社会人3年目でもうやる気ない!?その仕事は絶対に合ってない…

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

新卒で就職せずに独立し、現在はフリーランスのWebマーケターとして活動しています。毎日楽しく働けている23歳です。

最近の時代は、20代で転職する人も増えており、社会人2〜5年目の間で仕事を変える人が多いです。

実際にこの記事にたどり着いた人も、以下のような人でしょう。

・社会人3年目だけど、すでにやる気がないし仕事を変えたい。
・社会人3年目になったけど、毎日モチベーションが上がらない。

社会人3年目は人生においても貴重な時期であり、毎日を「今日もやる気が出ない…」のように過ごすのはもったいないです。

今回は、上記のように悩んでる人向けに、「社会人3年目で今の仕事に熱を持てないなら、辞めて転職するべき」という内容の記事を書きました。

この記事を読み終えた後には、「今の仕事はやめて、転職して新たな環境で頑張る!」という気持ちになれるはずです。

社会人3年目ですでにやる気がない人の共通点

社会人3年目の時点で、「今の仕事にはやる気が持てない…」という人には、いくつか共通点があります。

筆者の僕は、WebマーケティングというIT分野を仕事にしていますが、毎日楽しめているので1つも当てはまっていません。

【参考記事】:「仕事行きたくない..家にいたい」なら、Web系に転職するべき

社会人3年目で「すでにやる気がない人」の共通点
  1. 今の仕事に興味がない
  2. やりがいを持っていない
  3. 常に受け身

ただ、過去に塾系企業の社員として働いていた時は、上記3つに当てはまっていました。

では、1つずつ見ていきましょう。

今の仕事に興味がない

自分がやっている今の仕事に興味がないのであれば、仕事へのやる気は上がりません。

プログラミングに興味があるのに、営業職をやっていても、成果が出るはずがないですよね。

仕事に興味がないなら、今すぐに仕事を辞めて転職をしたほうが、プラスなことが多いはずです。

  1. 自分が興味を持てる分野を探してみる
  2. その分野を勉強してみる
  3. その分野の企業に転職する

実際に転職をしたい人は、上記の手順で進んでいくとよいはずです。

やりがいを持っていない

あなたは、今の仕事にやりがいを持てていますでしょうか?

やりがいとは?

※物事に対する充足感や手応えのことを言います。

筆者の僕の仕事は、GoogleでWebサイトを上位に表示するという仕事をしています。

例えば1位を獲得した時は、最高にやりがいを感じますね。

自分にとってやりがいのある仕事でない場合、当然やる気が出るはずはありませんよね…

社会人3年目の時点で、今の仕事にやりがいを持てないなら、その仕事を続けるメリットはないです。

【参考記事】:【保証】マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本!もう仕事には困らない。

常に受け身

基本的に会社員は、与えられた仕事を淡々とこなすことが多いですよね…

僕は会社員ではなく、新卒で独立したフリーランスですが、仕事は自分でつくっています。

例えば、御社はこのようなWebマーケティング施策を実行してみてはどうでしょうか?のように、自分で提案をして自分で仕事を作っています。

逆に、以下のような働き方だと、どうしても受け身になりますし、やる気が出ないのは当然です。

  1. 今日はこの仕事を終わらせてね
  2. 今月はこの作業をお願いします

自分が興味のある仕事ならもちろん良いですが、興味のない仕事を、人から投げられてもモチベーションは上がりませんよね…

人生のなかで社会人3年目は貴重すぎる

長い人生のなかでも、社会人3年目は本当に貴重な時期です。

人生のなかで社会人3年目は貴重
  1. 体力が1番ある
  2. 20代前半で人生が決まる
  3. 背負うものが少ない
  4. なんでも挑戦できる

貴重な20代前半〜中盤を、「あー、今日も仕事か…やる気出ないしだるいな」みたいに毎日過ごすのはもったいないですよ。

社会人3年目は1番体力がある年代ですし、どうせなら「頑張りたい!」と思える仕事を選ぶべきです。

どうせ仕事をするなら、自分が興味を持てて、やりがいがある仕事をしましょう。

【参考記事】:「仕事行きたくない..家にいたい」なら、Web系に転職するべき

【参考記事】:「営業だけはやりたくない」という文系はWeb系が本当におすすめ!

20代前半で人生は決まる

20代前半で、『人生はほぼ決まる』といっても過言ではないです。

例えばですが、以下2人を比較した際、どちらの人が収入が高くなるでしょうか?

