一人で開業できる仕事を女性向けに4つ厳選!資格の勉強は必要なし。

一人で開業できる仕事を女性向けに解説

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学生の時に自分一人で独立(開業)をし、周りにも女性で開業した人が多くいます。

自分が今している仕事は、企業のWeb集客支援です。

当時は大学生だった僕でも、たった一人で開業できたので、今時代はかなり独立しやすいなと思いますね。

それはさておき、今回は以下のように思っている人の悩みを解決したく、記事を書きました。

  • 女性でも簡単に一人で開業できる仕事は何があるかな?
  • 金銭的なリスクを追わずに女性が開業できる仕事はないかな…..

結論から言うと、一人で開業できる仕事で女性向けのものは意外とあります。

この記事では「税理士」「医者」「飲食店」のような、資格が必要なものは一切紹介しません。資格なし&未経験でも、問題なく開業できる仕事だけを紹介しています。

本記事の内容まとめ
  • 「女性が一人で開業できる仕事」に共通すること
  • 一人で開業できる仕事を女性向けに5つ厳選
  • 一人で開業できる仕事の中で女性に最もおすすめなのは「結婚相談所」
  • 一人で開業したい人が最初にやるべきこと


この記事を読んだ後には、さっそく開業に向けて動き出せるはずです。

2分で読めるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

「女性が一人で開業できる仕事」に共通すること

さっそく「女性が一人で開業できる仕事」を紹介したいところですが….

まずは、一人で開業が可能な仕事に共通する3つのことを解説します。今から開業するなら、この3つに当てはまるものがいいかなと思いますね。

「女性が一人で開業できる仕事」に共通すること
  1. 時間と場所にとらわれない
  2. 借金をする必要がない
  3. 利益率が90%以上と高い


筆者は現在「Webマーケティング(Web集客)」を仕事にしていますが、上記3つどれも当てはまっています。

このようにリスクがない仕事だからこそ、大学生だった自分でも開業できました。

ということで、それぞれ1つずつ見ていきましょう。

時間と場所にとらわれない

時間と場所にとわられずに働けるのは、今回紹介する「女性が一人で開業できる仕事」に共通することです。

後ほど紹介する、「結婚相談所」「Webデザイナー」など、どれも働き方が自由すぎますね。

筆者は働く時間も場所も決められていないので、毎日好きな時に仕事をして、好きな時に趣味のサーフィンをしています。

ただ、自由を手にすると言うことは、同時に責任もともないます。時間を売ってお金を稼ぐわけではなく、自分のスキル(サービス)を売っていかない限り、お金は稼げないからです。

借金をする必要がない

今回紹介する「女性が一人で開業できる仕事」は、どれも借金をする必要がありません。

例えば、飲食店や美容院などで開業する場合、当然ながら店舗が必要になるので、多額な借金をする必要がありますよね。

一方で、後ほど紹介する「結婚相談所」や「Webデザイナー」などは、大きなお金がかかることはありません。

かかる費用は、お世辞抜きでパソコン代くらいですね。

それほどリスクが低いですし、開業して失敗しても失うものはないと言ってもいいくらいです。

利益率が90%以上

後ほど紹介する「女性が一人で開業できる仕事」は、どれも利益率が90%以上になります。

以下は「結婚相談所」を一人で開業した場合の利益率です。

引用:https://www.nakoudonet.com/kaigyo/

他のWebデザイナー、Webライターも利益率は90%以上が普通です。

なんと言っても、店舗代や人件費がまったく必要ないのが大きいと思いますね。

もし一人で開業するのであれば、利益率の高い仕事を選ぶほうが無難です。

一人で開業できる仕事を女性向けに4つ厳選

さて、今回は「一人で開業できる仕事」を女性向けに5つ厳選しました。

特に、結婚相談所とWebデザイナーは、女性の割合が非常に多いです。

女性向け!一人で開業できる仕事5選
  1. 結婚相談所の経営
  2. Webデザイナー
  3. Webライター
  4. Webマーケター


それぞれメリットとデメリット、開業までの方法を紹介していきますので、1つずつ見ていきましょう。

結婚相談所の経営

女性が一人で開業できる仕事として、まずオススメできるのが「結婚相談所」です。

結婚相談所とは、結婚を希望する独身の男性・女性の会員に、結婚を前提とした出会いを提供するのが主な仕事です。お見合いの日程調整、交際から結婚までのフォローもおこないます。

結婚相談所として開業するメリット
  • 特別な専門スキルが必要ない(センスや勉強があまり必要ない)
  • 年齢が関係ないため、歳をとっても続けられる
  • 今後も需要が高いため、仕事に困ることはない
結婚相談所として開業するデメリット


