけでなく、実際にどうやって案件を取るのか?具体的な方法も習得。
DMM MARKETING WEBCAMP
※転職を本気で考えている方向けのWEBマーケティングスクール。グループワークや実際のWEBマーケ会社とのワークなど、実践的なスキルを身につけれる。
Wannabe Academy
※Web広告運用の実務に特化していて、実際のクライアントの事例をベースに学ぶため、動画や机上学習ではなく実務に触れることが可能。Webマーケティング実務を通して学習することで、職務経歴書に『実務経験有り』と書ける状態を目指します。

③Webデザイナー

Webデザイナーに関しても、10年後儲かる仕事と言えるでしょう。


しかし、常に勉強を続けていく必要があるので、甘い世界ではありません。

Webデザイナーをおすすめできる人
  1. デザインに興味がある
  2. 常に勉強していける自信がある人
  3. とにかくデザインが好きな人


「10年後も儲かる仕事につきたい&デザインが好き」という人には、かなり最適な仕事ですね。

以下の記事では、完全未経験からWebデザイナーになる方法を解説していますので、気になる人はぜひ⬇︎

【参考記事】:未経験からWebデザイナーになるには?新卒フリーランスのエミさんにインタビュー!

今から将来性の高い仕事につく方法

10年後も儲かる仕事に今からつくためには、今日から準備を始めましょう。

【将来性の高い仕事】

①ITエンジニア
②Webマーケター
③Webデザイナー


「今年は頑張らなくていいや」「来年からなにか始めよう」

このように後回しにするのではなく、今すぐに行動をしたほうが将来も明るいです。

【参考記事】:休日が寝て終わる?「収入を爆上げ」したいなら今すぐ行動を起こすべき

将来性の高いエンジニア、Webマーケターは、正しい順序で学んでいけば確実に能力・スキルが身につきます。

ただ、「即戦力レベル」になるまで3ヶ月〜1年はかかると思ってください。

では、1つずつ手順を見ていきましょう!

手順①スクールを受ける

「エンジニア」「Webマーケター」「Webデザイン」

など、『10年後も儲かる』と言われている仕事を手にするには、スクールの受講が欠かせません。

スクールを受けなくていい人
  • 頭の良さには自信があり、自分でゼロから考えて行動できる人
  • 他人に指示されなくても、自分でやるべきことを探せる人
  • 人に質問しなくても、自分ですべて問題を解決できる人


上記のような人は、スクールを受けなくてもWeb・ITスキルを1人で身に付けることは可能かと…

僕は大学もFランで、文系出身の頭が良くない人です。
なので、プログラミングもWebマーケティングも両方スクールを受けました。

大学4年の10月から、Webマーケティングスクール「WEBMARKS」を受講し、その後勢いで独立しました。
(※大学4年3月の月収は50万円)

おすすめのWebマーケティングスクール

手順②スキルを身につける

スクールを受講すれば、どの分野でも「初級〜中級レベル程度のスキル」が身につきます。

1つでも「特別なWeb・ITスキル」を身につけることができれば、10年後も儲かる仕事につけているでしょう。

【参考記事】:「マジで金持ちになりたい」←凡人は努力してスキルを身につけろ!

どのWeb・IT系スクールでも、満足できなければ返金保証があるので、まったく心配する必要はありません。

返金保証については、無料カウンセリングで詳しく聞くことも可能です。

無料でカウンセリング相談ができるスクール3選】

WEBMARKS(Webマーケティングスクール)
※国内唯一の、SEOに特化したWebマーケティングスクール。フリーランスコースでは、マーケティングについてただ学ぶだけでなく、実際にどうやって案件を取るのか?具体的な方法も習得。

【DMM WEBCAMP】(プログラミングスクール)
※本気でエンジニアに転職を考えている方向けのプログラミングスクール。 転職を保証しており、未経験からIT業界へ転職を求めている方に最適。「働きながら転職を目指したい」「自分のペースでスキルを身につけながら転職もしたい」という方に特におすすめ。

SHElikes(Webデザインスクール)
※2ヶ月で1からWeb制作の基礎が身につくコース。デザイン初心者・プロのWebデザイナーになりたい方におすすめ。講座卒業後はWebデザイナーとして活躍される方が多数。

手順③転職・独立する

スクールを受けて、「即戦力レベルのスキル」が身に付いたら、あとは転職・独立をするだけです。

転職に関しては、どのスクールも「転職保証制度」があるためこちらも心配いりません。

もちろん保証制度があるからといって、テキトーに授業を受けるのはダメです。
数ヶ月間だけでも本気で勉強してください。


僕は大学4年の10月からWEBMARKSを受講し、3ヶ月間土日も休まずにWebマーケティング(SEO)を学んでました….