  1. 社会人3年目だが毎日やる気がなく、会社で言われことをダラダラやる
  2. 社会人1年目から自分が興味のあるプログラミングを毎日勉強し、エンジニアとして毎日楽しく働く

当然ながら、②の人のほうが年収は高くなるでしょう。

エンジニアであれば、20代で年収600万〜1000万円はめずらしくありません。

【参考記事】:人と関わらない仕事を20代向けに4つ厳選!独立も数年以内にできます

背負うものが少ない

社会人3年目であれば、まだ背負うものは少ないですよね。

以下のように色々ありますが、車を買う人が少しいるくらいでしょう。

  1. 家を買う
  2. 結婚をする
  3. 車を買う
  4. 子供ができる

人それぞれですが、背負うものが極端に少ないのは、20代前半が最後でしょう。

そんな貴重な社会人3年目(20代前半)を、毎日やる気がない状態で過ごすのは非常にもったいないです。

なんでも挑戦できる

背負うものがないということは、要するになんでも挑戦できるということです。

今の仕事へやる気が持てないなら、ITエンジニアを目指して年収1000万円を目標に毎日を頑張ったほうがまだいいですよ。

社会人1年目からエンジニアを目指すために行動し、4年後とかに年収600万円〜1000万円を実現できたら最高ですよね。

毎日のようにやる気が出ない仕事をダラダラとこなすより、50倍くらいは良い人生を送れるはずです。

【参考記事】:【保証】マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本!もう仕事には困らない。

社会人3年目で「やる気がない人」は転職するべき

毎日の仕事に対しやる気がない社会人は、なるべく早く転職を考えたほうがよいでしょう。

筆者の僕も、塾系の企業で働いていた時は、「だるいし早く帰りたい」と常に思っていましたね。

※今では、Webマーケターとして、出勤も全くなく毎日家でのんびりと楽しく仕事をできています。

自分が興味もないものを、そのまま仕事として続けても良いことは何もありません。

【参考記事】:給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事がいい←こんな人はWeb系が1番おすすめ!

【参考記事】:「マジで金持ちになりたい」←凡人は努力してスキルを身につけろ!

転職する20代は年々と増えてる

また、最近は20代で転職する人も増えていたりと、1つの企業に長年いる必要も全くない時代です。

以下のデータを見ても、年々と増えてるのが分かりますよね。

引用:20代社員の転職、5年で2.43倍増加 – 転職する理由は? | マイナビニュース

「今の会社を辞めたら、転職先も見つかるか分からないし…」

このように悩む気持ちも分かりますが、社会人3年目の時点で仕事に対してやる気がないのであれば、転職するべきでしょう。

今の時代、転職エージェントも非常に充実しているため、転職に不安を持つ必要もありません。

【参考記事】:「転職したいけどスキルがない20代」が今やるべきこと!

以下に転職エージェントを載せておきますが、どれも完全無料でサポートが受けれるため、内定率を上げるためにも4つ全て登録しておくとよいですよ。

【おすすめの転職エージェント】

① DODA
取り扱っている求人のうち、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人。Webマーケティング業界の求人も非常に多く、サイバーエージェントや株式会社ナイルなどの求人も保持。

② マスメディアン
4万人を超える転職支援実績を誇る広告・Web・マスコミの分野でNo.1クラスの転職・就職支援会社。過去にどんな人がプラス評価・採用されているかなど、企業ごとの特徴に合わせたアドバイス提供。

③ マイナビクリエイター
Web職に特化した転職エージェント。他の職種にはない、Web業界特有の転職ノウハウをキャリアアドバイザーがご提案。広告代理店、制作会社、メディア事業、サービス事業、コンサルティング事業、EC運営企業など、それぞれの業種で求められる特性を理解しています。

DYM就職
第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介。経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能。

そのまま働いても収入は伸びない

仕事に対してやる気がでない状態で毎日を過ごしても、当然いい結果は出ないです。

結果が出ないということは、収入も上がらないということですよね。

僕の周りでは、「ITエンジニア」「Webマーケター」などが多いのですが、みんな毎日やる気に満ちあふれていて、仕事を楽しんでいます。

※筆者の僕は「Webマーケター」「ブロガー」として仕事をしていますが、毎日Google検索でWebサイトを上位に表示することを楽しんでいますよ。

『仕事が楽しい=やる気があり、結果も出る』ということですし、仕事は楽しくないとやってられないものだと思っています。

やる気が出る仕事を探すべき

ぶっちゃけ現代の若者(20代)であれば、『Web・IT系の仕事』には絶対に興味があるはずです。

以下のなかで、何かしら興味があるものが存在するはずです。最初は、「なんか面白そう」みたいな感じで十分いいです。

Web・IT系の仕事
  1. Webアプリ開発
  2. Webサイトの制作
  3. 動画編集
  4. Webマーケティング
  5. SNSマーケティング

いまの20代で、上記どれも全く興味がないという人は、さすがにもう何も言えませんが…

絶対に1つくらいは、仕事としてやってみることで楽しいと思えるものがあります。

※筆者の僕の場合は、WebマーケティングとSNSマーケティングでした。大学卒業前から、企業と契約し今も毎日楽しく仕事をしていますよ。

いま社会人3年目の人が転職するなら「Web・IT系」が最適

いま社会人3年目の人が転職をする場合、「Web・IT系」の職種が間違いなくおすすめです。

1番大きな理由としては、市場が今後も伸び続けるからですね。

引用:【公式】マケキャンbyDMM.com(旧:DMM MARKETING CAMP)