女性一人で結婚相談所を開業する場合、全国結婚相談事業者連盟にて研修を受ける必要があります。

最短1ヶ月で開業まで進めるため、「早く開業して稼ぎたい」という人にもオススメですね。

個別で無料説明会も受けることができるので、興味がある人は今のうちに申し込んでおくといいかと思います。

≫≫結婚相談での開業について無料相談してみる

Webデザイナー

つづいて、Webデザイナーも女性が一人で開業するのにオススメの仕事です。

Webデザイナーとは、主に企業や店舗のWebサイト、広告のデザインをすることが仕事内容です。ただ、結婚相談所とは違い、プロとしての「Webデザインスキル」が必要になってきます。

Webデザイナーとして開業するメリット
  • デザインが好きな人は「楽しく」仕事ができる
  • 経験を積むほど専門スキルが身につく
  • 今後も需要が高いため、仕事に困ることはない
Webデザイナーとして開業するデメリット
  • 開業できるレベルになるまで3ヶ月はかかる
  • 経験と実績がない最初は、仕事を獲得するのが難しい


今からWebデザイナーを目指すのであれば、デジタルハリウッド STUDIOSHElikesを受講してWebデザインを学習する必要があります。

Webデザインのプロとして開業できるまでには、少なくとも3ヶ月〜6ヶ月はかかりますね….

独学ではまず不可能なので、Webデザインスクールを受けるのは必須レベルです。

以下に、Webデザインスクールの公式サイトを載せておくので、興味がある人は無料説明会を受けることから始めましょう。

公式サイト⬇︎
https://liginc.co.jp/studioueno/

公式サイト⬇︎
https://shelikes.jp/

Webライター

Webライターは、Webデザイナーよりも難易度が低く、女性が一人で開業しやすい仕事です。

Webライターとは、主に企業がWeb集客で必要とするコラム(ブログ)記事を作成するのが仕事です。

Webライターとして開業するメリット
  • 文章を書くのが好きな人は「楽しく」仕事ができる
  • 仕事自体は難しくないため、初心者でも始めやすい
  • 書けば書くほどお金を稼げる
Webライターとして開業するデメリット
  • 参入障壁が低いので、ライバルが多い
  • 経験と実績がない最初は、仕事を獲得するのが難しい


Webライティング未経験の女性が、今からWebライターとして開業を目指す場合、SHElikesの受講がおすすめですね。

WebライターはWebデザイナーよりも難易度が低く、1ヶ月ほど学習すれば開業できるレベルになれるかと思います。

独学でも可能ですが、かなり効率が悪いので、SHElikesでプロのWebライターから教わる方がいいでしょう。

≫≫とりあえずSHElikesで話を聞いてみる

Webマーケター

Webマーケターは、最近需要がかなり高く、女性でも一人で開業できる仕事ですね。

Webマーケターは、企業のWeb集客を支援するのがメインの仕事内容です。Google、YouTube、SNSなどを使って広告やコンテンツを配信します。

Webマーケターとして開業するメリット
  • 数字を伸ばすことが好きな人は「楽しく」仕事ができる
  • 企業の売上に直結するためやりがいがある
  • SNS、動画、ブログが好きな人には向いている
Webマーケターとして開業するデメリット
  • 最低でも3ヶ月は集中して学習が必要
  • 未経験からだと、独立は難易度が高い
  • 経験と実績がない最初は、仕事を獲得するのが難しい


正直、Webマーケターは未経験から独立(開業)するのは非常に難易度が高いです。

僕自身は、大学生の頃にWebマーケターとして独立しましたが、個人的にはオススメできません。

ただ、将来的にWebマーケターとして独立するのであれば、まず会社員としてWebマーケターを目指すのがいいですね。

【参考記事】:転職支援に強いWebマーケティングスクール4選!書類通過率1.3倍UP?

一人で開業できる仕事の中で、女性に最もおすすめなのは「結婚相談所の開業」

ここまで、女性が一人でも開業できる仕事を4つ紹介してきました。

しかし、個人的には「結婚相談所での開業」が最もおすすめです。

女性が開業するなら結婚相談所がおすすめな理由
  1. 実績やスキルなどが必要ない
  2. 需要が今後も伸び続ける
  3. 働く時間を自分で決められる
  4. 自宅で仕事ができる

特別な専門スキルが必要ない

結婚相談所として開業する場合、特別な専門スキルは必要ありません。

一方で、WebデザイナーやWebライターは、その分野のスキル(知見)が必要になります。

結婚相談所であれば、以下のスケジュールで全国結婚相談事業者連盟から研修を受けるだけでOKです。

引用:https://www.nakoudonet.com/kaigyo/

また、結婚相談所の仕事内容も、まったく難しくありません。

結婚相談所の主な仕事内容
  1. 会員(お客様)入会後のプロフィール作成
  2. お見合い相手の紹介
  3. お見合いの開催から交際までのサポート
  4. 交際カップルのフォロー
  5. プロポーズから成婚後のサポート


