したい仕事がないニートへ!興味のある仕事がないのは「体験」してないからです

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

ニートではなかったですが、大学生の頃にコロナが流行し、引きこもり状態となり、そこから大きく人生が変わった23歳の男です。

今は「Webマーケター」として、毎日楽しく仕事をしています。

仕事を選ぶ時って、誰もが悩みますよね….

自分も大学4年までは、将来どんな仕事をしたいのか?が全く分からなかったです。

・いまニートだけど、したい仕事がなくて次に進めない…
・ニートから目指せる仕事って何かある??

このように悩んでいる、ニートの方は多いのでは?

結論、したい仕事がない原因は、「体験」をしていないからです。

本記事の内容まとめ!
  • したい仕事がないニートが今すぐにできること
  • 興味のある仕事がないのは単なる経験不足
  • したい仕事がないニートは「Web系の仕事」がおすすめ

したい仕事がないニートが今できること

「したい仕事がない…」というニートの人が、今できることは確実にあります。

したい仕事がないニートが今できること3つ
  1. ひたすら調べて、業界や職種について見てみる
  2. 人から話を聞く
  3. 仕事を0円で体験する

1人でずっと「なんの仕事がいいかな…」と悩んでも、前には進めません。

筆者は大学4年の時に、プログラミングスクールの無料体験、Webマーケティングスクールの無料相談を受けてから人生が変わりました。

その前までは、本当になんの仕事をしたいか分からず、人生に迷っていました。

話がそれましたが、したい仕事がないニートが今できること3つを見ていきましょう。

ひたすら調べて、業界・職種について知る

やりたい仕事が分からないニートの人は、まず業界・職種について知ることが大事です。

知識がカラッポだと、やりたい仕事も見つかるはずがないですよね?なので、まずはインプットしましょう。

  1. Googleで調べる
  2. YouTubeで調べる
  3. SNSで調べる

まずは自分で調べて、そのなかで興味がある分野について、次の2つに進むとよいです。

※例えば、「ITエンジニア」に興味があるなら、エンジニアについて徹底的に調べて知識を深めましょう。

人から話を聞く

仕事で何がしたいか分からない場合、人から話を聞く・相談に乗ってもらうのは非常におすすめです。

最近では、Web・IT系のオンラインスクールや就職エージェントで、無料相談を実施しているところが多いです。

筆者は、WebマーケティングスクールWEBMARKSの無料相談を、大学4年の夏に受けました。

当時は就活も全滅し、卒業後はニートになるところだったのですが、無料相談を受けてから人生がマジで変わりました。

※以下に0円で相談ができるオンラインスクール・転職エージェントを載せておきます。

プログラミングスクール

Webマーケティングスクール

ニート向けの就職エージェント

仕事を0円で体験する

したい仕事がないニートの人は、まず無料で仕事を体験してみるのがおすすめです。

無料相談とは別で、無料体験を提供しているスクールは最近増えています。

特に、プログラミングは人生で1度は体験してみるとよいですよ!

筆者の場合は、まず自分で「ブログ」を始めてから、「Webマーケティング」という仕事に興味を持ち始めました。

もし当時ブログを始めていなかったら、今頃どんな仕事をしたいか分からない社会人になってました…

※ブログに1ミリでも興味がある人は、以下の記事を参考に始めてみてください。

≫ConoHa WINGを使ったブログの始め方!ブログ2年目の僕が解説

興味のある仕事がない=経験不足

「転職がうまくいかない..疲れた..」という人が取るべき行動

「興味のある仕事がないんだよな…」「やりたいことが特にない…」

この人は、単に経験が不足しているだけです。

これって「好きな食べ物」で例えると分かりやすいですよ。

※例えば、あなたは何も食べ物を食べたことがない幼児だとします。食べ物をなに1つ食べたことがないのに、「好きな食べ物」は見つからないですよね?

