人と関わらない仕事を20代向けに4つ厳選!独立も数年以内にできます

人と関わらない仕事を20代向けに4つ厳選!

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学生の時にWebマーティングを学び、現在はオンラインサービスの企業でWebマーケターとして活動しています。

毎日フルリモートで働き、快適に働いています。

この記事にたどりついた人は、「もう人と関わる仕事をしたくない!」と悩んでたり、「人と関わらない仕事に転職したい」と思い悩んでいると思います。

実際に僕は営業マンや接客業がめちゃくちゃ嫌いでして、「Webマーケター」という、あまり人と関わらない仕事を選択しました。

・営業も接客もしたくないし、人と関わらない仕事がしたいな…
・そもそも人と関わらない仕事ってあるのか?20代のうちに転職したいよ…


今回はこんな悩みを抱えている20代の方向けに、「人と関わらない仕事」を紹介していきますね。

本記事の内容まとめ!
  • 人と関わらない仕事のほうが20代は稼げる
  • 人と関わらない仕事4選!20代向け
  • 人と関わらない仕事が向いてる人の特徴


この記事を読み終えた後には、人と関わらない仕事へ転職するために行動できるでしょう!

本題に入る前に..先に結論を知りたい人へ

結論、「なるべく人と関わらない仕事がいい..」という20代におすすめの職種は、エンジニアとWebマーケターですね。

どちらも、週に1回程度のミーティングはありますが、基本1人でモクモクとパソコンで作業をします。

また、フルリモートで働くのが当たり前の世界なので、人と直接会うことはまずないですね(笑)

エンジニアは、WebサイトやWebアプリの開発などを行います。Webマーケターは、Web上で広告を配信したり、地道に分析して改善する作業が多いです。

※Web・IT系の仕事(企業)は、副業でも稼ぐことが可能になるので、本業+副業で月50万円以上稼ぐ人もよくいる世界です。日本政府も副業を推進しているので、今後は本業1本の給料だと厳しい時代ですよ。

引用:副業・兼業|厚生労働省
引用:副業人材の活用後押し 産業振興財団が求人掲載料支援(紀伊民報) – Yahoo!ニュース


エンジニアを目指せるスクールとしては、ProgrammerCollegeRUNTEQが有名です。

ProgrammerCollegeに関しては、日本で唯一の無料プログラミングスクールです。

「費用をかけずにプログラミングを学んで、エンジニアに転職したい!」

という20代の人は、まず無料相談だけでも受ける価値はあるはずですよ。


一方で、未経験からWebマーケターを目指せるスクールとしては、WEBMARKSWANNABE Academyがおすすめですね。

他のスクールもありますが、費用が安く就職支援が手厚いのはこの2つです。

筆者は、大学4年の時にWEBMARKSを受講し、学生時代からWebマーケターとして働いていました。


Webマーケターは、専門スキルも身につきますし、20代からじゃないと目指せない職種です。

「Webマーケターになって、家でのんびり働きたい!」

という20代の人は、1度無料カウンセリングだけでも受けてみてください。

そもそも、人と関わらない仕事に20代から転職できるのか?

そもそも、人と関わらない仕事へ20代から転職するのは現実的なのでしょうか?

先に答えを言うと、20代でも人と関わらない仕事に就くのは120%可能です。

理由としては、IT・Web系のスクールが充実していること、転職サポートが昔より手厚すぎることの2点ですね。

たとえば、エンジニアは人と関わらない仕事の代表例ですが、以下のようなスクールを受ければ誰でも転職することができます。

ウズウズカレッジ
※CCNAを取得し、未経験からITエンジニアを目指せるスクール。29歳以下&大卒の人は、スクールの受講料が0円になる「特待生プラン」もアリ。

ProgrammerCollege
※Java Silverが取得でき、受講料0円で未経験からエンジニアを目指せるスクール。無料でプログラミングを学べるのはココだけ。

