【保証】起業したいけどスキルがない人はWeb・ITの分野を学べ!

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学4年の12月まではスーパーでバイトをする凡人大学生でしたが、大学卒業前の2月に、Webマーケターとして起業をした現在23歳の男です。

※現在は正社員として働いています

「起業したいけどスキルがない」と悩む人はよくいます。

事実として、なにもスキルがない状態で起業するのはリスクしかありません。

・起業したいけどスキルがないから不安だよ…
・スキルとか何もないし、なにで起業すれば成功するんだろう…

今回は、こんなふうに悩んでる人向けに、「起業したいけどスキルがない人が、今するべきこと」について記事を書きました。

筆者は、22歳でWebマーケターとして起業したので、説得力はあるはずです!

本記事の内容まとめ!
  • 起業したいけどスキルがない人は、起業しないほうがいい
  • Web・IT系のスキルが1番起業に向いてる
  • Web・IT系のスキルがあれば、1人起業が可能
  • 将来大きく起業したいなら、まずは自力で月30万円稼ぐ経験をしよう

3分で読める記事となっているので、ぜひゆっくりと最初から最後まで読んでみてください。

この令和IT時代に起業をしたい人には、とても役に立つ記事かと!

「起業したいけどスキルがない人」は起業しないほうがいい【結論】

さっそく結論から言うと、「起業したいけどスキルがない人」は、シンプルに起業をしないほうがいいです。

昔は「資金をガッツリ調達して起業!」が主流でしたが、もう今は手法が違います。最近だと、ITスキルや人事のスキルがある人ほど起業をする傾向にあります。

いきなり社員を雇って、すぐに経営破綻(はたん)したらどうするのでしょうか?

その後はどうやって稼いでいくのでしょうか?

※もし自分にプログラミングスキルがあり、フリーランスとして月収50万円くらい稼げるスキルがあれば、たとえ起業に失敗しても独立して稼ぐことができますよね。

逆に、スキルがないと、起業で失敗したら稼ぐ道がありません。

正社員として頑張るしかないですよね。正社員として1から就職活動をすることになります。

IT系で起業するなら、スキルは必須です

最近はインターネットの発達により、IT・Web系のサービスを作って起業する人が非常に多いです。

とうぜん彼らはITスキルを持っており、たとえ起業で失敗しても、独立して稼ぐスキルがあるのです。

筆者の僕も、Webマーケティングで起業しています。

もはや、IT系以外で起業するとしても、ITリテラシー(知識)は絶対に必要ですね。

たとえば、不動産・飲食店など、全業界にITが必要な時代ですし。

ネットで車・家を買うような時代ですからね…

まずは個人でも稼げるスキルを身につけるべき

「起業したいけどスキルがない」という人が、まず目指すべきゴールは、自力で稼ぐ経験をすることです。

もし今から用意ドンで「会社に雇用されてもらう給料以外で、自分1人でお金を稼いでください」と言われたら、あなたは稼ぐことができますか?

おそらく9割くらいの人にとっては難しく、なにもアイデアが思い浮かばないでしょう。

【参考記事】:起業したいけどアイデアがないのは体験不足!22歳で起業した僕が解説

筆者の場合は、WebマーケティングとWebライティングのスキルがあるため、個人で月30〜40万円は稼ぐことができます。

起業したいけどスキルがない人は「Web・ITスキル」の習得がおすすめ

実際にテックアカデミーWebマーケティングコースを受講した人の評判

「起業したいけどスキルがないんだよ….」と、悩んでる人におすすめのスキルは、確実にWeb・IT系です。

Web・ITのスキルは、どの分野で起業するにしても活かせるのです。

例えば、わかりやすく飲食店で例えましょう。もしあなたが料理も得意で、ITスキルもあると、自分で店の予約システムを作れたりWebサイトを作成したりすることが可能ですよね。

もちろん「IT企業」として起業するのもよしですが、こーいう考え方もできますと伝えておきますね。

結論、この先の時代で起業をするなら、Web・ITのスキルは必須レベルです。

【参考記事】:【保証】マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本!もう仕事には困らない。

3ヶ月〜6ヶ月でマスターできる

プログラミングは6ヶ月、Webマーケティングスキルは3ヶ月で、仕事になるくらいの力が身につきます。

意外と短い期間だと思いません?

会計士・医者など、高難易度な資格をとるより、100倍くらいコスパがいいです。(本当に)

【参考記事】:会社をやめても一生食べていけるすごい資格6選!スキルも同時に習得しよう

筆者は、大学生の頃に3ヶ月間「WEBMARKS」でWebマーケティングを学びました。

たった3ヶ月でスキルが身につき、終了後には海外で上場してる留学会社から仕事をいただきました。

今後10年は需要が落ちない

Web・ITの需要は、今後10年落ちることはないです。10年どころか、永遠に落ちないでしょう。

以下のデータを見ても、需要はずっと伸びていますよね。

筆者がWebマーケターとして、学生時に月30万円も稼ぐことができたのは、Web系だったのが大きな理由です。

※Web・IT系は、パソコン1台あれば世界中どこでも仕事ができるので、場所にとらわれない働き方ができるのも魅力です。

Web・ITのスキルがあれば、1人でも起業できる

「起業したいけどスキルがなくて…」「起業ってどうやって始めるんだ?」

こんな風に悩んでる人は、とりあえずWeb・ITスキルを身につければOKです。

1人でも起業できるWeb・ITスキル
  1. プログラミングスキル
  2. Webマーケティングスキル
  3. 動画編集スキル

他にも、WebライティングやWebデザインもありますが、自分の1番興味が持てる分野を学べばよいです。

筆者は、プログラミングよりもWebマーケティングに興味があり、今も続けていますよ。

プログラミングスキル

起業したいけどスキルがない人に、1番おすすめなのは「プログラミングスキル」です。

プログラミングスキルと言っても、以下のように種類があります。

  1. Webアプリ開発
  2. Webサイト作成
  3. AI開発
  4. 機械開発

普段は考えることがないと思いますが、メルカリやインスタグラム等のWebアプリは、全てプログラマーによって作られてます。

Webマーケティングスキル

筆者は、大学4年時に、Webマーケティングで起業をしました。

プログラミングよりも簡単で、文系の人にはおすすめです。

「起業したいけどスキルがない文系」の人には、ぜひWebマーケティングを学んでほしいです。

動画編集スキル

動画編集は、YouTubeやInstagramが流行してから、需要が拡大しましたね。

企業がYouTubeで載せたい動画を編集したり、動画広告を作るなどします。

動画編集は向き不向きがあり、筆者はマジで向いてないです。

まとめ:起業したいけどスキルがないなら、まずは自力で月30万円稼ぐべき

起業したいけどスキルがないという人は、まず自分の力(スキル)で月30万円稼ぐことを目指しましょう。

自力で稼ぐ=社員を雇わず、自分自身が持つスキル(能力)を売って稼ぐということです。

商品もいっさい必要ありませんし、初期費用もいりません。

※起業を聞くと、革命的な商品やサービスを作り売っていくことを想像する人が多いですが、今の時代はまったく違います。

パソコンさえあれば、誰でも起業できますし、高校生でも月100万円稼ぐような時代です。

「起業したいけど、スキルがないしどうしよう」という人は、まず自力で月30万円を稼ぐ経験をしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です