新卒で退職する人の末路3選…新卒で辞めたら人生終わりなのか?

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

Fラン大学在学中にWebマーケターとして独立。その後、新卒1年目の9月に就職をしたものの、6ヶ月でその会社を辞めました。

退職した理由は、海外に移住するためでしたので、仕事環境が悪かったとかではないです…

  • 「新卒で退職した後の末路ってどうなの?無理ゲーじゃない?」
  • 「新卒で辞めたら人生終わりだと思うけど、大丈夫なのかな…」

この記事にたどり着いたあなたは、上記のように悩んでると思いますが…

結論、新卒で退職しても、転職自体は余裕で誰でもできます。理由としては、20代(第二新卒)向けの就職サービスが存在するからですね。

今の仕事を辞めようか悩んでいるなら、転職して「やりがいのある仕事・自分に合う仕事」を見つけたほうがよいです。

本記事の内容まとめ!
  • 新卒で退職した後の末路に対して不安になる必要はない
  • 「新卒で辞めたら人生終わりだ…」と悩む20代が多い理由
  • 新卒で退職する人の末路3選
  • 新卒で辞めたらガチで人生が終わりになるパターン

本記事では、新卒で今の仕事を辞めたい人向けに、上記を解説・紹介していきます。

記事を読み終えた後には、思い切って会社を退職し、新しい自分の道へ進めるはずです。3分あれば読める記事なので、ぜひゆっくりと読んでみてください。

※実際に筆者は、新卒として入った会社を6ヶ月で辞めているため、この記事の説得力はあるかと思います。

新卒で退職した後の末路に対して不安になる必要はない【結論】

「新卒1年目〜3年目で退職したら、その後転職するのは厳しいのではないか…」

このように不安を抱える20代は多いですが、新卒で退職した後の末路について過度に不安になる必要はないです。

理由としては以下の2つがあり、どちらも知っておくべき事実になります。

新卒数年以内に会社をやめても問題ない
  1. 1つの会社に長くいる時代は終わった
  2. 新卒の3人に1人は3年以内に退職

では、それぞれ細かく見ていきましょう。

「1つの会社」に長くいる時代はすでに終わった

日本を代表するトヨタも公表しているように、終身雇用や年功序列の時代はもう終わりました。

要は、新卒で入社した会社で定年まで働く、もはや10年以上勤める時代は終わったと言えます。

なので、べつに新卒で入った会社を数年以内に辞めても、全く不安になる必要はありません。

僕なんて6ヶ月で退職してますし、友人も1年以内に転職して良い人生を歩んでいます。

新卒の3人に1人は3年以内に退職

厚生労働省のデータによると、新卒の3年以内の離職率は31.2%となっており、3人に1人は3年以内に退職しているそうです。

実際に、筆者も6ヶ月で退職していますし、1人の友人も1年で退職しました。

少なくとも、僕は「仕事を辞めたいあなた」の味方ですよ。新卒で入った会社が、自分に合うとは限りませんし。

とにかく、日本人の3人に1人は新卒で入った会社を3年以内に辞めているので、新卒で退職した後の末路に対して不安になる必要はないと言えますね。

今すぐ安心して大丈夫です。

「新卒で辞めたら人生終わりだ…」と悩む20代が多い理由

新卒で入った会社を辞めることに対して、過度に不安を抱える20代は多いです。

しかし、「新卒で辞めたら人生終わりだ…」みたく、ネガティブに考え込む必要は1ミリもありません。

とは言え、「今の会社を辞めて大丈夫かな…」と、悩む20代の気持ちも理解できます。

「自分を受け入れてくれる企業はない」と思い込んでる

新卒で退職することを考えている人の中では、「自分を必要とする企業はいないのでは…」と思い込んでる人もいるはず。

  • 「新卒数年以内に退職したら、またすぐに辞めると思われてしまう」
  • 「新卒で入った会社を辞めたら、転職でも相当不利になる…」

正直、このように思う必要は1ミリもありません。今の時代は就職Shopウズキャリ既卒のような、第二新卒向けの就職サポートも充実しています。

これらの就職サポートに登録している企業は、新卒で会社をやめたいあなたを必要としているので、安心してください。

そもそも転職の仕方・方法がわからない

「今の会社を早く辞めたいけど、退職後どうすれば良いかわからない」

と思ってる人もいるのでは?

