【2022年版】マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本!もう仕事には困らない。

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学生の時にウェブ解析士Google Analytics個人認定資格の2つを取得し、人生が激変した23歳の男です。

この2つの資格を取得したこと、またWebマーケティングのスキルを習得したことによって、大学生の時から月30万円以上の収入がありました。

大学生の時にウェブ解析士を取得し、実際にお金を稼いで分かったのですが、日本にはマイナーだけど一生食べていける資格が意外とあるんだなと…

その前までは、会計士やパイロットのような高難易度の資格でないと、年収1,000万円超えとかはきついだろうと思ってました。

しかし、そんなことはないということを23歳の時点で知ることができました。

・みんなが知らないような、マイナーだけど一生食べいける資格なんてあるの??
・資格の取得がそんなに難しくなくて、稼げる資格ってないの?

本記事では、上記のような人向けに、『マイナーだけど一生食べていける&稼げる資格19本』を紹介していきます。

本記事の内容まとめ!
  • マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本中の5本【IT系】
  • マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本中の5本【Web系】
  • マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本中の5本【国家資格系】
  • マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本中の4本【その他】
  • 資格の取得とスキルの習得ができるIT・Webスクール4つ

4分あれば読める記事なので、ぜひ最初から最後までゆっく〜りと読んでみてください。

※筆者は、ウェブ解析士とGoogle Analytics個人認定資格を、大学生の時に取得し、当時から月30万円以上の収入がありました。なので、本記事の説得力はあるはずです。

本題に入る前に…先に「結論」を知りたい人へ。

結論を言ってしまうと、マイナーで稼ぎやすい資格は「IT・Web系」に多いです。

マイナーなのに稼ぎやすい「IT・Web系」の資格

それぞれ、取得の難易度はまったく高くないことに加え、転職もしやすいのです。

でも、なぜ「IT・Web系」がよいのでしょう?

この答えは、ITの需要が高いにも関わらず、人手不足が深刻だからです。

この図を見てもはっきりと分かりますよね。

引用:経済産業省

上記からわかるように、今から一生食いっぱぐれない資格をとるなら、IT・Web系1択と言えます。

では、まず筆者の1番オススメする資格、それはCCNAです。

CCNAは、文系の人でも学ぶことができ、一生食いっぱぐれることはない資格の1つです。

CCNAって何?

CCNAとは、ネットワーク関連機器の世界最大手といわれるシスコシステムズ社が実施する技術者認定資格のひとつ。

CCNAの資格があると、設定が難しいIT系の機器(機械)について詳しい人として認められます。理系じゃない人でも問題なく取得できます。


CCNA取得後に目指せる職種としては、ITエンジニアになります。

  • 「この先のためにも、今からITに強い人材を目指したい」
  • 「一生仕事に困らないスキル・資格を今のうちに取りたい」

このように思う人は、無料のプログラミングスクールを受けることをおすすめします。
プログラミングスクールは基本的に受講料が高いですがネットビジョンアカデミーというスクールは受講料が無料です。

公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーでは、CCNAの資格を取得を目指せることに加えて、未経験からITエンジニアを目指すことができます。

ネットビジョンアカデミーでCCNAの資格を取得し、ITスキルを着実に身につければ、この先20年は仕事困ることはまずないと言えます。

  • IT系の資格を取って、一生仕事に困らないスキルを身につけたい
  • この先の人生は長いし、今のうちにITの資格・スキルを習得しておきたい

このように1ミリでも思う人は、まずはじめに無料カウセンリングを受けてみてください。

※ネットビジョンアカデミーは、資格の取得・オンライン学習・就職支援まで全て『無料』です。

そして、ウズウズカレッジというスクールも、個人的にはおすすめです。

公式サイト:ウズウズカレッジ

受講料は月額33,000円で、1ヶ月〜2ヶ月の期間内にCCNAを取得し、転職(就職)まで進むことが可能です。

  • いまのキャリアに不安があるし、手に職をつけて将来性の高い仕事に就きたい
  • 文系だけど、ITエンジニアになって自分の市場価値を高めたい

こんな人は、無料相談だけでもしてみることを推奨します。

※CCNAの資格があれば、この先食いっぱぐれることはないです。

マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本をご紹介!

さて、この記事では、マイナーなのに一生食べていけるすごい資格19本を優しく紹介していきます。

一気に19つをズラっと並べても分かりにくいので、分野ごとにまとめました!

