社会不適合者は末路?Webスキルを習得して人生逆転しろ

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学生時代、就活に失敗し、社会不適合者になりかけた23歳の男です。現在は、ベンチャー企業のWebマーケターを務めています。

最近は『Web・ITの発達』により、社会不適合者でも活躍できる時代になりました。

しかし、この記事にたどり着いた人は以下のように、思ってる人が多いでしょう。

・自分は社会不適合者だし、もう末路だ。
・社会不適合者な自分は、何をしてもダメだ..自分でもできることってあるのかな。

実際のところ、お金の面でいうと、社会不適合者でも月20万円〜100万円以上稼げる仕事はあります。

みなさんには、自分を社会不適合者だとネガティブに思い込んで、チャンスを逃して欲しくありません。

この記事を読み終えた後には、「人生逆転するために頑張るぞ!」と行動できるはずです。

そもそも社会不適合者とは

「転職がうまくいかない..疲れた..」と思うのは当たり前

そもそも「社会不適合者」と言っても、少し意味が曖昧です。

そのまま直訳すると、社会に適合しない人ですが、具体的には以下のような人を言いますね。

会社の人・周囲の人と上手くなじめなかったり、社会のルールやしきたりに沿って行動できない人のことを意味します。

社会不適合者の特徴
  1. みんなと同じことをしたがらない
  2. プライドが高く自意識過剰
  3. 空気が読めない
  4. いつも自分優先で行動する
  5. 集団行動が嫌い

筆者の僕は、①と④が当てはまります。

なので、新卒でいきなり独立しましたし、新卒からWebマーケターになりました。

大半の大学生が就活をし、営業職に就く人が多い中、僕は全く違うことをしていましたね。

【参考記事】:【体験談】WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

社会不適合者は末路ではない。3つの道へ進め!

結論から言うと、社会不適合者は、なにも末路ではありませんよ。

昭和時代だったら、社会不適合者が活躍できる場所は多くなかったと思いますが、現代は違います。

Web・ITのおかげで、「社会不適合者・ニート・低学歴」でも勝ち組になれる道は多いのです。

では、それぞれ見ていきましょう。

【参考記事】:「就職できない..死ぬしかない」と悩んでる人へ。解決策3つを語ります

フリーランスとして稼ぐ

ここ2年〜5年くらいで、フリーランスの人口もめちゃくちゃ増えました。

引用:フリーランス白書

フリーランスとは?

会社に所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のことです。おもにライターやカメラマン、デザイナー、エンジニアなどの職種で、個人で仕事をしている人のことを指すことが多く、自分のスキルを売って仕事をしている人といえます。

引用:フリーランスって何?フリーランスになるために必要なこと | 経営者から担当者にまで役立つバックオフィス基礎知識 | クラウド会計ソフト freee

  • 空気が読めない人
  • 集団行動が嫌いで、みんなと違うことをする人

上記のような社会不適合者にとって、フリーランスはかなり最適な働き方ですね。

スキルさえあれば、わざわざ会社に就職せずとも、フリーランスとして充分に生計は立てられます。

今後もフリーランスは増え、日本社会(政府)もそれに合わせていくはずなので、社会不適合者は末路ではないと言えますよ。

【参考記事】:人と関わらない仕事を20代向けに4つ厳選!独立も数年以内にできます

起業する

「起業」も、社会不適合者にはおすすめの道です。実際は、フリーランスも起業と同じようなモノです。

昭和時代であれば『大量のお金』を銀行から借りてからでないと起業はできませんでしたが、現代は違います。

たとえば、以下のような分野の仕事で起業をすれば、一切コストは必要ないのです。

オフィスも必要ないですし、パソコン1台さえあれば起業ができます。

①Web・IT開発
②ブロガー
③SNS
④Webマーケティング

社会不適合者でもある僕は、大学生の時にWebマーケティング・ブログで起業をしました。ここだけの話、大学4年の3月には月50万円ほど稼いだ経験があります。

【参考記事】:起業したいけどアイデアがないのは体験不足!22歳で起業した僕が解説

【参考記事】:【保証】起業したいけどスキルがない人は「IT・Webの分野」を学べ!