「Web・IT系」といっても、「ITエンジニア」「Webマーケター」「Webデザイナー」など色々とあります。

「Web・IT系」がおすすめな理由
  1. やりがいが見つけやすい
  2. 20代で年収1000万円目指せる
  3. 自分の力で稼げるようになる

僕自身、Webマーケターとして働き始めて約1年ほど経ちますが、1日も「今日も仕事だるいな…」と感じたことはないですね。

【参考記事】:一人でできる仕事で高収入なのはWeb系!職人になって無双しろ

やりがいが見つけやすい

「Web・IT系の職種」であれば、基本どれもやりがいが見つかると思いますよ。

  • ITエンジニア▶︎自分で1からWebアプリを作る(開発する)
  • Webマーケター▶︎GoogleでWebサイトの順位を上げるゲーム
  • Webデザイナー▶︎Webサイトをデザインする

かなり簡潔ですが、仕事内容は上記のような感じです。「なんか面白そう」と思った人は、向いてますね!

Webマーケティングに関してもっと詳しく知りたいという人は、以下の記事を参考にどうぞ。

【参考記事】:WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

【参考記事】:【月20万】Webマーケティングなら大学生でも稼げます【体験談】

20代で年収1000万円目指せる

「ITエンジニア」「Webマーケター」どの職種も、20代で年収1000万は可能です。

もっと言うと、会社員として働くより独立したほうが、収入も高くなる傾向がありますよ。

引用:ITフリーランスの案件一覧【レバテックフリーランス】

※例えばですが、フリーランスエンジニアとして、上記のような仕事を1つでも獲得できると、あっという間に年収1000万円は超えます。

とは言え、数ヶ月〜1年頑張っただけで実現できることではなく、2年〜5年くらいの修行・努力は必要です。

あとは、『やるかやらないか』だと思います。少なくとも、今の仕事にやる気がないなら、ITエンジニアを目指すのもアリでしょう。

【参考記事】:休みが多くて給料がいい仕事はWeb系!半年で転職もできる

自分の力で稼げるようになる

何か1つでも「Web・ITスキル」を習得すれば、会社に雇われなくても自分の力で稼げるようになりますよ。

【参考記事】:会社をやめても一生食べていけるすごい資格6選!スキルも同時に習得しよう

筆者の僕は、大学4年の3月に『自分のWebマーケティングスキル』を企業に売って月50万円を達成しています。

※多くの人は知らないかもですが、1つでも「Web・ITスキル」があれば、学生でも月20〜100万円稼げる時代なのです。

なので、社会人3年目の時点ですでにやる気がない人は、「ITエンジニア」「Webマーケター」を目指して転職するのもおすすめですね。

筆者の僕は、人生で1度も正社員として就職したことがありません。なぜなら、Webマーケティングスキルを持っているからです。

【参考記事】:【月20万】Webマーケティングなら大学生でも稼げます【体験談】

まとめ:やる気が出ない仕事は若いうちに辞めるべき

やる気がない仕事をずっと続けても、収入が上がるはずがありません。

  1. 自分が興味もない仕事を、毎日言われた通りにやる
  2. 毎日プログラミングを頑張り、世の中で求められているスキルを磨く

上の2つを比較しても、圧倒的に②の人が収入も高くなるでしょう。これは当然ことです。

社会人3年目は、体力もあり余っていて、人生のなかで最も貴重な時期です。

それ以上今の仕事を続けても、メリットはかなり少ないはずなので、なるべく早く転職するかITのスキルを身につけるべきです。

【転職に強いプログラミングスクール】

【DMM WEBCAMP】
※転職を本気で考えている方向けのプログラミングスクールです。 転職を保証しているため、未経験からIT業界へ転職を求めている方向けのスクール。「働きながら転職を目指したい」「自分のペースでスキルを身につけながら転職もしたい」という方におすすめ。
Freeks
※月額9,800円でHTML、CSS、PHP、JAVA、Pythonなどのカリキュラムが学び放題のプログラミングスクール。転職サポートなども追加料無しで受けることができ、いつでも気軽にはじめることができて入会金は0円。
テックパートナーズカレッジ
※WEBシステム開発、リモートワーク専門に特化した人材紹介サービスを展開しているセルバが運営。従来のスクールでは学べない「プロの実務スキル」が身につき、自宅にいながらオンライン完結で勉強できる。リモートワーク専門の人材紹介サービスを行っているからこそ可能な、リモートワークの企業の転職、就職支援を行っている。

【参考記事】:この2つのプログラミングスクールはやめとけ!15万円失った話…

【転職に強いWebマーケティングスクール】

WEBMARKS
※国内唯一の、SEOに特化したWebマーケティングスクール。フリーランスコースでは、マーケティングについてただ学ぶだけでなく、実際にどうやって案件を取るのか?具体的な方法も習得。
DMM MARKETING WEBCAMP
※転職を本気で考えている方向けのWEBマーケティングスクール。グループワークや実際のWEBマーケ会社とのワークなど、実践的なスキルを身につけれる。
Wannabe Academy
※Web広告運用の実務に特化していて、実際のクライアントの事例をベースに学ぶため、動画や机上学習ではなく実務に触れることが可能。Webマーケティング実務を通して学習することで、職務経歴書に『実務経験有り』と書ける状態を目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です