  1. IT系
  2. Web系
  3. 国家資格系
  4. その他

この順番で、1つずつ紹介していきたいと思います。

IT・Web系をなぜ最初に紹介するのかと言うと、この中で最も需要が高く、かつ取得難易度が普通以下だからです。

反対に、国家資格は比較的に合格難易度が高いです。

さて、前置きが長くなりましたが、マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本をみていきましょう!

【参考記事】:人と関わらない仕事を20代向けに4つ厳選!独立も数年以内にできます

【参考記事】:入社してすぐ辞める方法を3ステップで解説!入社3ヶ月で退職はヤバい?

マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本中の5つ【IT系】

まとめ:人と関わらない仕事は今の20代におすすめ

IT系で、マイナーだけど一生食べていけるすごい資格は以下の5つです。

マイナーだけど一生食べていけるすごい資格【IT系】
  1. CCNA
  2. ITパスポート
  3. 基本情報技術者
  4. ネットワークスペシャリスト
  5. Java Silver

保有することで希少価値が高い人材になれるので、ぜひ参考にしてみてください。

記事冒頭でも書きましたが、IT分野は需要が伸びていくにも関わらず、常に人手が足りていません。

かつ、マイナーな資格が多いので、収入が伸びやすかったり、転職しやすかったりしますね。

引用:経済産業省

また、IT系の仕事はフルリモート(在宅ワーク)で完結するものが多いです。

【参考記事】:【2022年版】家にいてお金を稼ぐ方法10選!3ヶ月以内に開業・転職できる

話が飛びましたが、IT系の資格をそれぞれ見ていきましょう。

CCNA

CCNAとは、ネットワーク関連機器の世界最大手といわれるシスコシステムズ社が実施する技術者認定資格のひとつ。

設定が複雑なシスコ社製品の専門知識があると証明できる資格です。

要点・ポイント

CCNAの資格があると、設定が難しいIT系の機器(機械)について詳しい人として認められます。理系じゃない人でも問題なく取得できます。

CCNAが役立つ職業は、ネットワークエンジニアで月収33〜42万円ほど。求人によってはCCNA保持が応募条件になっていることもあります。

資格の難易度★★☆☆☆
勉強時間160時間
目指せる職業ネットワークエンジニア
インフラエンジニア
月収28〜35万円


ITエンジニアへの就職を目指すのであれば、ぜひ取得しておきたい資格のひとつです。

CCNAの取得ができ、プログラミングが学べるスクールとしては、ネットビジョンアカデミーが有名ですよ。

受講料は完全無料で、1ヶ月〜2ヶ月の期間でCCNAを取得し、後に転職(就職)まで進むことが可能です。

公式サイト:ネットビジョンアカデミー
  • IT系の資格を取って、一生仕事に困らないスキルを身につけたい
  • この先の人生は長いし、今のうちにITの資格・スキルを習得しておきたい

このように1ミリでも思う人は、まずはじめに無料カウセンリングを受けてみてください。


※CCNAを取得できるスクールの中で、ネットビジョンアカデミーは唯一の無料です。CCNAの資格があれば、一生食いっぱぐれないと言えます。

ITパスポート

ITパスポートとは、情報処理分野の入門編と位置付けられている資格です。

この資格を保有することで、情報セキュリティー、ネットワークやデータベースに関する知識まで、ITの基礎知識を幅広く習得していると証明できます。

要点・ポイント

ITパスポートの資格があると、ITに関する基礎的な部分を理解している人として認められます。理系じゃない人でも問題なく取得できます。

ITパスポートが役立つ職業は、ITエンジニア、事務職、IT企業の営業職などで、月収20〜30万円ほどです。

資格の難易度★★★☆☆
勉強時間100〜130時間
目指せる職業ITエンジニア事務職IT企業の営業職
月収20〜30万円


未経験からプログラマーやITエンジニアを目指すときに、情報処理の基本を習得しているいうアピールになりますよ!

基本情報技術者

基本情報技術者とは、IT業界で働きたい人の登竜門的な試験として認知度の高い資格です。

ネットワークやセキュリティの基本知識だけでなく、論理的思考力、経営やマネジメントについての知識も試験を通して身に付けられます。

基本情報技術者が役立つ職業は、プログラマーやシステムエンジニアなどで月収25〜42万円ほど。資格手当の相場は5,000〜10,000円となっています。

資格の難易度★★★★☆
勉強時間100〜200時間
目指せる職業プログラマー
システムエンジニア
アプリケーションエンジニア
サーバーエンジニア
Webデザイナー
月収25〜42万円

基本情報技術者は社会人の転職だけでなく、学生の就職活動でも大きなアピールポイントになるので、ぜひ取得しておきたいですね!

