給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事がいい←こんな人はWeb系が1番おすすめ!

こんにちは、りんちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学生の時にスーパー・ユニクロ・英語塾で働く経験をし、これは精神的にしんどいわと感じました。その後Webマーケターになり、毎日ハンパないほど自由に働いている23歳です。

最近はコロナのおかげで在宅ワークが当たり前になり、かなり自由な働き方ができるようになりましたね。

とはいえ、僕の周りでは「俺の会社はブラックで残業もあるし、精神的にきつい」と言う人は未だいます。

・給料安くてもいいから、とにかく精神的に楽な仕事がいいわ…
・時間も場所も制限されず、のんびりとできる仕事ってないかな…

おそらく、この記事を読んでいるあなたは、上記のように思っているでしょう。

実際に筆者の僕は、大学卒業後から今もWebマーケターとして、かなり自由に生きています。
「今日も仕事嫌だな…」と、精神的にきついと思ったことは正直1度もないです。

本記事の内容まとめ!
  • 今の仕事を辞めたい人がやるべきこと3つ
  • Web系の仕事は、意味わからないほど自由
  • 超自由なWeb系の仕事に、未経験から転職する方法

こんな感じのことを解説していきます。記事を読み終えた後には、今の仕事をガチで辞めて、転職への第1歩を踏み出せるはずです!

「給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事がいい!」←この人がやるべきこと3つ

「給料は安くてもいいから、とにかく精神的に楽な仕事に転職したい」

この人が、今やるべきことは大きく3つあります。

  1. やりがいを持てる仕事を見つける
  2. 今の仕事では何がきついのかを言語化する
  3. この先、自分はどんな人生を送りたいのかを考える

今の仕事をやめて、次のステップへ進む際、上記3つは大事なことですね。

実際に僕は、大学生の頃から考えていました。

※筆者は大学生の頃にユニクロ・英語の塾で働いていました。その仕事では、どうしても接客対応をすることが多く、自分は接客業とかが非常に嫌いなので、毎日精神的につらかったのです。

そこから、大学卒業後の就職は、「フルリモートでパソコン1台でできる仕事がいいな」と思い、Webマーケターを目指し始めました。

今では、1人で黙々とできるWebの仕事に就いているため、精神的な負担はゼロです。

【参考記事】:「仕事行きたくない..家にいたい」なら、Web系に転職するべき

話がそれましたが、以下3つ見ていきましょう。

やりがいが持てる・楽しいと思える仕事を探す

新しい仕事を探す際、『やりがいがある・楽しい仕事』を見つけることはめちゃくちゃ大事です。

「給料は安くてもいいから、とにかく精神的に楽な仕事に転職したい」

このように思っているなら、楽しくて興味を持てる仕事のほうがよくないですかね?

自分に合わない仕事・会社に就いてしまうと、また精神的につらくなるだけです。

僕は大学4年時に、プログラミングとWebマーケティングに挑戦し、けっきょく向いていたのは『Webマーケティング』でした。

今の仕事は、何がしんどいのか言語化してみる

現職はどーいう部分がしんどくて、次はどんな仕事であれば幸福度が上がるのか?

これをしっかりと、人に説明できるくらいに心に留めることも大事です。

なぜなら、これが言語化できないと、次の就職先でまた「仕事辞めたい。むりだわ。」となるからです。

  1. 「今の仕事では、接客することが多く、自分には合わない。次の仕事は1人で淡々とできるWeb系がいいな」
  2. 「毎日出社で、出張も多いし精神的・肉体的にもしんどい。次の仕事は家でのんびりとできるリモートワーク可能な仕事がいい」

たとえば、こんな感じでしょうか?今回は簡潔ですが、もっと詳細に、具体的に、紙に書き出してみるのもおすすめです。

この先のキャリアで実現したいことを明確化

この先の人生で、あなたは何を実現したいのでしょうか?

人生は人それぞれなので、正解はありません。お金をガツガツ稼ぎたい人もいれば、趣味を優先してのんびり働きたい人もいますし!

  1. エンジニア転職へ挑戦し、年収1000万円目指したい
  2. 年収はどうでもいいから、家でのんびりと、残業なしで働きたい
  3. 将来的には起業をして、金持ち社長になりたい

せっかく転職をするなら、将来成し遂げたいことを明確化することも大事です。

ただ、自分1人で考えることはなかなか難しいと思います。

僕の場合は、大学4年時にWEBMARKS無料カウンセリングを受け、大学卒業後のキャリアが明確化しましたよ。
何を伝えたいかというと、1人で悩むより人の話を聞くほうがアイデアがふくらみます。

Web系の仕事は意味が分からないほど自由です

「給料は安くてもいいから、とにかく精神的に楽な仕事に就きたい!」

この人に断然おすすめなのが、Web系の仕事(職種)です。

Web系の仕事(職種)は自由すぎてヤバい
  • フルリモートが当たり前の世界
  • 給料もそこそこ高い
  • 厳しいノルマもなく、淡々とスキルを活かして結果を出せばOK

「Web系」と聞くと、あまり聞き慣れないかもしれませんが、「IT系」と同じようなイメージです。

ガチガチのIT系は理系人間でないと厳しいですが、Web系は文系でも問題なくできるのが特徴ですね!