10年前は、こんなに素晴らしい環境はなかったですよね…


ProgrammerCollegeは、日本でたった1つの無料プログラミングスクールです。

普通に考えて0円でエンジニアに転職できる環境があるのはヤバいですよ…

「人と関わるのがしんどいし、エンジニアに転職しようかな?」

という20代の人は、エンジニア転職を目指せるスクールで無料相談をしてみるのもよいはず。

人と関わらない仕事の方が20代は稼げる

実際のところ、人と関わらない仕事の方が20代は稼げます。

人と関わらない仕事の方が20代は稼げる理由

①ITビジネスの需要が爆発
②Web・IT系の職種は、年功序列が関係ない

さっそく結論からいうと、以下のような職種(業界)は人と関わらないことが多いです。

①エンジニア
②Webマーケター
③Webデザイナー


また、人と関わることが少ないだけでなく、20代からでも収入が爆発的に高いです。

新卒でWebマーケターになった人
新卒でWebマーケターになった人

僕は2021年の3月に大学を卒業しましたが、その月の月収は50万円でした。その後も40万円ほどの月収をキープしています。

【参考記事】:給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事がいい←こんな人はWeb系が1番おすすめ!

理由①ITビジネスの需要が爆発

2020年のコロナショックにより、ITビジネスの需要は格段に上がりました。

引用:市場調査とマーケティングの矢野経済研究所

IT・Web業界は、今後10年以上のあいだ伸び続けるに違いないですね。

ITエンジニア、Webマーケターは「人と関わらない仕事の代表例」ですが、収入は20代でも伸ばしやすいです。

たとえば、エンジニアとして独立し、以下のような仕事が取れるようになれば月収50万円は誰でも目指せます。

レバテックフリーランス

理由②年功序列が関係ない業界

IT・Web業界は、「年功序列や終身雇用」みたいな古臭い概念はまったくありません。

独立もしやすいですし、独立すれば収入が2〜3倍上がることも普通にあります。

日経大企業の営業職や事務職とかだと、20代で年収600万はあり得ないですが、IT・Web業界は可能です。


営業や接客に比べたら「人と関わらない仕事」とも言えますし、本当に20代におすすめの業界ですよ。

人と関わらない仕事4選!20代向け

実際にテックアカデミーWebマーケティングコースを受講した人の評判

ここからは、「人と関わらない仕事4つ」を20代の方向けに解説しますね。

以下どの職種も、パソコン1台で、黙々と作業することが多いです!

1.プログラマー
2.Webマーケター
3.Webデザイナー
4.動画編集者

ただ1つ注意なのは、どの職種も完全に人と関わることがないというわけではありません。

少なくとも週に1回くらいはミーティングなどがあります。

とは言っても、営業や接客に比べたら、人と関わることは圧倒的に少ないでしょう。

1.プログラマー

まず1つ目はプログラマー(エンジニア)です。

プログラマーは黙々と1人で作業することが多く、人と関わらない代表的な仕事といえます。

※プログラマーの仕事内容は、Webサイトを開発したり、システムを開発したり等です。

もちろん、複数の人で一緒に開発することはあり、ミーティングなどをする機会はあるでしょう。


プログラマーは、この先10年は間違いなく需要がかなり高い仕事なので、これから転職するなら目指すのはおすすめですね。

2.Webマーケター

20代&文系の人で「人と関わらない仕事がしたい!」という人は、間違いなくWebマーケターがおすすめです。

※Webマーケターの仕事内容は、WebサイトをGoogleで上位に表示させたり、SNSに広告を出したり等です。

週に1度くらいミーティングがあるだけで、それ以外は黙々とパソコンで作業です。
営業職や接客業などと比べたら、Webマーケターは人と関わることが極端に少ないと思いますね。