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストとは、ネットワーク環境の構築・運用などネットワークに関する幅広い知識を持っていると証明できる資格です。

情報システムの企画からメンテナンスまでの知識を試験を通して身につけられるので、フルスタックエンジニアを目指す人にメリットが大きい資格といえます。

※フルスタックエンジニア=幅広いスキル・知識を持つITエンジニア

要点・ポイント

ネットワークスペシャリストの資格があると、通信端末(スマホやPC等)をつないで情報のやり取りをする技術について詳しい人として認められます。文系の人でも問題なく取得できます。

ネットワークスペシャリストが役立つ職業は、ネットワークエンジニアやITプロジェクトのリーダーなどで月収32〜50万円ほど。資格手当の相場は1万〜2万円となっており、合格報償金は8万円が相場といわれています。

資格の難易度★★★★★
勉強時間70時間
目指せる職業ネットワークエンジニア
インフラエンジニア
ITプロジェクトのリーダー・マネージャー
月収32〜50万円


1発で合格する人は少ないので、何度も挑戦する覚悟で挑みましょう!

ネットワークスペシャリストの資格を取得でき、ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)を目指せるスクールとしては、ウズキャリITがおすすめです。

公式サイト:ウズキャリIT

Java Silver(※筆者1番のおすすめ)

Java Silverとは、プログラミング言語Javaを提供しているオラクル社のJavaの技術レベル認定資格です。

上級者の指導のもとで、開発作業ができるレベルの資格と想定されています。

要点・ポイント

Java Silverの資格があると、プログラミングスキルが実務レベルである人として認められます。文系の人でも問題なく取得できます。

試験を通してJavaアプリケーション開発に必要な基本知識を一通り網羅できるので、Javaプログラマーとしての信頼を得やすくなるでしょう。

※Javaプログラマーとは、Webアプリの開発、Andoidアプリの開発、家電製品の開発を行う職種です。

Java Silverが役立つ職業はJavaプログラマー、実務経験が浅い場合月収22〜28万円、経験を積めば月収39万円ほどを目指せます。

資格の難易度★★★☆☆
勉強時間2〜3ヶ月
目指せる職業Javaプログラマー
月収22〜39万円


Java Silverはグローバルに評価を受けれる資格なので、海外勤務を目指しているエンジニアにとってもメリットになる部分が多いといえます。

もちろん日本国内でも、Java Silverを取得していれば一生仕事に困ることはないです。

Java Silverを取得でき、ゼロからJavaエンジニアを目指せるスクールとしては、0円スクールが最も有名ですよ。

公式サイト:0円スクール

受講料0円でJavaを学べるのは日本で0円スクールのみです。


また0円スクールでは、Java Silverの資格を取得を目指せることに加え、Webアプリケーションの開発スキルも習得できるので、個人的におすすめです。

Webアプリケーションの開発スキルさえ手にすれば、今後20年仕事に困ることはないです。

※他のプログラミングスクールは受講料も高いため、受講者にとって初めはリスクが高いです。

マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本中の5つ【Webマーケティング系】

Webマーケティングの分野で、マイナーだけど一生食べていけるすごい資格は以下の5つです。

マイナーだけど一生食べていけるすごい資格【Webマーケティング系】
  1. ウェブ解析士
  2. 上級ウェブ解析士
  3. Google広告認定資格
  4. Google Analytics個人認定資格
  5. SEO検定

とは言え、「Webマーケティング」について何も知らない人も多いはずです。資格の紹介の前に、簡単に解説させてください。

Webマーケティングとは、Google・SNS・YouTubeなどを使い、ネット集客をすることを言います。(シンプルに説明すると)

分かりやすい例で言うと、よくみなさんも使っているGoogle、Instagramに広告を配信したりなどします。

需要も以下のように拡大しており、今後10年は仕事に困ることがありません。

インターネット広告市場に関する調査を実施(2018年) | ニュース・トピックス | 市場調査とマーケティングの矢野経済研究所

ざっくりまとめると、Webマーケティング系の資格がある人=インターネット集客のプロとして認識されます。


筆者は、学生の頃にウェブ解析士とGoogleアナリィクス個人認定資格を取り、学生ながら月30万円の収入を得てました。

「ん?Webマーケティング何かおもしろそうかも?」という人は、以下の記事もぜひ参考にどうぞ!

転職支援に強いWebマーケティングスクール4選!書類通過率1.3倍UP?

【参考記事】:転職支援に強いWebマーケティングスクール4選!書類通過率1.3倍UP?

【参考記事】:注目のWebマーケティング!独学で稼ぐ方法を23歳のマーケターが解説

ということで、話がそれましたがWebマーケティング系の資格を見ていきましょう!

