一人でできる仕事で高収入なのはWeb系!職人になって無双しろ

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学3年まではスーパーやアパレル店で働いていましたが、Webマーケターになってから一気に人生が変わりました。ちなみに、Webマーケティングは、一人でできる仕事で高収入です。

最近はテレワークが当たり前になり、家で一人でできる仕事も増えましたね。

しかしながら、出社がある人仕事で悩む人などは不思議なことに多いです。

・もう会社しんどいし、一人でできる仕事で、高収入なのってないのかな?
・もう仕事で誰とも関わりたくない。一人で黙々と仕事したいわ。

このように悩んでる人も多いのでは?
ぶっちゃけ、このコロナ時代では、一人でできる仕事で高収入なものは多いですよ。

本記事の内容まとめ!
  1. 一人でできる仕事で高収入なのはWeb系に多い!
  2. Web系の仕事は職人型(職人と言っても美容師などとは違う)
  3. 一人でできる仕事で高収入な職業5選

4分あれば読める記事となっています。この記事を読み、転職・独立に向けて行動してもらえると僕はとても嬉しいです。

では、見ていきましょう。

一人でできる仕事で高収入なのはWeb系【結論】

結論として、一人でできる仕事で高収入なのはWeb系に多いです。

筆者の僕は、大学4年時にWebマーケティングを猛勉強し、23歳の時点で月50万円の収入を得ることもできました。

【インタビュー記事】:内定ゼロから一転、大学卒業前にウェブマーケターデビュー ウェブ解析士

今どの企業も、Webの人材が不足しています。エンジニア・Webマーケター・Webデザイナーなど、全てそろっている企業のほうがめずらしいですね。

だからこそ、企業は多くのお金を払ってでも、Webの人材が欲しいのです。

【参考記事】:頭を使う仕事4選!体を使う仕事をするより、今後は稼げます。

需要が爆発しすぎている

Web系の需要はとにかく伸びています。

以下はWeb広告の市場推移なのですが、ずっと右肩上がりで伸びていますよね。

Webマーケティング(Web広告)の市場が伸びているということは、同時にWebデザイナーWebライターが必要になるということです。

出典:矢野経済研究所調べ(www.yano.co.jp)

これだけ伸びているので、当然高収入にもなるのです。

独立もめっちゃしやすい

一人でできる仕事で高収入なWeb系は、独立もしやすいです。

フリーランスになる人も増えており、ほとんどがWeb系の仕事をしている人だと言えます。

出典:フリーランス実態調査2021

スキルと仕事を取れる力さえあれば、誰でもフリーランスとして食っていけます。

自分は大学生の時からフリーランスのWebマーケターとして活動してました。(今は正社員)
Web系じゃなかったら、独立など無理でした(笑)

Web系はとにかく職人気質な人が多いです

Web系の仕事をしている人は、職人気質な人が多いです。

専門性が必要な業界なので、仕事をしていると勝手に職人みたいに夢中になる人が多い印象。

僕はブログ(Webマーケティング)を仕事にして、1年経ちます。毎日ブログを書いているので、ブログの職人と呼ばれてもいいレベルです。

職人気質になるということは、嫌々と仕事をする人も少ないということですよね。Web系の仕事は、ハマると本当に夢中になりますよ。

「この分野だけは負けないよ」という人が多い

Web系の仕事と言っても、プログラミング・Webマーケティングなどがありますが、それぞれ特徴が全然ちがいます。

  • 「SEO(Webマーケティング)のスキルなら、誰よりも高い」
  • 「Webデザインなら私に任せてください」

こんな感じで、職人気質な人が多いんです。

最初から職人気質になるわけではなく、長く働いていると、自然に職人気分になります。

プログラミングに関しては、好きじゃないと絶対続きません。

実際にプログラミングを体験すれば、「なるほど。これは職人気質になるわ。」と感じるはず。

みんな仕事を楽しんでいる

Web系の仕事をしている人は、基本みなさん楽しみながら仕事をしています。

「今日も仕事かぁ…」「出社しんどいわー」という人は、誰も出会ったことがないです。

※Web系でもブラックな会社は少数ありますが。

【参考記事】:「仕事行きたくない..家にいたい」なら、Web系に転職するべき

僕の場合は「Webマーケター」なのですが、Googleでブログ記事を上位表示するのが最高に楽しいんです。

これをSEOと言いまして、たとえば「仕事 だるい」と検索するときに、仕事の悩みを解決する記事を上位に表示させることです。

エンジニアに関しても、何かを開発するのが好きな人は、1日中夢中になってますね(笑)