また、Webマーケティングの市場は、この先10年は確実に伸び続ける業種です。

今から目指すとしても全く遅くないですし、むしろ人生逆転できるチャンスです。

引用:市場調査とマーケティングの矢野経済研究所

3.Webデザイナー

Webデザイナーに関しても、「人と関わらない仕事がしたい20代の人」には超絶おすすめです。

※Webデザイナーの仕事は、Webサイトのデザインを考えたり、広告で使う画像を作ったり等です。

20代であれば、まだまだ勉強の意欲が高い人が多いと思いますし、デザインへの興味や熱意があれば誰でも目指せる職業です。

WebデザイナーもWebマーケターと同じように、週に何回か打ち合わせ(ミーティング)があるかないか?という感じです。

4.動画編集者

動画編集も最近は需要が高く、かつ「人と関わらない仕事」の1つと言えますね。

※動画編集は、企業や個人がYouTubeに公開する動画を編集・加工したり等です。

プログラミングやWebマーケティングほど習得難易度も高くないので、やる気さえあればすぐに仕事にできます。

動画編集は始める人が増え、ライバルも多いので最初は仕事を獲得するのが大変かもしれません。

ただ、上記の動画でも語ってるように、「優秀な動画編集者」は少ないらしいです。

とにかく、動画編集に関しても「20代が目指せる、人と関わることが少ない仕事」と言えるでしょう!

「人と関わらない仕事」が向いてる人

実際に「人と関わらない仕事が向いてる人」は存在すると思います。

一言でまとめると、「内向的」な人ですね。

【内向的とは?】

※興味や関心が外へ向かうのではなく、自分の内面に向かう人のことを言います。「社交性に欠ける」「注目されることが苦手」などの人が当てはまります。

引用:内向的な性格の特徴とは – 内向的な人が前向きに物事を考える方法を紹介 | マイナビニュース

また、次に説明する3つの特徴・性格を持っている人は、「人と関わらない仕事」に向いてると言えます。

僕は直営業や接客がほんとに嫌いでして、新卒からWebマーケターになったのはこれが理由です。


なので、僕みたいな人はWebマーケターやプログラマーが向いてると思いますね。

【参考記事】:給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事がいい←こんな人はWeb系が1番おすすめ!

①黙々と作業するのが好き

黙々と1人で作業をする人は、確実に「人と関わらない仕事」に向いてます。

「黙々と作業する」の例
  1. 孤独にブログを書く
  2. 地道にプログラミングコードを書く
  3. 孤独に黙々とリサーチをする

僕は元からブログを書いたり、孤独にリサーチをすることが好きだったので、「Webマーケター向きだ」と判断しました。

全く知らない人に、「この商品どうですか?買いませんか?」のように営業するのは僕は無理なタイプです。

逆に、黙々と作業するのが好きなので、20代を無駄にしないためにも「自分に向いてる仕事」をなんとか見つけました。

【参考記事】:【2022年版】家にいてお金を稼ぐ方法10選!3ヶ月以内に開業・転職できる

②直営業や接客が嫌い

直営業や接客が嫌いな人も、Webマーケターやプログラマー向きですね。

①Webマーケター▶︎ひたすら地道に分析をして、数値を伸ばす

②プログラマー▶︎ひたすら地道にコードを書く

ただ1つ注意なのは、Webマーケター、エンジニアなどは本当に「成果主義」ということです。

スキルがないと転職も難しく、フリーランスになっても仕事が取れないということが起きます。

「自分の力でお金を稼ぐ」というのは、本当に大変なことです。

とは言え、直営業や接客が嫌いな人は、「人と関わらない仕事」が確実に向いてるでしょう!

③ゲーム的な感覚が好き

実際にWebマーケティングやエンジニアの仕事は、ゲーム的な仕事が多いです。

僕はSEOを仕事にしてますが、常日頃「どうすればGoogleで上位表示するか?」をずっと考えてるので、ゲームのような感覚で仕事をしてます。


プログラミングやWebマーケティングは1度ハマると、本当に熱中してしまいます。

・Webマーケティング 大学生

上記のようなキーワードでGoogle検索をすると、どちらも1位に僕が書いた記事がでてきます。

「どうすれば〇〇のキーワードで1位にもっていけるか?」

コレを常に考えて仕事をしているので、ゲーム的な感覚がたまりません!