ウェブ解析士

ウェブ解析士とは、一般社団法人ウェブ解析士協会が運営する民間資格。

アクセス解析など、Webマーケティングの知識をいかして事業を成功へと導く知識を身につけられます。

要点・ポイント

ウェブ解析士の資格があると、ネット集客に詳しい・ネット上でのデータ分析が得意な人として認められます。文系の人でも問題なく取得できます。

受講者が多い=認知度も高いので、転職時に役に立つことが期待できる資格です。

ウェブ解析士が役立つ職業は、Webマーケター・Webコンサルタントなどで月収31〜41万円ほどです。

資格の難易度★★★☆☆
勉強時間2〜4ヶ月(業界経験者は1ヶ月〜1ヶ月半)
目指せる職業ウェブ解析士(Webアナリスト)Webコンサルタント
月収31〜41万円


マーケティング業界への転職を目指している人にとっては、資格取得までの努力も評価され、大きなアドバンテージとなるでしょう。

【参考記事】:Webマーケティング職は30代だとムリ?未経験から120%転職を成功させる方法

ウェブ解析士の取得をすれば「Webマーケター」という職種を目指すことが可能です。

ウェブ解析士とWebマーケティングの仕事は親和性が高く、転職でもアピール材料になります。

ウェブ解析士を個人で勉強しつつ、同時にWebマーケターを目指すのであれば、WEBMARKSの受講がおすすめです。(以下は筆者のインタビュー動画)

※ウェブ解析士は個人で取得する形になり、WEBMARKSの講座内容にウェブ解析士の資格取得講座は含まれていません。

上級ウェブ解析士

上級ウェブ解析士とは、Web戦略やコンサルティングのプロと証明できる資格です。

ウェブ解析士の資格を持っていることが受講条件となっており、Webサイトの全体構成から課題を見つけ、改善・戦略提案をするスキルが求められます。

上級ウェブ解析士が役立つ職業は、Webマーケター・Webコンサルタントなどで月収31〜41万円ほどです。

資格の難易度★★★☆☆
勉強時間1ヶ月半
目指せる職業ウェブ解析士(Webアナリスト)Webコンサルタント
月収31〜41万円


ウェブ解析士を取得した後にさらに知識を身につけたい、Webマーケターとしてスキルアップしたいという人におすすめの資格です。

Google広告認定資格(※筆者1番のおすすめ)

Google広告認定資格とは、Google広告の知識があることを証明できるGoogleが公式に認定している資格です。

要点・ポイント

Google広告認定資格があると、Googleを使ったネット集客に詳しい人として認められます。文系の人でも問題なく取得できます。

ちなみに、現在取得できる『Google広告認定資格』は、以下の内容となっています。

Google広告認定資格の内容
  1. Google 広告の検索広告
  2. ディスプレイ広告
  3. 動画広告
  4. ショッピング広告
  5. Google広告アプリ
  6. Google広告測定

それぞれ合格することで各部門の専門知識があることを証明できます。

Google広告の最新情報を確認できるので、自信を持って広告運用ができるでしょう。

Google広告認定資格が役立つ職業は、Web広告運用コンサルタント、Webマーケターなどで月収23〜28万円ほどです。

資格の難易度★★☆☆☆
勉強時間6資格×6時間=36時間
目指せる職業Web広告コンサルタント
Web広告サポート・アシスタント
Webマーケター
営業職
月収23〜28万円
(独立すれば月収50万〜)
公式サイト:Wannabeアカデミー


Wannabeアカデミーでは、Google広告認定資格を取得でき、加えて「Webマーケティングスキル」も習得できます。

マンツーマンの補講受け放題、かつ最大7ヶ月のサポートがあり、受講料は月々2.2万円です。(※合計税込33万円)

万が一、転職できなかった場合は、受講料の半額が返金される保証もあります。


※Google検索を使う人が激減しない限り、一生食べていける資格になります。

Google広告認定資格を取得し、Webマーケターになれれば、月収50万円は夢でもないです。これに関してはお世辞ではなく、Wannabeアカデミー無料相談で聞いてみると、業界の実態が分かると思います。

Google Analytics個人認定資格

Google Analytics個人認定資格とは、Webサイトのアクセス解析ツールである「Googleアナリティクス」を、業務レベルで習熟していることを認定する資格です。