Web・IT系の業界(職種)に転職

フリーランス・起業という選択を取らなくても、Web・IT系の職種に就くのもよいですよ。

【参考記事】:給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事がいい←こんな人はWeb系が1番おすすめ!

Web・IT系の職種は『在宅ワーク』のところが多く、正直かなり自由と言えますね。

社会不適合者におすすめのWeb・IT系の職種
  1. エンジニア
  2. Webマーケター
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. 動画編集者

とはいえ、スキルがないと就職することが難しい世界です。

自分も大学生の頃に3ヶ月間「Webマーケティングスクール」を受講し、スキルを習得しました。

以下どのスクールも転職サポートがあるので、「本気でWeb・IT系の職種につきたい!」という人は無料相談だけでも受けるべきですね。

おすすめのWebマーケティングスクール

【参考記事】:【比較】エンジニアとWebマーケターどっちが稼げる?どっちに向いてる? 

社会不適合者の末路は大したことない

あなたが思ってるほど、社会不適合者は末路ではありません。

「社会不適合者でも稼げる環境」はいくらでもあるのです。

社会不適合者なのであれば、大手の営業職とかではなく、絶対にWeb・IT系の職種がベストです。

自分も社会不適合者系の人間なので、大学4年時に就活を途中でやめてWebマーケティングスキルを身につけました。

【参考記事】:「営業だけはやりたくない」という文系はWeb系が本当におすすめ!

プログラミングができれば仕事は大量にある

社会不適合者にとっての最強スキルである「プログラミング」の需要は年々と高まっています。

【参考記事】:【データで証明】10年後も儲かる仕事を3つ厳選!

以下の数値を見ても明らかですし、自分も日々転職サイトを見ていて、エンジニアは本当に需要が高いなと感じています。

引用:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(経済産業省)

求人数は増えていますが、同時に応募する人も増えていますね。

エンジニアとして採用される難易度は実際かなり高く、完全未経験から転職をするのはほぼ不可能です。

以下のようなスクールを受講し、確実にスキルを身につけた上で転職(就職)活動をする必要があります。

Web・IT系の仕事は社会不適合者向き

Web・IT系の職種が、社会不適合者に向いているのは間違いありません。

Web・IT系の仕事は『社会不適合者向き』な理由
  1. 1人でモクモクと作業することが多い
  2. 独立・起業がしやすい
  3. スキルが高ければ重宝される世界

実際に僕も、「自分は少し社会不適合者だ」と感じ始めてからは、周りと同じ道を歩むのをやめました。

【参考記事】:「仕事行きたくない..家にいたい」なら、Web系に転職するべき

大学・高校の友人の9割くらいは「営業職」についていますが、僕は新卒からWebマーケターとして働いています。

自分は他の人と違うことをするのがけっこう好きでして、「新卒で営業職になっても周りと同じだし」と思っていましたね。

まさに社会不適合者ですよね…。ただ、こんな社会不適合者でも末路ではないですよ。

【参考記事】:【保証】マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本!もう仕事には困らない。

社会不適合者におすすめのWeb系スキル

現代では、Web系のスキルさえあれば、社会不適合者は末路でも何でもありませんね。

むしろ今の時代では、普通に就職して普通に働いてたら、収入的には低いままでしょう。

  1. 文系なのに、新卒からエンジニアとして働く
  2. 20代後半で転職をしまくり、Web系のスキルを習得して働く

これからの時代は、上記のような社会不適合者が勝つ時代ですよ。

社会不適合者におすすめのWeb系スキル
  1. プログラミング
  2. Webマーケティング
  3. Webライティング
  4. 動画編集

では、社会不適合者が習得するべきWeb系スキルを見ていきましょう。

【参考記事】:休みが多くて給料がいい仕事はWeb系!半年で転職もできる

プログラミング

社会不適合者が末路にならないために、「プログラミングスキル」は超絶おすすめです。

≫プログラミングについて詳しく見てみる

先に言っておくと、プログラミングはめちゃくちゃ難しいです。しかし、1年〜2年くらい本気で学べば、お世辞抜きで『一生食えるスキル』が身につきます。

社会不適合者はプログラミングを始めるべき
  • 20代・30代で年収1000万目指せる(かなりの努力は必要)
  • 今後10年は仕事に困ることがない
  • 人と話すことが少ないので、コミュ障向き