「おもしろそう」と思った人は、もしかしたらWebマーケター向きかもしれませんね。

今から転職をするならWebマーケターがおすすめ

もしあなたが今20代で「今の仕事しんどいし、人と関わらない仕事がしたい!」と思っているなら、Webマーケターへの転職が最もおすすめです。

Webマーケターがおすすめな理由
  1. 年収1000万が目指せる
  2. 黙々とパソコンで作業できる
  3. 需要・将来性が高い


Webマーケターは独立すれば年収1000万が目指せることだったり、将来性も高かったりとメリットが多いです。

デメリットでいうと、「責任感が増す」ことでしょう。

収入は高い分、マーケターは企業の売り上げに直接影響するポジションなので、本当に責任が重いです。

ただ、20代からマーケターになり、経験を積んでいけば、30代にはかなり優秀な人材になれること違いないです。

理由①年収1000万が目指せる

Webマーケターは、独立さえすれば「年収1000万」が目指せる職種です。

引用:Webマーケターの市場価値や年収は?【圧倒的にオススメの職種】 – みらいマーケティング本舗

会社員のWebマーケターだと、年収1000万はかなり難易度が上がりますが、独立すれば実現は可能です。

週に1度ほどミーティングがあるとはいえ、人と関わらない&年収1000万以上目指せるのはかなり魅力的でしょう!

新卒で営業職とかに就いてたら、年収1000万達成するのに50年くらいはかかるのでは?

要するに、Webマーケターの需要は爆発しており、年収も高いわけです。

【参考記事】:休みが多くて給料がいい仕事はWeb系!半年で転職もできる

理由②黙々とパソコンで作業

Webマーケターは黙々とパソコンで作業することが多く、人と関わる機会はかなり少ないです。

Webマーケター「リンちゃん」の仕事内容
  1. SEOキーワードの調査
  2. 競合サイトの分析
  3. ブログ記事の構成書作成
  4. 記事のライティング
  5. サイトのアクセス解析

基本的に毎日こんな感じで地道な作業をしていますよ。

一見「なんか難しそうなことやってるな…」と思うかもですが、まったく難しくないです。

Fラン大学出身&偏差値45の僕でもできる仕事なので、「これからWebマーケターになりたい!」という人も心配無用です。

理由③需要・将来性が高い

エンジニアと同じように、Webマーケターも将来性はかなり高いですよ。

引用:市場調査とマーケティングの矢野経済研究所

特にコロナで世の中がデジタル化したことで、多くの企業がWebでモノやサービスを売ることに力を入れています。

ということは、企業がWebマーケターを求めているということになり、もちろん人材が不足しているということが起きてます。

この先10年どころか、スマホが使われる限り『Webマーケターの需要・将来性』は相当高いといえます。


「Webマーケターの実際の現状についてもっと詳しく聞いてみたい」

という人はWEBMARKS無料カウセンリングで話を聞いてみることをおすすめしますよ。

まとめ:人と関わらない仕事は今の20代におすすめ

まとめ:人と関わらない仕事は今の20代におすすめ

今あなたが20代で、「この先は人と関わらないような仕事がしたいな…」と悩んでいるならば、今すぐに転職をすべきです。

【参考記事】:「マジで金持ちになりたい」←凡人は努力してスキルを身につけろ!

20代におすすめの「人と関わらない仕事4つ」
  1. プログラマー(エンジニア)
  2. Webマーケター
  3. Webデザイナー
  4. 動画編集者


「人と関わることが多い営業職が嫌だ…」「接客業しんどすぎる」のように悩んでいるなら上記の職種を目指すとよいです。

どの職種も「フルリモート」の働き方が主流なので、家でのんびりと仕事をしたい人にも最高の職業です。

実際に筆者の僕は、営業とか接客がかなり嫌いだったので、Webマーケターになりました。


僕のような人は、Webマーケターやエンジニアが向いてると思います!

【参考記事】:給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事がいい←こんな人はWeb系が1番おすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です