デジタルマーケティング業界では、Google Analytics個人認定資格の取得を推奨している企業も少なくありません。

それだけ信用されている資格であり、顧客へのアピールポイントとして重要視されています。

Google Analytics個人認定資格が役立つ職業は、Web担当者やWebマーケターなどで月収25〜32万円ほどです。

資格の難易度★★☆☆☆
勉強時間10〜20時間
目指せる職業Web担当者
Webクリエーター
Webマーケター
月収25〜32万円


個人でWebサイトを運用している人にも、Google Analytics個人認定資格を取得するメリットは大きいです。

無料でいつでも受講できる資格なので、ぜひ挑戦してみてください。

ちなみに、WEBMARKSというWebマーケティングスクールでは、Google Analyticsの講座があります。

公式サイト:WEBMARKS

Google Analytics個人認定資格に加え、Webマーケティングスキルがあれば、この先仕事に困ることはないと言えますね。

Google検索・Google Analytics(ツール)に詳しい人は、今後10年勝ち組と言えますし、月収50万円は射程圏内です。


※筆者は大学4年の時にWEBMARKSを受講し、その後、学生ながら月30万円を稼げる力がつきました。

【参考記事】:【体験談】WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

SEO検定

SEO検定とは、一般社団法人全日本SEO協会が主催している資格。

WebサイトをGoogleの検索上位に表示させるための運用方法や知識を持っていることを証明できます。

要点・ポイント

SEO検定があると、GoogleでWebサイトをどうやって上位に表示させるか?を熟知している人として認められます。文系の人でも問題なく取得できます。

企業によってはSEO検定の取得を推奨している場合もあるので、転職にも有利に働くでしょう。

SEO検定が役立つ職業は、SEOコンサルタント・Webマーケター・Webライターなどで月収は25〜57万円ほどと幅広いです。

資格の難易度★☆☆☆☆
勉強時間10〜50時間(上級になるにつれ勉強時間が長くなる)
目指せる職業SEOコンサルタント
Webライター
Webマーケター
月収25〜32万円


ブロガーやアフィリエイターにもSEO検定の知識は役に立つこと間違いなしです!

SEO(Google検索について)を基礎から学べるスクールは、今のところWEBMARKSのみです。

公式サイト:WEBMARKS

「普段からGoogleはよく使うし、なんか面白そう」という人は、1度話だけでも聞く価値はあります。

現在、筆者は「SEOコンサルタント(Webマーケター)」として独立し、月収50万円近くを稼げています。


※SEOの資格・知識があれば、Google検索を使う人が激減しない限り、一生食いっぱぐれることはありません。

マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本中の5つ【国家資格系】

国家資格系のマイナーだけど一生食べていけるすごい資格は以下の5つです。

マイナーだけど一生食べていけるすごい資格【国家資格系】
  1. 通関士
  2. 行政書士
  3. 危険物取扱者
  4. マンション管理士
  5. ファイナンシャルプランナー

年齢関係なく役立つ資格ばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

通関士

通関士とは、財務省が管轄する貿易関連で唯一の国家資格です。

輸出入の書類作成や手続きを代行する仕事で、輸出入をおこなう会社にとって通関士はかかせない存在。

貿易のスペシャリストである通関士は、手続きの代行だけでなくアドバイザーとしての需要も高いです。

通関士の主な就職先は、通関業者や税務事務所、商社などで、月収は38万円ほどとなっています。

資格の難易度★★★★☆
勉強時間6ヶ月
目指せる職業通関士
月収38万円

個人での輸入販売に興味がある人にもおすすめの資格です。

行政書士

行政書士とは、行政書士法より誕生した国家資格で、国民にもっとも身近な街の法律家ともいわれています。

依頼者からの相談を受け、行政へ提出する書類作成・提出代行・アドバイスなど依頼者のトータルサポートを行う仕事です。

行政書士の主な就職先は、法律事務所や会社の法務部などで、月収は21〜33万円ほどとなっています。

資格の難易度★★★★☆
勉強時間8ヶ月(法律の勉強経験がない場合は約1年)
目指せる職業行政書士
月収21〜33万円

家を建てる時、家族の介護、相続の手続きなど行政書士の知識は日常のさまざまな場面でも役に立つことが期待できますよ。

危険物取扱者

危険物取扱者は、消防法で定められた危険物の取り扱い、立ち会いをするたるために必要な国家資格。

資格の種類が、甲種・乙種・丙種の3種あり、それぞれにできる役割が変わってきます。

危険物取扱者の主な就職先は、化学工場やガソリンスタンドなどの危険物取扱者が必要とされる場所、消防署、タンクローリーの運転手など。月収は35〜42万円ほどです。

資格の難易度丙種 ★★★☆☆
乙種 ★★★★☆
甲種 ★★★★☆
勉強時間40〜60時間
目指せる職業危険物取扱者
月収35〜42万円

危険物取扱者を歓迎している求人は多いので、保有しておくことで就職先の幅を広げられますよ!

