持ってるだけで金になる資格を20〜30代向けに7つ厳選!職探しにはもう困りません。

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学生の時に、持ってるだけで金になる資格である「ウェブ解析士」を取得し、人生がとても楽になった現在23歳の男です。

・「終身雇用制度も崩壊したし、今の会社にいても将来不安だな。
・「だからといって、特にスキルもないし…。職探しに困らない資格があればなぁ。」

先が見えない今の時代、特別な資格もない状態で、ひとつの会社にしがみつくのは不安すぎますよね。

しかしご安心を。

実は、難易度が低い上に、職探しに困らない資格があるんです。要は、持ってるだけで金になる資格です。

この記事では、20〜30代向けに「持ってるだけで金になる資格」を7つ紹介しているので、本記事を読んだ後に必ず行動にうつしましょう。

後回しにしていたら、何もしないまま1年経っていたなんてことにも…。

本記事の内容まとめ!
  • 持ってるだけで金になる資格 = 将来性が高い業界の資格です
  • 持ってるだけで金になる資格7選!【取得難易度は低い】
  • 超難易度が高いが、あれば食いっぱぐれない資格
  • 実際は資格よりも「スキルの習得」をおすすめします

4分あれば読める記事なので、ぜひ最初から最後までゆっくりと読み進めてくださいね。

持ってるだけで金になる資格 = 将来性が高い業界の資格です

10年後も儲かる仕事3選

将来性が高い業界の資格ほど、持ってるだけで金になるといえます。

将来性が高い資格の中でも、特にIT系の資格がおすすめです。

主な理由は以下の3つです!

  1. IT系の資格があれば仕事に困らない
  2. IT系の資格は取得難易度が低い
  3. 今後10年は食いっぱぐれない

それぞれ、理由も合わせて見ていきましょう。

IT系の資格があれば仕事に困らない

取得しても役立つ場面が少ない資格もある中、IT系の資格は実用的なものばかり。

たとえば、ネットワーク(IT系の)機器の知識を持っていることを証明する『CCNA』という資格。

求人ボックスで「CCNA 取得者」と検索すると、約2,900件(東京都)もの求人がヒットしました。

引用:求人ボックス

IT業界は、転職回数=経験を積んでいると判断されやすい傾向があるので、資格を保有することでさらに高い評価が期待できますよ。

IT系の資格は取得難易度が低い

「IT系」と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、実は難易度はそこまで高くありません。

たとえば、Google広告のプロフェッショナルであることを証明する、Google広告認定資格

Google広告認定資格とは
  • 資格取得には、6種類の広告について勉強しなければならない
  • しかし、1科目の学習時間は約6時間と短い
  • 毎日2時間勉強したら、2週間半ほどで学習を完了できる
  • しかも、試験はオンライン上で24時間365日受験可能

これを見ると、意外と取得できそうな気がしませんか?

いままで「IT・Web系」を敬遠してた人も、挑戦してみる価値ありですよ。

今後10年は食いっぱぐれない

頑張って勉強したのに、需要が低い業界でしか役立たない資格だと辛いですよね。

その点、IT系の資格は今後10年需要が高いことが期待できます。

平成30年に実施されたIT人材に関する厚生労働省の調査では、2030年にはIT人材が多くて79万人、少なくても16万人不足すると想定されています。

また、2020年から小学校ではプログラミングが必須科目になっています。

いまからIT資格を取得することで、今後10年は食いっぱぐれないといえるでしょう。

持ってるだけで金になる資格7選!【取得難易度は低い】

取得難易度が低く、持ってるだけで金になる資格は以下の7つです。

持ってるだけで金になる資格7つ
  1. Java Silver
  2. CCNA
  3. AWS認定資格
  4. Google広告認定資格
  5. ウェブ解析士
  6. 宅地建物取引士
  7. ファイナンシャルプランナー

特にIT系は取得難易度が低いのに、仕事に困らない確率が高いです。

ここからは、それぞれの資格を詳しく見ていきます!

Java Silver

Java Silverとはオラクル社公認のJava技術レベル認定試験です。

Javaとは?