【参考記事】:頭を使う仕事4選!体を使う仕事をするより、今後は稼げます。

フルリモートが当たり前の世界

Web系の仕事・会社は、今の時代「フルリモート勤務」が当たり前です。

逆に、フルリモートじゃないと「この会社は大丈夫か?」と思われるくらいです(笑)

入社して間もない時は出社が必要なケースもありますが、基本のスタイルはフルリモート勤務ですね。

なので、体力的・精神的にも、負担がめちゃくちゃ軽い仕事だと言えますよ。

出社があると、「マジで仕事行きたくないわ…」と思う時がありますが、Web系は出社がないので最高ですね。

給料も別に安くない

Web系の職種は、給料も低くありません。たとえ会社での給料が低いとしても、副業で稼ぐことが可能ですよ。

以下は僕の現職である『Webマーケティング職』の年収です。20代からでも400万円近くあり、副業で仕事が取れれば年収500万円は実現できます。

引用:【公式】マケキャンbyDMM.com

詳しくは次の章で解説しますが、エンジニアやWebデザイナーなども同程度の年収になります。(※人によって個人差がありすぎるため、一概には言えません)

ノルマもないし、淡々と成果を出せばOKな世界

Web系の職種は、古臭い大企業の営業職みたいに、厳しいノルマがありません。

たとえばWebマーケティング職の場合、もちろん目標値などは設定しますが。

他にも、エンジニアの場合は、依頼されたアプリ開発やWebサイト制作を淡々と進めていきます。

なので、精神的にきついことはほぼありません。

納期などはしっかり守る必要はありますが、納期を守ることは誰でもできることです。

Web系の仕事=給料はそこそこ高く、精神的にかなり楽&自由

Web系の仕事は、給料がそこそこ高く、精神的にも楽なものが多いです。

では、一体どんな仕事があるのでしょうか?

今回は4つ紹介していきます!

給料は普通に高いのに、精神的に楽な仕事
  1. エンジニア
  2. Webマーケター
  3. Webデザイナー
  4. Webライター

ちなみに、どの職種も3ヶ月〜5ヶ月あれば、転職できるレベルになれます。あと、どの仕事もフルリモートが基本です。

それぞれ見ていきましょう。

エンジニア

最近エンジニアは職種として注目されており、今後10年も需要は伸び続けます。

仕事内容は、Webアプリを開発したり、Webサイトを作ったりがメインですね!

「エンジニア」に向いてる人はこんな人
  1. Webアプリ・Webサイトを作ることに興味が持てる
  2. 1人で黙々と作業するのが苦ではない
  3. どんどんプラグラミングスキルを磨いて、年収1000万以上目指したい人

エンジニアは、向き不向きがけっこうあります。

情報を収集するだけでは自分に向いてるかも分からないため、まずはプログラミングを自分で体験してみるのが大事ですよ。

以下のスクールでは、プログラミングを無料で体験することが可能です。

プログラミングが無料で体験できるスクール

  1. CodeCamp
  2. テックパートナーズカレッジ
  3. テックアカデミー
  4. 侍エンジニア塾

僕は大学4年時にプログラミングに挑戦しましたが、次に紹介する「Webマーケター」のほうが向いていました。

Webマーケター

Webマーケターはエンジニア並みに需要が高く、コロナの影響で求人数がめちゃくちゃ増えました。

仕事内容は、Google、SNS、YouTubeなどを使って、Web上でお客さんを集めるのがメインです。

「Webマーケター」に向いてる人はこんな人
  1. Web上での数値を地道に伸ばすことに興味が持てる
  2. ブログ・SNS・動画など、現代的なものが好き
  3. 自分で戦略を考えて行動できる人