マンション管理士

マンション管理士とは、その名の通りマンションに関する専門知識を持っている専門家。

マンションに関する相談・助言・管理などのコンサルティング業務を行います。

危険物取扱者の主な就職先は、不動産業などのマンション管理会社。

月収は21〜57万円ほどと幅広く、独立開業した人の中には月収70万円を超える人もいるようです。

資格の難易度★★★★★
勉強時間7ヶ月
目指せる職業マンション管理士
月収21〜57万円

マンション管理士の受講者年齢は40代以上が全体の70%をしめています。

年齢関係なく取得できる資格なので、将来のために受講しておくのもありですね!

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは、税金・投資・住宅ローン・不動産・教育・相続などあらゆるお金のエキスパート。

金融業界や保険業界、証券会社などファイナンシャルプランナーを推奨している企業も多いので、転職にも有利に働くことが期待できます。

ファイナンシャルプランナーが役立つ職業は、ファイナンシャルプランナー・資産アドバイザー・営業職などで、月収は27万円ほど。資格手当として、1〜2万円程度つくことも多いようです。

資格の難易度3級 ★★☆☆☆
2級 ★★★☆☆
1級 ★★★★★
勉強時間80〜150時間
目指せる職業ファイナンシャルプランナー資産アドバイザー営業職
月収27万円

お金の制度に関しては苦手意識を感じる人も多いので、これを機会に知識を蓄えてもいいですね!

マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本中の4つ【その他】

その他のマイナーだけど一生食べていけるすごい資格は以下の4つです。

マイナー中のマイナーですね…

マイナーだけど一生食べていける資格【その他編】
  1. お墓ディレクター
  2. 終活カウンセラー
  3. きき酒師
  4. キャリアコンサルタント

将来的に需要が増えるであろう資格もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

お墓ディレクター

お墓ディレクターとは、一般社団法人 日本石材産業協会が認定する資格。

お墓の種類や形状、石材、歴史、文化などお墓に関する幅広い知識でアドバイスや手配をする仕事です。

最近では、お墓ディレクターがいるお店にマークを出せるようになり、お店選びの選択のひとつとなっています。

お墓ディレクターの主な就職先は、墓石の販売・加工会社や葬祭関連の会社で月収は20〜25万円ほどです。

資格の難易度2級 ★☆☆☆☆1級 ★★★★☆
勉強時間50〜100時間
目指せる職業お墓ディレクター
葬祭ディレクター
月収20〜25万円

現在は認知度が低い資格ですが、高齢化社会が加速するにつれ、お墓ディレクターを必要とする場面も増えると考えられます。

将来を見据えて、今から取得しておくものありですね!

終活カウンセラー

終活カウンセラーとは、一般社団法 終活カウンセラー協会が認定する民間認定資格。

シニアを中心に、終活に関する悩みや疑問解決のためのカウンセリングを行う専門家です。

終活カウンセラーの主な就職先は、葬祭業界・保険業界・士業など。

月収は20〜25万円ほどで、終活に力を入れている会社であれば、資格手当が5万円ほどつく場合もあるようです。

資格の難易度初級 ★☆☆☆☆上級 非公開上級インストラクター 非公開
勉強時間1日(初級)
目指せる職業終活カウンセラー
月収20〜25万円

就活の需要は年々上がってきています。

男女共に業界未経験であっても就職しやすい業界なので、冠婚葬祭業務に興味がある人はぜひ受講してみましょう。

きき酒師

きき酒師とは、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会により認定、NPO法人FBOが公認する提供販売者の資格。

日本酒のセールスプロモーションにおける戦略・企画立案・実施の能力を身につけた日本酒のソムリエです。

きき酒師が役立つ職業は、日本酒ソムリエ、バーテンダー、料理人などで、月収は21〜35万円ほどです。

資格の難易度★★☆☆☆
勉強時間6ヶ月
目指せる職業日本酒ソムリエ
バーテンダー
料理人
月収20〜25万円

試験内容にはテイスティングもふくまれているので、日本酒が好きな人にとって楽しみながら受講できる資格となっています。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとは、学生・求職者・在職者などをカウンセリングを通して、相談者に合ったキャリアの提案や開発をサポートする専門家。

試験に合格し、キャリアコンサルタント名簿に登録された人のみが、キャリアコンサルタントと名乗れます。

仕事紹介というよりも、相談や助言をおこなうカウンセラーに近い仕事ですね。

キャリアコンサルタントの主な就職先は、人材紹介・派遣会社・公的機関などで、ハローワークのキャリアコンサルタントの求人は資格必須であることが多いよう。

月収は21〜28万円、資格手当の相場は1万円ほどです。

資格の難易度★★★☆☆
勉強時間学科 100〜200時間
実技 150時間(厚生労働大臣認可の「キャリアコンサルタント養成講座」カリキュラム)
目指せる職業キャリアコンサルタント
月収21〜28万円