Googleが開発に用いている三大プログラミング言語(Java、C++、Python)のひとつ。身近なものでは、家電、金融取引システム、スマホアプリなどの開発に用いられています。


Java Silverを保有することで、Javaの基本的な知識を持っており、上級者の指導の元で開発ができるレベルということを証明できます。

実務経験が浅い場合月収22~28万円、経験を積めば月収39万円ほど目指せます。

資格の難易度問題集をしっかりやりこめば取得できる
勉強時間2~3ヶ月
目指せる職業Javaプログラマー
月収22~39万円

一方で、この資格に向かない人は、物事をすぐに諦める人です。

プログラミングはエラー→修正の繰り返しがつきもの。この繰り返しが苦痛な人には、合わない資格といえます。

CCNA

CCNAとはシスコシステムズ社の技術者認定資格です。

シスコシステムズ社とは?

シスコシステムズ社とは、アメリカに本社を置く、世界最大のコンピューターネットワーク機器の会社です。主に企業・電気通信事業者向けの装置を販売しています。


CCNAを保有することで、基本的なネットワーク、シスコシステムズ社の製品の知識を持つことを証明できます。

求人によってはCCNA保持が応募条件になっていることもあり、月収28~35万円ほど目指せます。

資格の難易度未経験者も講習等を受講すれば取得の可能性は高い
勉強時間160時間
目指せる職業ネットワークエンジニア
インフラエンジニア
月収28~35万円

この資格が向かない人は、ネットワーク機器やサーバーに興味がない人です。

CCNAの資格取得を目指している人の中には、概念の理解が難しいなど苦戦している人が多いようです。

聴き慣れない用語が出てきても、根気強く勉強できない人は厳しいかもしれません。

AWS認定資格

AWS認定資格とは、クラウドサービスの専門知識を持っていることを証明できるAmazonの公式認定資格です。

AWSとは?

AWS(Amazon Web Service)とは、Amazonが提供するクラウドコンピューターサービスです。世界中のデータセンターから200以上の機能を提供しています。

AWSでできることとして、Webサイトの運用、データのバックアップ、AI機能の利用などがあります。

AWS認定資格は「基礎」「アソシエイト」「プロフェッショナル」の3つのレベルに分かれており、その中からさらに12種類の専門知識分野があります。

Amazon認定資格ということもあり信頼性が高く、月収28〜36万円ほど目指せます。

資格の難易度基礎:1ヶ月ほどしっかり勉強すれば取得できるアソシエイト、プロフェッショナル:実務経験があると合格率が上がる
勉強時間基礎:1ヶ月アソシエイト:200時間プロフェッショナル:260時間
目指せる職業クラウドエンジニア
AWSエンジニア
月収28~36万円

この資格が向かない人は、資格取得後も勉強するのが面倒な人です。

AWS認定資格は有効期限があり、資格取得しても3年間後にはまた更新が必要です。

AWSの情報は日々新しいものに更新されているので、学び続ける意欲が薄い人には向いてない資格といえます。

Google広告認定資格

Google広告認定資格とは、Google広告に関するGoogle公認の認定資格です。

資格は動画、アプリなど6種類あり、合格することでそれぞれの分野の知識を持っていることを証明できます。

Google公認の資格ということもあり信頼性が高く、月収23〜28万円ほど目指せます。

資格の難易度資格の種類が6つあるが難易度はそこまで高くないので、しっかり勉強すれば取得できる
勉強時間6資格×6時間=36時間
目指せる職業Web広告コンサルタント
Web広告サポート・アシスタント
Webマーケター
営業職
月収23~28万円

この資格が向かない人は、資格更新が面倒な人です。

Google広告認定資格の有効期限は1年間。

更新するには再度試験に合格しなければならないので、この手間が面倒な人には向かない資格といえます。

ウェブ解析士

ウェブ解析士とは、ウェブデータやサイトのアクセス解析などをもとに、デジタルマーケティングの知識があることを証明する資格です。

受験者が多いので、認知度が高い資格でもあります。

転職の際にも、この資格があることが大きなメリットになり、月収31〜41万円ほど目指せます。

(※もちろん資格だけでなく、実積・スキルも不可欠です)

資格の難易度範囲は広いがテキストの持ち込みが許可されているので、しっかり勉強していれば取得できる
勉強時間2~4ヶ月(業界経験者は1ヶ月~1ヶ月半)
目指せる職業ウェブ解析士(Webアナリスト)
Webコンサルタント
月収31~41万円

