「仕事行きたくない..家にいたい」なら、Web系に転職するべき

こんにちは、りんちゃん(@rinchanblog0215)です。

現在23歳です。学生時代からWebマーケターとして働いており、毎日家でのんびりと働いています。(※Webマーケターがどんな仕事なのかは後ほど解説)

なので、「仕事に行きたくない…家にいたいな」と思うことは普段一切ないです。

とは言え、大学4年までは、ユニクロ・スーパーなどでバイトをしており、「まじで仕事(バイト)に行きたくない..ずっと家にいたい」と思ってました。

なので、以下のように思う気持ちがすごく分かります。

・マジで仕事に行きたくない…ずっと家にいたいわ。
・出社しなくても平気で、家でのんびりとできる仕事ってないかね..

結論からいうと、仕事に行きたくないなら、家でできる仕事に転職すればOKです。
そこで今回は、以下のような内容の記事を書きました。

本記事の内容まとめ
  • 「仕事行きたくない..家にいたい」という人の解決策
  • 家でゆっくり働きたい人におすすめの職種
  • 出社がまったく必要ない、Web系の職種に転職する方法(手順)

3分ほどで読めるので、ぜひ最後まで読んで、読者さんの人生が変わるきっかけになれば嬉しいです。

「仕事行きたくない..家にいたい」という人の解決策

休日が寝て終わるのはもったいなすぎる

「仕事に行きたくない..ずっと家にいたい」←この人の解決策としては以下2つがあります。

  1. 有給を使って仕事を休む
  2. フルリモートが可能な仕事へ転職

他にも、「今の仕事を辞める」などの選択肢はありますが、経済的にも難しいですよね。

今の仕事がどんなに嫌でも、いきなり辞めるのはオススメしません。

有給を使って休む

もし有給が使えるのであれば、一旦仕事に行くのを休んでみるのもよいはずです。

参考:年次有給休暇取得促進特設サイト

普段は仕事で忙しく、他のことを考える余裕がない人も多いと思います。

有給を使って、自分の時間を作ることで、以下のようなことを考える時間にもなります。

有給を使って考えるべきこと!
  • そもそも、今の仕事を今後も続けるべきなのか?
  • 将来のことを考えても、いま転職したほうが良いのでは?
  • このままの収入で本当にいいのか?

有給を使うことで、上記を考える時間が作れますよね。

フルリモートが可能な仕事に転職する

「出社するのがマジでしんどい。ずっと家にいたい」

こーいう人は、間違いなくフルリモート勤務が可能な仕事に転職するべきです。

僕は大学生時に、英語塾でバイトをしていましたが、出社するたびに「仕事に行きたくない」と思ってましたね…

一方で、今はWebマーケターとして働いているため、大学卒業前から1日も出社をしたことがありません(笑)

フルリモートができる仕事は、Web・IT系がほとんどでしょう。

家でのんびり仕事をしたいなら、Web系の職種がおすすめ

【解決】40代から一生出来る仕事を男性向けに3つ厳選!
【解決】40代から一生出来る仕事を男性向けに3つ厳選!

家でのんびりと、ゆっくり仕事をしたいのであれば、断然Web系の職種がおすすめです。

理由としては、以下3つが挙げられます。

Web(IT)系がおすすめな理由
  1. フルリモートで働ける可能性が高い
  2. 独立しやすい・副業でも稼げる
  3. やりがいを感じやすい

Web系と聞くと、聞き慣れないかもですが、IT系と同じようなものです。(イメージは)