人のサポートをするのが好き、仕事で悩んだ経験を持つ人にとってピッタリの資格といえます。

資格の取得とスキルの習得が同時にできるIT・Webスクール【受講すれば一生食べていけます】

日本国内には、資格の取得とスキルの習得が同時にできる、素晴らしいスクールがあります。

断言します。これから紹介するどれかのスクールを受講すれば、今後10年はずっと食べていけます。

会計士や看護師みたいなメジャー資格より、圧倒的にコスパがいいです

筆者は、大学生の頃にWEBMARKSを受講し、学生時代から月30万円以上を稼いでいました。


さて、話がそれましたが、受講すれば一生食べていけるWeb・IT系のスクール4つを見ていきましょう。

ちなみに、どこも無料でカウンセリングが受けれます。

どのスクールを受けるにせよ、まず最初にカウンセリングを必ず受けることをオススメします。

ウズウズカレッジ【20代&大卒は受講料0円】

ウズウズカレッジは、CCNAが取得でき、未経験からITエンジニア(ネットワーク・クラウド)を目指せるスクールです。

取れる資格CCNA
目指せる職業インフラエンジニア
受講料金19万8,000円
受けるべき人完全未経験からエンジニアを目指したい人


29歳以下&大卒の人は、スクールの受講料が0円になる「特待生プラン」というのもありますよ。

CCNAを取得し、インフラエンジニアに転職すれば、確実に一生食べていけると言えます。

※インフラエンジニアの平均年収は666万円と言われていますが、スキルを磨いて独立すれば『年収800万円』は可能です。

インフラエンジニアに転職し、一生食べていけるスキルを手にしたい人は、1度無料相談を受けてみてもよいでしょう。

ネットビジョンアカデミー【受講料0円】

公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーでは、CCNAの取得が可能です。受講料0円で未経験からITエンジニアを目指せます。

資格取得〜転職(就職)支援まで、すべて0円なので受講者のデメリットはないと言えます。

取れる資格CCNA
目指せる職業ITエンジニア(ネットワークエンジニア)
受講料金0円
受けるべき人お金を1円もかけずに、未経験から
ITエンジニアを目指したい人


ネットビジョンアカデミーでは、1ヶ月間でCCNAの学習を行い、その後希望者は就職(転職)サポートまで受けれます。

もちろん、すべて無料です。

他のプログラミングスクールは、受講料20万〜40万円と高いので、初心者にとってはリスクです。自分はテックアカデミーを受講しましたが、結局挫折しましたので。

ネットビジョンアカデミーであれば、たった1ヶ月でCCNAの取得とITエンジニアとして現場で必要な知識を学べます。

※ネットワークエンジニアの平均年収は475万円と言われていますが、スキルを磨いて独立すれば『年収800万円以上』は可能です。

IT業界で屈指の資格「CCNA」を取得し、一生仕事に困りたくない人は、1度無料説明会を受けてみてください。

WEBMARKS

WEBMAKRSは、ウェブ解析士の取得ができ、未経験から3ヶ月でWebマーケターへ転職できるスクールです。

筆者は、大学生の時にWEBMARKSを受講し、学生時代から月30万円を稼げるようになりました。

【参考記事】:【体験談】WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

取れる資格ウェブ解析士(※資格は個人で取得する形になります)
目指せる職業Webマーケター
受講料金39万8,000円(※期間限定)
受けるべき人・未経験からWebマーケターに転職したい人(SEO)
・スキルと資格を学習し、0から独立(起業)したい人


実際にWebマーケターへの転職が成功した人には、就職お祝い金10万円もプレゼントされます。

なので、実質の受講料金は30万円以下になりますね。

Webマーケティングのスキルとウェブ解析士という資格を持っていれば、あと10年は仕事探しで困ることはないです。

また、2〜3年の経験を積めば、年収700万円以上は目指せます。

※Webマーケターの平均年収は521万円と言われていますが、スキルを磨いて独立すれば『年収800万円』は可能です。

ウェブ解析士とWebマーケティングの仕事は親和性が高く、ウェブ解析士の資格自体は、転職でもアピール材料になります。

ウェブ解析士を個人で勉強しつつ、同時にWebマーケターを目指すのであれば、WEBMARKSの受講はおすすめですね。(以下は筆者のインタビュー動画)


※ウェブ解析士は個人で取得する形になり、WEBMARKSの講座内容にウェブ解析士の資格取得講座は含まれていません。

Wannabe Academy

Wannabe Academyでは、Google広告認定資格を取得でき、未経験からWebマーケターを目指せるスクールです。

【参考記事】:WANNABE Academyの評判は?23歳のWEBマーケターが徹底解説!