エンジニアに向いてるかどうか?は実際に体験してみればわかると思います。

3ヶ月あれば実務レベルの力がつく

「職人」と聞くと、マニアックで難しそうというイメージを持つ人もいるでしょう。

しかし、Web系の職種は、3ヶ月しっかり勉強すれば実務レベルの力がつきますよ。

Web系のスクールのカリキュラムも、3ヶ月で組まれているところが大半です。

ただ、その後さらに成長するためには、常に勉強が必要です。

一人でできる仕事、かつ高収入で最高なWeb系ですが、常に進化する姿勢が欠かせません。

一人でできる仕事で高収入な職業5選

今から将来性の高い仕事につく方法

さて、ここからは一人でできる仕事で高収入な職業5つを紹介。

税理士や医者なども一人でできる仕事ではありますが、資格も必要ですし、大半の人には不可能です。

一方で、以下のWeb系は資格も必要なく、文系人間でも目指せます。

一人でできる&高収入な仕事
  1. Webエンジニア
  2. Webマーケター
  3. Webライター
  4. Webデザイナー
  5. 動画編集者

ということで、1つずつ見ていきましょう!

Webエンジニア

Webエンジニアは一人でできる仕事、かつ年収1000万円以上が目指せる職種です。

しかし、年収1000万円稼げるエンジニアになるには、3年以上の実務経験が必要ですね。

【仕事内容】

プログラミングコードを書き、WebアプリやWebサイトを開発するのが仕事内容です。

物作りや新しいものを開発するのが好きな人には向いていますよ。

Webマーケター

Webマーケターは、エンジニアよりも文系向きと言え、独立すれば年収1000万円は狙えます。

筆者はWebマーケターですが、23歳の時点で月収40〜50万円を達成できました。しかし、安定的に月50〜100万円くらいのレベルになるまでは、数年必要です。

【仕事内容】

Google・SNS・YouTubeを使い、Web上で集客をするのが主な仕事内容です。(ブログ記事を作ったり、広告を運用したり)

SNSやブログが好きな人、数字を伸ばすことに夢中になれる人は向いています。

Webライター

Webライターは副業で稼ぐ人が多く、独立しても年収600万円以上は可能です。

文字を書けば書くほど稼げるので、頑張り次第で収入も上がると言えますね。

【仕事内容】

一言でまとめると、企業のブログ記事を書くのが仕事内容です。他には取材・インタビューをするパターンもあります。

文章を書くことが好きな人には、最高の職業です。

Webデザイナー

Webデザイナーは、ここ数年で需要がかなり増しており、女性の人の割合が多い職種です。

スクールも充実してるので、未経験から独立することもできますよ。以下は知人のWebデザイナーの人にインタビューした記事です。

【仕事内容】

WebサイトやWebアプリのデザインを考え、アイデアを目に見える形にするのが仕事内容です。

デザインに少しでも興味がある人は、絶対に1度チャレンジするべきです。

動画編集者

動画編集はYouTubeが盛り上がってきた2〜3年前から、需要が爆発しました。

しかし、ただ単に動画を編集する人はあふれるほど存在します。長く見てもらえる動画の構成をディレクションできたり、YouTubeSEOの知識がある人が求められてきています。

【仕事内容】

動画の素材をツールを使って編集したり、文字を入れたり、とにかく細かい部分までこだわります。

動画を作るのが好きな人、見るのが好きな人には向いてるでしょう。

まとめ:Web系のスキルを身につけて職人になろう

お世辞抜きで断言します。Web系のスキルを身につければ、本当に人生がガラリと変わります。

しかもWeb系のスキルは3ヶ月で身につきますし、神ってる仕事だと思いませんか?

僕は大学4年までスーパーで月4万しか収入がなかったですが、Webマーケターになってから大学生なのに月20万円以上稼げるようになったのです…

一人でできる仕事で高収入な職業は、Web系以外ありません。今後の需要を考えてもWeb系を僕はおすすめしています。

ぜひ行動を起こして、人生の幅を広げてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です