これに関しても1人で悩む必要はなく、無料の就職サービスを利用すればOKです。

就職Shopウズキャリ既卒では、新卒数年以内に辞めたい20代向けに書類作成・面接対策・求人紹介まで徹底的に支援してくれますよ。

転職の方法・流れがわからないまま、今の会社を辞めようとしても、それは当然不安になります。

なので、1人で転職しようとはせず、まずはプロに相談するとよいですよ。

新卒で退職する人の末路3選

さて、ここからは新卒で退職する人の末路3つを解説していきます。

先にお伝えしておくと、就職サポートを受けるのも、ITスクールを受けるのも全て無料で可能です。

新卒で退職する人の末路3選
  1. 就職サポート受けて転職
  2. ITスクールを受けてエンジニアへ転職
  3. ニート・フリーターになる


新卒で退職した後の末路としては、上記3つ以外ありません。他にも、海外に旅行などもいいですが、現実的ではないので紹介はしません。

第二新卒向けの就職サポートを受けて転職する

新卒で退職後の末路の1つ目は、「第二新卒向けの就職サポートを受けて転職する」のがあります。

第二新卒向けの就職サポートは、就職Shopウズキャリ既卒が有名です。

※他にも大手のdodaマイナビエージェントなどがありますが、第二新卒に特化したサービスではないため、筆者はおすすめしません。

公式サイト:就職Shop

就職Shopは、大手株式会社リクルートが運営する、20代向けの転職サービスです。

これまでの利用者数は10万人以上となり、約1万社の求人が存在しています。求人自体はすべて未経験者向けのものです。

就職Shopのポイント

就職Shopを経由して求人に応募する場合、書類選考がないため、履歴書で落ちることがありません。学歴・資格での評価はせず、人柄と意欲で評価をしたい企業が多く集まっています。


≫≫就職Shopの公式サイトを見る

公式サイト:ウズキャリ既卒

また、第二新卒向けの就職サポート「ウズキャリ既卒」は、完全無料で就職活動を支援してくれます。

キャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒であったり、ブラック企業を徹底排除しているなど、信頼できるエージェントですね。

ウズキャリ既卒のポイント

ウズキャリ既卒のいいところは、なんと言ってもサポートの手厚さです。筆者も大学卒業後に利用したことがありますが、ほんとうに親のように親身になって支援してくれました。

1人に充てる就職(転職)サポートの時間は平均20時間を超え、大手のエージェントと比べても圧倒的な差があります。


≫≫ウズキャリ既卒の公式サイトを見る

ITスクールを受けてエンジニアへ転職する

個人的に、いま20代の人が転職するなら、ITエンジニアを目指すべきと思っています。

理由はシンプルで、今後20年以上は需要が落ちないからです。かつ、業界自体が伸びているため、努力次第で給料も上がりやすいですね。
※以下を見ても明らか

引用:経済産業省
  • 「ITエンジニアか…自分はITの知識もないし無理だろうな…」
  • 「エンジニアは興味あるけど、自分は文系だし…」

このように思う人もいるかもですが、20代であれば全く問題ありません。最近は無料のITスクールが存在するため、1〜2ヶ月ほど受講すれば転職までスムーズに進めます。

無料のITスクールとしては、『ネットビジョンアカデミー』というところがおすすめです。上場企業が運営しているため、サービス内容も非常に手厚いと言えますね。

公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーでは、たった1ヶ月でITエンジニアのスキル認定資格「CCNA」を取得できます。また、オンライン学習〜転職支援まですべて完全無料です。

  • 20代のうちにIT系の資格を取り、一生仕事に困らないスキルを身につけたい
  • 需要が高いITエンジニアへ転職し、収入を今の2倍〜3倍UPしたい

このように1ミリでも思う人は、まずはじめに無料カウセンリングを受けてみるとよいですよ。

※ネットビジョンアカデミーは、資格の取得・オンライン学習・就職支援まで全て『無料』です。

フリーター・ニートになる

新卒で会社を退職した後の末路として、フリーター・ニートになる道もあります。

人生はたったの1度ですし、20代前半のうちにフリーター・ニートになり、自分の人生についてのんびりと考えるのもよいのでは?