プログラミングをやったことがない人は、「プログラミングってどんな感じなの?」と思ってることでしょう。

正直、実際に自分の手を動かさないと何も分からないはずです。ちなみに、自分は大学生の時にテックアカデミーを受講しました。

以下のスクールでは無料でプログラミングを体験できるので、

「よし、自分はプログラミングを頑張って、年収600万〜1000万目指すぞ!」

と意気込んでる人は試してみてください。

無料体験ができるプログラミングスクール】

CodeCamp
テックパートナーズカレッジ
テックアカデミー

Webマーケティング

筆者の僕は、「自分は社会不適合者だしガチで末路だな…」と大学4年まで思っていました。

しかし、ある日から「Webマーケティング」という分野に興味を持ち始め、現在もWebマーケターとして働いています。

≫Webマーケターについて詳しく見てみる

プログラミングは少し理系向きな点もありますが、Webマーケティングは文系でも全く問題ないです。僕的には、プログラミングより簡単だと思っています。

社会不適合者はWebマーケティングを学ぶべき
  • 会社員なら年収600〜800万円、独立すれば年収1000万以上目指せる
  • 今後5年は仕事に困ることはない
  • 数字を地道に伸ばす「ゲーム」のような仕事
引用:【公式】マケキャンbyDMM.com(旧:DMM MARKETING CAMP)

実際に、大手DMMが運営する「マケキャン」では、年収が大きく伸びた受講生も多くいますね。

プログラミングと同様、あまり人と話すことがなく、モクモクと数値に向き合う時間が多い仕事です。

以下のスクールでは、無料で『Webマーケター・Webマーケティング業界について』の話を聞くことができます。

無料相談が受けれるWebマーケティングスクール】

WEBMARKS
DMM MARKETING WEBCAMP
Wannabe Academy

Webライティング

プログラミング・Webマーケティングと比較しても、Webライティングは簡単です。

筆者の僕は、3つともやってきましたが、Webライティングは1ヶ月もあれば基礎スキルは身につきますね。

社会不適合者はWebライティングを学ぶべき
  • 今から学び始めて3ヶ月後には、月20万円稼げる
  • 文章を書くことが好きな人には最高の仕事
  • 人と関わることがない(チャットのみ)

上記のナナコさんという方は、僕も一緒にお仕事をしていますが、月25万円〜30万円をWebライティングで稼がれています。

Webライティングは独学でも可能ですが、「なるべく早く月10〜50万円稼ぎたい」という人はスクール受講をおすすめします。

【おすすめのWebライティングスクール】

Writing Hacks
SHElikes

まとめ:社会不適合者はWebスキルを習得するべき

どうでしょう。今回の記事で、『社会不適合者は末路でも何でもない』ということが分かったはずです。

筆者の僕も、大学時代に就活をほとんどせず、大学卒業前に独立し、23歳でWebマーケターとして就職するという…

異例なキャリアの歩み方をしていますし、バリバリの社会不適合者だと思います。

一方で、もし何のスキルもなかったら、今頃は社会不適合者として末路だったはずです。

社会不適合者は以下どれかのスキルを身につけろ!
  1. プログラミング
  2. Webマーケティング
  3. Webライティング

この記事にたどり着いたからには、ぜひ行動起こして、自分の未来を変えてください。応援しています!

≫CodeCampのプログラミング無料体験を受けてみる

≫Webマーケティングスクールの無料相談を受けてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です