では、Web系職種の実態をそれぞれ見ていきましょう。

【参考記事】:頭を使う仕事4選!体を使う仕事をするより、今後は稼げます。

【参考記事】:一人でできる仕事で高収入なのはWeb系!職人になって無双しろ

フルリモートが当たり前の世界

Webの業界(職種)では、フルリモートが当たり前の働き方ですね。

僕は学生時代からWebマーケターとして働いていますが、ずっと家で仕事をしています。

何時に起きてもOK。スーツも着たことがありません。

「仕事に行きたくない…家にいたいな」という人にとっては、最高の職種ですよ。

基本パソコン1代あれば問題なく仕事ができるので、出社する必要がないのです…

独立・副業がしやすい

Web・IT系は独立もしやすいです。今は独立など考えられないかもですが、将来的には視野に入れておくとよいですよ。

筆者の僕は、大学4年時にWebマーケターとして独立しました。今は、オンラインサービスを展開する企業の正社員として、Webマーケターを担当しています。

また、Web系の職種は副業もしやすいです。正社員としての給料+月10万円〜100万円はぜんぜん目指せます。

たとえば、以下のような仕事を取れれば、副業で月10万円は余裕です。

引用:クラウドワークス

とにかく「やりがい」がある

Web・IT系の仕事は「やりがい」を感じれるタイミングが多いです。

たとえば、以下のようにやりがいを感じますね。

Webエンジニア

自分でプログラミングコード書き、思い描くWebアプリ・Webサイトが目に見える形で作り上がっていくことを実感できることにやりがいを感じます。また、自分が苦労して作ったWebサービスが世の中に届き、多くの人がそれを使ってくれる時は最高にやりがいを感じるでしょう。

Webマーケター

Webマーケティングの醍醐味は「数字で成果が分かる」という点です。たとえば、自分が書いた記事が1ヶ月何人に読まれたか、その記事からどれくらい商品を購入するに至ったか、などが数字で分かる時は非常にやりがいを感じます。他にも、自分が出稿したWeb広告から何人が購入まで至ったかなど。

Webデザイナー

Webデザインでは、お客さんのリクエストを上手にデザインへ落とし込み、それを喜んでもらえた時に最もやりがいを感じます。自分がゼロから考えて創り上げた作品が、世の中に出る時も非常に嬉しい気持ちになります。

家で働きたい人におすすめ!Web系の職種5選

「仕事に行きたくない…家にいたい」と思うのであれば、家で働ける仕事に転職するのが1番よいのでは?

と、僕は思います。

【参考記事】:一人でできる仕事で高収入なのはWeb系!職人になって無双しろ

なぜなら、実際に僕も「家で働きたい」という想いを叶えるために、Webマーケターになったからです。

家で働けるWeb系の職種5選
  1. エンジニア
  2. Webマーケター
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. 営業職(オンライン)

上記の職種は、一般的に出社が必要ないケースが多く、めちゃくちゃ自由な働き方をしている人が多いです。(ガチな事実)

出社も出社で「メリハリがつく」などメリットはありますが、やはり自宅でのんびりと仕事ができるのは最高ですよ…

ということで、それぞれの仕事(職種)について見ていきましょう。

エンジニア

エンジニアとは?ひとことで!

プログラミングコードを書いて、Web・IT系のサービスを開発する人のことです。

エンジニアと一口に言っても以下のように種類がありますが、最もリモートワークが実現しやすいのは「Web制作」です。

・Webアプリ開発
・Web制作
・AI開発
・機械設計
・Iot開発

Web制作だけでなく、Webアプリ開発も、最初から家で働ける可能性は充分にあります。

Webマーケター

Webマーケターとは?ひとことで!

Webサイト、SNS、YouTubeなどを使って、人を集客してモノ・サービスを売る人のことです。

エンジニアと同様、Webマーケターにも以下のような種類があります。

Webマーケターに関しては、どれもフルリモートで働ける場合が多いです。

・SEO(Google)
・Web広告運用(Google、Yahooでの広告)
・SNSマーケティング
・SNS広告運用(Instagram、Twitter、YouTubeでの広告)

エンジニアは向き不向きがありますが、Webマーケティングは、SNSやGoogleを日頃からよく使う人なら『苦』にはならないです。

Webデザイナー

Webデザイナーとは?ひとことで!

Webサイト・Webアプリなどのデザインを考え、目に見える形にする人のこと。

Webデザインに関しては、Webサイト制作・Webアプリのデザイン・バナー制作などがあります。

特に女性で、「出社したくない。家で仕事をしたい」という人には、超絶おすすめできる職種(仕事)です。

正社員でもフリーランスでも、出社するケースはかなり少ないです。かつ、仕事としてのやりがいも感じやすいですね。(デザイン自体が好きな人にとっては)

デザインに少しでも興味がある人は、1度チャレンジしてみるとよいでしょう!

Webライター

Webライターとは?ひとことで!

企業のWebサイトに掲載する「ブログ記事」を書く人のこと。

Webライターは、エンジニアやWebマーケターと比較しても、難易度が最も低い職種です。

早い人は、2ヶ月後くらいにWebライターとして月20万円〜30万円以上稼げるようになれます。

副業として始める人が多いですが、正社員としてWebライターを務めるのも全然ありですね。正社員の場合でも、家で働くのが基本スタイルです。

文章を書くことが好きな人は、まず始めてみるとよいです。

営業職(オンライン)

最近では、営業職でもオンラインでセールスを行うところが多いです。

コロナ前は『対面の営業が当たり前』の世界でしたが、今はもう違います。

以下はベルフェイス株式会社が調査したものですが、明らかにオンライン営業の割合は増えてますね。

また、フルリモートで働ける求人に特化した転職サイトも登場しており、営業職もオンライン化が進んでいます。

フルリモート求人特化型転職支援サイト【ReWorks(リワークス)】

「仕事行きたくない..家にいたい」←コレを実現するには?