「Webマーケターへの転職保証制度」というものがあるので、気になる人は無料カウンセリングで聞いてみるとよいです。

≫WEBMARKSの無料カウンセリングに申し込む|20秒で申し込み完了

10年後も稼げる人材になるには?

10年後も儲かる仕事をし、人よりも倍稼げるようになるには、以下の2つを実行する必要があります。

10年後も儲かる仕事につくには
  1. 絶対に勉強を続ける
  2. 自己投資をする

僕は大学4年のころ、合計で50万円くらいをプログラミングとWebマーケティングの勉強に費やしました。


この先の時代は、どんどん求められるスキルや人材が変わっていくため、常に勉強を続けることがかなり重要です。

今はエンジニアが注目されていますが、年収1000万を目指すには相当な努力が必要です。

【参考記事】:一人でできる仕事で高収入なのはWeb系!職人になって無双しろ

絶対に勉強を続ける

10年後も儲かる仕事を手にするには、今後10年勉強を続けましょう。

「毎日、大学受験時代のように勉強!」

と言ってるわけでなく、定期的に自分の脳をアップデートするということです。

今だったら、プログラミングやWebマーケティングのスキルを身につけるために、勉強をするということになります。


どの時代でも、儲かる仕事を手にするには、勉強が必要なのです。

※注意

プログラミングやWebマーケティングの勉強は、高校・大学などでやる国語や社会などの勉強とは目的が違います。
これらは「お金を稼げるようになるための勉強」であり、収入に直接影響します。

引用:【公式】マケキャンbyDMM.com(旧:DMM MARKETING CAMP)

実際に、大手のWebマーケティングスクール「マケキャン」では、受講生の収入が大きく伸びたという事例がありますね。

筆者の僕も、WEBMARKSを受講して大学4年の3月は月収が50万円にまで到達しました。


≫マケキャンの無料カウンセリングを受けてみる

≫WEBMARKSの無料カウンセリングを受けてみる

自己投資をする

10年後も儲かる仕事をするには、自分で勉強をすることに加え、常に自己投資を積極的にしていくべきですね。

僕の2020年の時効投資額を公開⬇︎

①プログミング :17万円
②Webマーケティング:15万円
③MacBook Air:10万円
④資格・本:8万円


大学生ながら、多額のお金を自己投資に使いました。

頑張ってWebマーケティングスキルを身につけた結果、海外でも上場している法人企業から仕事をいただけるレベルになれました。(個人で)

【参考記事】:「マジで金持ちになりたい」←凡人は努力してスキルを身につけろ!

自己投資をしたことにより、会社に頼らなくてもお金お稼げるようになりました。

引用:WEBMARKS

今は新卒ながら出社をせずに、のんびりと家で働いています(笑)

≫未経験から3ヶ月でSEOマーケターへ|WEBMARKS

いまの20代は「10年後も儲かる仕事」を選ぶべき

いまの20代(30代も)は、今からでも「10年後儲かる仕事や職種」を選ぶべきです。

『大手企業の事務職・営業職』など、誰でもできるような仕事についても大きく稼ぐことは難しいですよね。
20代だったら、いっても30万程度ではないでしょうか。


だからこそ、今の時代儲かる仕事、10年後も需要が高い仕事を選ぶべきなのです。

この時代&10年後も儲かる仕事
  1. エンジニア
  2. Webマーケター
  3. Webデザイナー

他にも10年後儲かる仕事はあるとは思いますが、今回はなかでも確実性が高い職種を3つ厳選しました。

この記事にたどり着いたのであれば、ぜひ行動を起こして人生を変えていきましょう!


10年後を見据えて今から行動すれば、間違いなく稼げる人材になれるはずです。

無料でカウンセリング相談ができるスクール3選】

WEBMARKS(Webマーケティングスクール)
※国内唯一の、SEOに特化したWebマーケティングスクール。フリーランスコースでは、マーケティングについてただ学ぶだけでなく、実際にどうやって案件を取るのか?具体的な方法も習得。

【DMM WEBCAMP】(プログラミングスクール)
※本気でエンジニアに転職を考えている方向けのプログラミングスクール。 転職を保証しており、未経験からIT業界へ転職を求めている方に最適。「働きながら転職を目指したい」「自分のペースでスキルを身につけながら転職もしたい」という方に特におすすめ。

SHElikes(Webデザインスクール)
※2ヶ月で1からWeb制作の基礎が身につくコース。デザイン初心者・プロのWebデザイナーになりたい方におすすめ。講座卒業後はWebデザイナーとして活躍される方が多数。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です