取れる資格Google広告認定資格
目指せる職業Webマーケター
受講料金30万円
受けるべき人・未経験からWebマーケターに転職したい人(Web広告)
・スキルと資格を学習し、0から副業・独立をしたい人


月々2万円で分割払いも可能。また、転職できなかった場合は受講料の半額を返金する保証制度もありますよ。

Google広告やSNS広告を運用できるスキルがあれば、今後10年は仕事に困ることはないです。

公式サイト:Wannabeアカデミー

マンツーマンの補講受け放題、かつ最大7ヶ月のサポートがあり、受講料は月々2.2万円です。(※合計税込33万円)

受講後は「副業」としても稼ぐことができますし、もしくは転職サポートを受けることも可能。


Web広告のスキルとGoogle広告認定資格を手にし、Webマーケターへ転職したい人は、まず無料カウンセリングで話を聞いてみるとよいですよ。


※Google広告認定資格・Webマーケティング業界について『無料』で詳しく話が聞けます。

まとめ:Web・IT系の資格が最もおすすめ!稼げる&自由度も高い

結論として、これから資格を取るなら、Web・IT系の資格が最もおすすめです。

理由としては、以下が挙げられますね。

Web・IT系の資格がおすすめな理由
  • 資格の取得難易度が普通以下
  • 数ヶ月しっかり勉強すれば取れる
  • スキルも同時に身につければ、転職もしやすく収入もUP

国家資格のような難易度が高い資格を、1〜2年かけて勉強するなら、Web・IT系の資格を取得するべきですね。

筆者はWebマーケターになってから、ずっと毎日家で仕事をしています。

IT系の仕事はストレスがないことが多いですし、仕事自体が非常に楽しいです!また、スキルと資格があれば、転職するとしても仕事探しには困らないと言えますね。

今回はたくさんの資格を紹介しましたが、筆者が最もオススメする資格はCCNAです。

CCNAは、文系の人でも学ぶことができ、一生食いっぱぐれることはない資格の1つです。

CCNAって何?

CCNAとは、ネットワーク関連機器の世界最大手といわれるシスコシステムズ社が実施する技術者認定資格のひとつ。

CCNAの資格があると、設定が難しいIT系の機器(機械)について詳しい人として認められます。理系じゃない人でも問題なく取得できます。


CCNA取得後に目指せる職種としては、ITエンジニアになります。

  • 「この先のためにも、今からITに強い人材を目指したい」
  • 「一生仕事に困らないスキル・資格を今のうちに取りたい」

このように思う人は、無料のプログラミングスクールを受けることをおすすめします。
プログラミングスクールは基本的に受講料が高いですがネットビジョンアカデミーというスクールは受講料が無料です。

公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーでは、CCNAの資格を取得を目指せることに加えて、未経験からITエンジニアを目指すことができます。

ネットビジョンアカデミーでCCNAの資格を取得し、ITスキルを着実に身につければ、この先20年仕事困ることは絶対にありません。

  • IT系の資格を取って、一生仕事に困らないスキルを身につけたい
  • この先の人生は長いし、今のうちにITの資格・スキルを習得しておきたい

このように1ミリでも思う人は、まずはじめに無料カウセンリングを受けてみてください。

※ネットビジョンアカデミーは、資格の取得・オンライン学習・就職支援まで全て無料です。

そして、ウズウズカレッジというCCNAが取得できるITスクールも、個人的にはおすすめです。

※CCNAとは、ネットワーク関連機器の世界最大手といわれるシスコシステムズ社が実施する技術者認定資格のひとつ。CCNAの資格があると、設定が難しいIT系の機器(機械)について詳しい人として認められます。理系じゃない人でも問題なく取得できます。

公式サイト:ウズウズカレッジ

受講料は月額33,000円で、1ヶ月〜2ヶ月の期間でCCNAを取得して転職(就職)まで進むことが可能です。

  • いまのキャリアに不安があるし、手に職をつけて将来性の高い仕事に就きたい
  • 文系だけど、ITエンジニアになって自分の市場価値を高めたい

こんな人は、無料相談だけでもしてみることを推奨します。

※CCNAを取得できるスクールの中で、ウズウズカレッジは最も受講料が安いです。CCNAの資格があれば、一生食いっぱぐれないと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です