結論、「仕事に行きたくない…家にいたい」という人は、Web系のスキルを習得すればOKです。

Web系の職種であれば、出社もほぼないですし、かなり自由な働き方ができますよ。

※たとえばWebアプリ開発の企業では、出社を命じられる可能性もあります。会社によって全く違うので、一概には言えないです。
しかし、フリーランス(独立)であれば、出社は一切する必要なしです。

「家でのんびり仕事をする」←コレを実現するには?
  1. リモートワークがしやすい仕事で、自分が興味を持てるモノを探す
  2. オンラインスクールを受け、スキルを身につける
  3. 転職する(独立する)

筆者は、大学4年時からWebマーケターとして働いているので、1度も出社をしたことがありません。

なので断言できますが、Web系の職種を目指せば「家でゆっくり、のんびり仕事をする」のを実現できますよ。

手順①家でもできる仕事で、興味が持てるものを探す

まず第1にやるべきことは、リモートで働ける仕事の中で「自分が興味を持てる仕事を探す」ことです。

以下の職種に就ければ、「あー、今日も仕事行きたくない…家にいたいわ。」と思うことはなくなるはずです。
僕はWebマーケターとして1年以上働いていますが、1度も思ったことはありませんよ。

リモートで、のんびりと働ける職種(仕事)
  1. Webエンジニア
  2. Webマーケター
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. オンライン営業

まずは上記のなかで、自分が1番興味を持てるものを見つけましょう。

※文字を読むだけでは、自分が興味を持てるかも分からないと思います。そーいう場合は、次に紹介するオンラインスクールの無料体験・無料相談を受けてみるのもよいでしょう。

手順②オンラインスクールを受けて、スキルを習得

興味が持てる・挑戦してみたい職種(仕事)が見つけられたら、あとはスキルを習得するだけです。

特にWeb系のスキル職は、3〜5ヶ月あれば、仕事としてこなせるレベルにはなれます。

以下に僕が厳選したおすすめのオンラインスクールを載せておきます。どのスクールも無料体験・無料カウンセリングが受けれるので、1度話を聞いてみるだけでもオススメします。

プログラミングが無料で体験できるスクール

  1. CodeCamp
  2. テックパートナーズカレッジ
  3. テックアカデミー
  4. 侍エンジニア塾

Webデザインを無料で体験できるスクール

  1. SHElikes(女性向け)
  2. CodeCamp
  3. 侍エンジニア塾

Webマーケティングについて無料で聞けるスクール

  1. WEBMARKS
  2. マケキャン(DMM MARKETING CAMP)
  3. Wannabe Academy

手順③転職活動 or 独立

3〜4ヶ月オンラインスクールで学んだら、次は転職活動をしましょう。

もしくは、いきなり独立してみるという選択肢もあります。

筆者の僕は、大学4年時にWebマーケターとして独立しています。

どこのオンラインスクールでも、転職保証があるため、心配する必要は特にないでしょう。(もちろん自分の努力は欠かせません)

たとえば、大手DMMが運営するWebマーケティングスクール「マケキャン」では、以下のように転職保証があります。

また僕が受講したWEBMARKSでは、就職お祝い金というものもあります。

Web系のスクールは、転職者向けのサポートが非常に充実してます。

まとめ:出社が嫌なら、Webスキルを身につければOK

「仕事に行きたくない…家にいたい」「あー今日も仕事か..出社したくないな」

こんなネガティブな気持ちを、365日持ち続ける人生ってどうなんでしょう?

少なくとも、僕は絶対に嫌ですね(泣)
どうせ仕事をするなら、楽しく、のんびりと良い気分でしたいものです。

「楽しく、のんびり仕事をするなんて無理でしょ」と思うかもしれませんが、Web・IT系の職種なら可能です。

  1. リモートで働ける仕事で、自分が興味の持てる仕事を見つける
  2. オンラインスクールを受けて、スキルを身につける
  3. 転職する or 独立する

この順序で進めば、ほぼ間違いなく自由な働き方を実現できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です