上記の通り、難しい仕事ではないですよね。

始める人の大半が未経験ですし、全国結婚相談事業者連盟(TMS)に加入すれば、誰でも開業(起業)ができます。

公式サイト⬇︎
https://www.nakoudonet.com/kaigyo/

需要が今後も伸びていく

日本人の未婚率は年々と上昇しており、30〜34歳の男性は、2人に1人くらいが未婚なのです。

以下の傾向が下がらない限り、結婚相談の需要は今後も伸びていきます。

引用:https://www.nakoudonet.com/kaigyo/

そもそも、多くの未婚者が結婚しない理由として大きいのが「出会いがないから」であり、その問題を解決するのが結婚相談所の役割です。

需要が伸びていく限り、仕事がなくなることもないため、今から女性が一人で開業するならオススメできる仕事です。

働く時間を自分で決められる

結婚相談所として開業する場合、働く時間は自由です。

営業する時間や定休日などに決まりがないため、自分のペースで仕事ができるのも良い点ですよね。

また、働く時間が自由ということは、副業からでも始められるということにもなります。

今の仕事をすぐに辞めなくても、結婚相談所は開業することが可能です。

全国結婚相談事業者連盟(TMS)では、無料の個別説明会もおこなっているので、早く開業したい人は話だけでも聞いてみるといいでしょう。


≫≫結婚相談での開業について無料相談してみる

常に家でできる

働く時間が自由なことに加えて、結婚相談の仕事は家で完結します。

もちろん、新しく人を雇う場合は事務所が必要になってきますが、一人であれば自宅を事務所にすればOKです。

飲食店や美容院などとは違い、家で仕事ができるのも結婚相談所を開業するメリットの1つと言えます。

一人で開業したい人が最初にやるべきこと

もし、あなたが一人で開業をしたいのであれば、最初にやるべきことは以下の2つです。

  1. まずは無料で話を聞いてみる
  2. 副業として始める

今の時点で何をするか決まってないのであれば、①は特に時間をかけてじっくりやるべきです。

筆者は大学生の頃、独立をしようと行動スタートした際、まずは自分が知らない業界の人から話を聞く機会を作りました。

結果的に、WebマーケティングスクールのWEBMARKSを受講することにし、3ヶ月後には開業できましたよ。

その話はさておき、一人で開業したい人が最初にやるべきことを2つ解説していきます。

まずは無料で話を聞く

「何で開業したいか分からない」「自分には何が向いてるのか分からない」

現段階で、上記のように思ってる人は、とにかく自分が未経験の業界の話を聞きましょう。

今回紹介した仕事においては、それぞれ以下で無料相談ができます。

①結婚相談所
https://www.nakoudonet.com/kaigyo/

②Webデザイナー
https://liginc.co.jp/studioueno/
https://shelikes.jp/

③Webライター
https://shelikes.jp/

④Webマーケター
https://webmarks.co.jp/

個人的には、どれか1つに絞るというよりも、2〜3つ無料相談をしてみるのがおすすめです。

女性が一人で開業を目指すのであれば、まずやるべきことはプロから話を聞くことに限りますね。

副業として始める

いざ開業をするとしても、わざわざいきなり会社を辞めて、独立する必要は全くありません。

それだとリスクが高いですし、今回紹介した仕事は全て副業として始めることができます。

ただ、副業としてやる場合でも、いきなり独立する場合どちらにせよ、開業freeeを使って開業届を提出することは忘れずにやりましょう。

結論、まずは副業から始めてみて、「これはいけそうだ」と思ったら、思い切って独立すればいいのです。

まとめ:一人で開業できる仕事は女性に向いてるものが多い

今回紹介した一人で開業できる仕事は、どれも女性にとって挑戦しやすいものです。

自宅で完結しますし、大きな資金も必要ありません。

特に結婚相談に関しては、特別な専門スキルも必要ないため、未経験でもかなり挑戦しやすいですね。

WebライターやWebデザイナーもいいですが、これらは参入障壁も若干高く、いつまで需要が続くかも不明です。

結婚相談は「今後も需要が落ちることはない」ということがデータでも分かっており、歳をとっても仕事に困ることがないと言えます。

個人的には今回紹介した4つの仕事で、結婚相談所の開業が1番おすすめです。

公式サイト:https://www.nakoudonet.com/kaigyo/

上記の全国結婚相談事業者連盟(TMS)では、無料の個別説明会もおこなっているので、興味がある方は1度話を聞いてみることを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です