仕事も同じで、色々なことを体験しない限り、「したいことが見つからない」のは当然のことです。

チャレンジせずに「興味のあるもの」は見つからない

僕は大学生の頃、プログラミングとWebマーケティングにチャレンジしました。

結果的に、自分のやりたい仕事は「Webマーケティング」だと分かりましたよ。

したい仕事がないニートの方に伝えたいのは、まずはチャレンジ・体験をしてみましょう。ということです。

営業職や事務職は1人で体験することが難しいですが、プログラミングや動画編集などのWeb・IT分野なら可能です。

そのまま転職しても失敗する

本気でやりたい仕事がない状態で就職をしても、以下のようにデメリットが発生します。

興味のある仕事に就かないと…
  1. すぐにやめたくなる
  2. 毎日の仕事がつまらなすぎて退屈になる
  3. その次の「転職難易度」が上がる

なので、仕事選びは本当に慎重に行いましょう。

本当はエンジニアに向いてるのに、営業職として就職してしまう人はよくいます。

したい仕事がないニートの人こそ、自分に向いてる仕事を見つけてほしいです。

筆者はコロナで引きこもりになり、人生が好転しました

筆者の僕が大学4年のとき、前期が始まったと同時に、コロナが流行し始めました。

それによって、大学の授業もオンラインとなり、ほぼ引きこもり状態となってました。

しかし!引きこもり状態になってから、僕の人生は大きく変わったのです。

では、『元引きこもり大学生の人生逆転劇』を見ていきましょう。

①パソコンを買った

僕は文系大学生だったので、大学3年まで1度もパソコンを使ったことがありませんでした。

しかし、授業がオンラインになったので、10万円の給付金でMacbook(パソコン)を買いました。

もし当時、パソコンを買っていなかったら、今頃ニートになっていたと思います。僕は学生の時の就活で、全落ちし、ニートになりかけました。

せっかくパソコンを買ったので、大学の授業以外になにか頑張ろうと思い、プログラミングを学習し始めることにしました。

②プログラミングスクールを受けた

大学4年の前期が始まったと同時に、プログラミングスクールの「テックアカデミー」を受けました。

結果的に、自分はプログラミングに向いてなかったですが、やりたいことを探すためにチャレンジしたのは初でしたね。

もしプログラミングスクールを受けていなかったら、自分がプログラミングに向いてるかどうかも分からなかったです。

「したい仕事がないんです…」というニートの方は、ぜひ何でもいいので挑戦(体験)するべきです。

何度も言いますが、個人的にはプログラミングかWebマーケティングをオススメします。

③Webマーケティングスクールを受けた

「自分がプログラミングに向いてないこと」が判明したので、次はWebマーケティングスクール「WEBMARKS」を受講しました。

【参考記事】:【体験談】WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

このスクールでは、Weサイト(ブログ)を使ってどうやって集客するか?ということを学びました。(超ザックリ言うと)

幸いなことに、3ヶ月本気で勉強した結果、Webマーケターとして独立できるレベルになれました。

※高卒で元工場勤務の人も一緒に授業を受けていましたが、その方もWebマーケターへの転職を成功させていました。1ミリでも興味がある人は、無料相談だけでも受ける価値はありますよ。

≫未経験から3ヶ月でSEOマーケターへ|WEBMARKS

④大学生ながら月収30万円を実現できた

元々は、パソコンすら持っていなかった僕ですが、大学生の頃から月収30万円を実現できました。

コレは、Webマーケティングを3ヶ月本気で学んだことで得た結果です。

最初にプログラミングをチャレンジし、その後Webマーケティングを勉強して本当によかったと思ってます。

以前は、自分が将来どんな仕事をしたいか全く分からず….という感じでした。

したい仕事がないニートにおすすめなのはWeb系

したい仕事がない…というニートの人におすすめの仕事は、間違いなくWeb系です。

【参考記事】:毎日3000円コツコツ稼ぐならブログかWebライティングが最適!

理由としては以下があります。Web系ほど、ニートに最適な職種はガチでないですよ。

Web系の仕事がニートにおすすめな理由
  1. 家(フルリモート)でも働ける環境が整っている
  2. 3ヶ月本気で勉強すれば就職できるレベルになる
  3. 独立・副業が非常にしやすい

では、ニートの人におすすめの仕事を、1つずつ見ていきましょう。

【参考記事】:【保証】マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本!もう仕事には困らない。

プログラミング

プログラミング(エンジニア)は、間違いなくニートの人に最適な仕事の1つです。

なにか新しいモノを作ったり、開発することに興味がある人は、120%向いてます。

仕事内容は以下のような感じですね。何のエンジニアになるかどうか?で、全く仕事内容が違います。

  1. Webアプリを開発する
  2. Webサイトを作成する
  3. AIサービスを開発する
  4. ITのシステムを開発する

「したい仕事が特にない…」という状態の人は、0円でプログラミングを1度体験してみるとよいですよ。

≫テックパートナーズカレッジでプログラミングを無料体験する

Webマーケティング

Webマーケティングは、プログラミングと同じくらい注目度が高い仕事で、文系の人でも学びやすいです。

数字を伸ばすのが好きな人、ブログやSNSが好きな人には向いてます。

仕事内容はこんな感じです!

  1. SNSに広告を配信して分析を繰り返す
  2. ブログ記事を作って集客する
  3. 集まったデータをもとに、次の作戦を考える

僕が受講したWebマーケティングスクールなどで、無料カウンセリングを行っています。0円でWebマーケティングについて詳しく話が聞けます。

≫未経験から3ヶ月でSEOマーケターへ|WEBMARKS

まとめ:したい仕事がないニートの人は、焦らずに模索しよう

「したい仕事がない…」というニートの人は、けして焦らず、自分に合う仕事を探してください。

いまの時代は家でできる仕事も増え、0円でプログラミングを体験できたり、相談もできたりします。

自分が1度もやったことのない仕事にいきなり就くより、まずは家でも体験できるプログラミングやWebマーケティング等にチャレンジしてみては?

今「したい仕事がない…」というニートの人でも、チャレンジする回数を増やせば、自分に合う仕事を見つけられますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です