エンジニアほど、向き不向きはないです。今の20代〜30代(スマホ世代)の人は、かなり興味が持てる職種だと思いますね。

今ここで「Webマーケティング」と言われても、ほとんどの人は「なんだそれ?」と感じるはずです。

なので、「Webマーケティングちょっと面白そう」という人は、以下のスクールで無料カウンセリングを受けてみるといいですよ。

Webマーケティングについて無料で聞けるスクール

  1. WEBMARKS
  2. マケキャン(DMM MARKETING CAMP)
  3. Wannabe Academy

Webデザイナー

Webデザイナーは、どの企業でも求められ、女性で目指す人が多いです。

仕事内容は、Webサイトや広告のデザインをしたり、バナー画像を作ったりさまざまです。

「Webデザイナー」に向いてる人はこんな人
  1. デザインに興味が持てる
  2. 新しいことも進んで勉強ができる
  3. 1人で黙々と作業するのが好き

Webデザイナーは、デザインに興味がある人じゃないと厳しいです。筆者の僕はデザインに1ミリも興味がなく、向いてません。

ただ、1度やってみると「ん?Webデザインって面白い」となる可能性もあります。

以下のスクールでは、Webデザインの講座を無料体験できるので、1度挑戦してみるのもよいですね。

Webデザインを無料で体験できるスクール

  1. SHElikes
  2. CodeCamp
  3. 侍エンジニア塾

Webライター

Webライターは、この5年くらいずっと需要がある仕事の1つです。

仕事内容は、企業のWebサイトに掲載するブログ記事を書いたり、取材をしたりします。

「Webライター」に向いてる人はこんな人
  1. 文章を書くことが好き
  2. 心理学が好き
  3. 1人で黙々と、孤独に作業するのが好き

Webライターに関しては、あまり向き不向きはないですね。

「文章を書くことが苦ではない人」にとっては、最高な仕事だと言えます。

また、Webライターは1ヶ月もあれば実務レベルに到達します。(もちろん、その後も学ぶ意欲は必要です)

以下におすすめのWebライティングスクールも載せておきますね。

Webライティングを基礎から学べるスクール

  1. Writing Hacks
  2. SHElikes(女性向け)

超自由な「Web系の仕事」に未経験から転職する方法とは?

Web系の仕事が自由なのはわかったけど、どうやって転職まで進めばいいの?

結論として、以下の3つの手順をたどれば問題なしです。

Web系の仕事に転職するには?
  1. Web系分野のスクールで無料体験(相談)を受ける
  2. オンラインスクールで講座を受ける
  3. 転職活動を始める

「給料は安くてもいいから、とにかく精神的に楽な仕事に転職したい」

本記事にたどり着いたからには、ぜひこの願いをかなえてほしいです。実際に僕も、以下3つの手順で大学4年時から歩んできました。

無料体験(相談)を受けて自分に向いてる職種を探す

「給料は安くていいから、とにかく精神的に楽な仕事がいい」

この願いをかなえるために、まずあなたがやるべきことは、「自分に合う仕事を見つける」ということです。

自分に合ってない仕事を次に選んでも、また仕事のことで悩むことになりますよね?

だからこそ、自分の願いとマッチする仕事を選ぶべきです。

※今回この記事を読んでWeb系の仕事に興味が持てた人は、以下のスクールで無料体験(相談)を受けてみてください。

実際に体験してみることで、自分に向いてるかどうか?を確かめることができます。

スクールを受ける

自分に向いてる仕事が見つかったら、スクールを受けてスキルを習得しましょう。

Web系の勉強って独学じゃ無理なの?

独学でも可能ではありますが、スクールを受けたほうが効率がいいです。
たとえば、中国語を学びたいとなったときに、「1人で勉強する」か「中国語と日本語ができるバイリンガルに教わる」のだと、どちらが効率いいでしょう?

スクールを受けてスキルを習得したほうが、「精神的に楽な仕事に就きたい」という願いを早くかなえることが可能になりますし。

スクールを受ける場合は、まず無料体験(相談)を受けてみて、「これは良いな」と思ったら受けるべきです。

転職支援を受ける or 自分で転職活動を頑張る

Web系のスクールは、基本どのスクールも転職支援が付いてきます。

たとえば、Webマーケターへ転職するとなった際、独学で勉強して転職するのは非常に難易度が高いです。

エンジニアも同じです。

だからこそ、転職を考えるのであれば、スクールでスキルを習得し、転職まで支援してもらうほうがいいのです。

引用:【公式】マケキャンbyDMM.com

もしスクールを受けるつもりがないのであれば、今のうちに以下の転職エージェントへ登録して相談しておくべきです。

転職は「場所取り合戦」なので、よい求人も時間と共に無くなっていきますよ。

まとめ:「給料は安くてもいいから、精神的に楽な仕事がいい」←こんな人はWeb系の仕事がいいですよ

「給料は安くていいから、とにかく精神的に楽な仕事がいい」

このような人は、Web系の仕事が断然おすすめです。

なぜWeb系がおすすめ?
  1. フルリモート(家)で働ける
  2. 副業がしやすく、収入も上がりやすい
  3. 日本の古臭い風潮・ルールみたいなものがない

僕は大学生の頃からWebマーケターとして働いていますが、ストレスを感じたことは1度もありません。

「今日も仕事か…」「毎日メンタルがきつい」

たった1度きりの人生なので、このように毎日思いながら仕事をするのは「幸せ」と言えないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です