退職後にブランク期間が空いても、20代前半ならそこまで大きな問題にはなりません。

とは言え、フリーター・ニート期間に何もしないのはもったいないので、せっかくなら自分のキャリア(人生)を見直すとよいですね。

自分のキャリア(人生)を見直す機会を作れるサービスとしては『ポジウィルキャリア』がおすすめです。

公式サイト:ポジウィルキャリア

大学生のときの就活で、自己分析やキャリアの設計を本当に丁寧に真剣にやっていた人は少ないのでは?

ポジウィルキャリアは無料カウンセリングを入り口とし、卒業まで

「あなたの今後のキャリア(人生)について、真剣に向き合う」

のが目的のサービスです。

  • 入社前とイメージが違いすぎて、もう辞めたい。けど、次にしたいこともない。
  • 自分は社会人として何を実現したいのか、よくわからない

新卒で退職をするのであれば、ぜひこの機会にポジウィルキャリアを受けてほしいのが筆者の願いです。1回目のカウンセリングだけであれば無料なので、金銭的なリスクは一切ありません。


※あなたの人生・キャリアについて真剣に向き合うためのサービスです。『無料カウンセリング』だけでも受けてみる価値はあります。

新卒で辞めたらガチで人生が終わりになるパターン

「新卒で退職したら人生終わりなのでは…」「新卒で退職したら、次の転職が大変そう…」

このように悩む必要はないと先ほども解説しましたが、以下のようなことになると、ガチで人生が終わる可能性があります。

新卒で辞めたら人生が終わりになるパターン
  1. 退職後なにもせず、20代後半を迎える
  2. 永遠に自分1人で転職活動をする


もし今あなたが20代前半なら大丈夫だと思いますが….

退職後なにもせず、20代後半を迎える

20代前半で退職し、その後、数年以上なにもせずに20代後半を迎えるはやめましょう。

さすがに数年以上のブランクがあると、転職の際にかなり不利になることは確実です。

新卒で退職後、悲惨な末路にならないためにも…

退職後は就職サービスに相談、もしくはITスクールを受けるなど、何かしら行動するようにしましょう。

永遠に自分1人で転職活動をしようとする

新卒で入った会社を退職した後、1人で転職活動するのは非常に無謀です。

ずっと1人で悩んで転職活動をすると…

  • 何社受けても書類すら通らない…
  • 何社受けても落ち、心の病気にかかってしまった…

こんな末路にもなる可能性があります。なので、絶対に1人で転職活動をするのはおすすめしません。

まとめ:新卒で退職後の末路を知ったら、あとは行動するのみ

新卒で退職した後の末路を知れたのであれば、あとは行動するしかありません。

新卒で退職する人の末路3選
  1. 第二新卒向けの就職サポートを受けて転職する
  2. ITスクールを受けてエンジニアへ転職する
  3. フリーター・ニートになる

今の仕事を辞めようか1ミリでも悩んでいるなら、1日でも早く退職し、次のステップへ進むべきですよ。

今回の記事を読み、「あー、意外と退職してもすぐに転職できそう」と思ったのでは?

事実として、特に20代前半であれば、転職で苦戦することはほぼないですね。20代に特化した就職サポートも受けれますし、ITスクールも無料で受講できます。

転職において、20代と30代では大きな違いがあるため、悩んだら即行動することを強くおすすめします。

個人的には、20代で転職をするなら、間違いなくITエンジニアがおすすめ。

  • 「ITエンジニアか…自分はITの知識もないし無理だろうな…」
  • 「エンジニアは興味あるけど、自分は文系だし…」

このように思う人もいるかもですが、20代であれば全く問題ありません。最近は無料のITスクールが存在するため、1〜2ヶ月ほど受講すれば転職までスムーズに進めます。

無料のITスクールとしては、『ネットビジョンアカデミー』が有名です。

公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーでは、たった1ヶ月でITエンジニアのスキル認定資格「CCNA」を取得できます。また、オンライン学習〜転職支援まですべて完全無料です。

  • 20代のうちにIT系の資格を取り、一生仕事に困らないスキルを身につけたい
  • 需要が高いITエンジニアへ転職し、収入を今の2倍〜3倍UPしたい

このように1ミリでも思う人は、まずはじめに無料カウセンリングを受けてみるとよいですよ。

※ネットビジョンアカデミーは、資格の取得・オンライン学習・就職支援まで全て『無料』です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です