ウェブ解析士認定資格に向かない人は、Webマーケティングに興味がない人です。

Webマーケティング=SNSやYouTube、ブログなどです。

宅地建物取引士

宅地建物取引士(宅建・宅建士)とは、不動産取引の専門家であることを証明する国家資格です。

不動産取引の際、宅地建物取引士の資格がないとできない業務があり、需要が高い資格といえます。

月1~3万円の資格手当が付くことが多く、月収34〜46万円ほど目指せます。

資格の難易度学習範囲が広く、専門用語も多いが、しっかり対策すれば取得できる
勉強時間5ヶ月
目指せる職業宅地建物取引士
月収34~46万円

この資格が向かない人は、人と話すのが苦手な人です。

不動産の売買や仲介時は、交渉・プレゼンといった対応力が必要になります。

人と話すのが苦手な人は、こういった業務が苦痛に感じるかもしれません。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは、税金や不動産など家計に関わるお金の専門家であることを証明する資格です。

相談者の夢や目標を叶えるため、経済環境などのデータをもとに資産設計、アドバイスを行います。

金融業界や保険業界、証券会社などファイナンシャルプランナーを推奨している企業も多く、月収27万円ほど目指せます。

資格の難易度3級、2級はしっかり勉強すれば取得できる1級は実務経験が必要
勉強時間80~150時間
目指せる職業ファイナンシャルプランナー
資産アドバイザー
営業職
月収27万円

この資格が向かない人は、数字が苦手な人です。

年金、住宅ローンなどお金の悩みに対応するので、数字が必ず関わってきます。

数字や計算が苦手な人は、業務がスムーズに進みにくいかもしれません。

超難易度が高いけど、あれば食いっぱぐれない資格

難易度はかなり高いものの、あれば食いっぱぐれない資格は以下の3つです。

  • 公認会計士
  • 中小企業診断士
  • 社会保険労務士

国家資格なので信頼性も高く、転職に役立つものばかり。

持ってるだけで金になるとは言え、難易度は異常に高いですね。

※個人的には、上記3つの資格よりも「IT系の資格」を推奨します。

公認会計士

公認会計士とは会社の監査・会計の専門知識があることを証明する、医師・弁護士と並ぶ国家3大資格のひとつです。

会社経営者は株主に向けて、経営状況の報告が義務付けされており、虚偽がないことを証明するのに公認会計士の力が必要になります。

業界的に個人の能力が評価されやすく、初任給は月収30~35万円、経験を積めば月収68〜71万円ほどを目指せます。

資格の難易度各科目の知識をしっかり理解し、苦手箇所も根気強く勉強すれば取得できる
勉強時間2~4年
目指せる職業公認会計士
月収月収30~71万円

この資格が向かない人は、根気強く勉強するのが苦手な人です。

収入が高いのは魅力的ですが、2年〜4年という長い期間勉強しなければなりません。

モチベーションの維持ができない人には、難しい資格といえます。

中小企業診断士

中小企業診断士とは、中小企業経営のコンサルティングが行えることを証明する、経営分野唯一の国家資格です。

ヒアリングをもとに、経営課題を解決するための診断・助言を行います。

コンサルタント以外にも講演、執筆など活動の幅が広く、月収35万円ほどを目指せます。

資格の難易度働きながらでも効率よく勉強すれば取得できる
勉強時間半年~1年
目指せる職業中小企業診断士
月収月収35万円

この資格が向かない人は、柔軟な対応が苦手な人です。

経営課題を解決するには数字だけでなく、環境・背景といったさまざまな側面から判断する必要があります。

コミュケーションをもとに、柔軟な判断が出来ない人は厳しいかもしれません。

社会保険労務士

社会保険労務士(社労士)とは、労働関係の法律・人事・労務管理の専門家であることを証明する国家資格です。

仕事内容は1〜3号の3つの業務分けられ、申請・帳簿書類の作成、コンサルティングなどを行います。

公的年金に関わる唯一の国家資格で需要も高く、月収28〜36万円ほどを目指せます。

資格の難易度1回で合格する人は少ないので、何度も受験する気持ちで臨むと取得できる
勉強時間10ヶ月
目指せる職業社会保険労務士
月収月収28~36万円

この資格が向かない人は、学歴が高卒の人です。

社会保険労務士を受験するには、「学歴」「実務経験」「試験合格」の3つの中からひとつ満たしている必要がありますが、学歴の項目で高卒は受験が認められていません。

実務経験3年あれば高卒でも受験資格を取得できますが、かなり年月が必要となるので、長い目で見れない人には難しい資格でしょう。

実際は資格よりも「スキルの習得」をおすすめします

資格が転職や収入アップに役立つことは間違いありません。

しかし、実際は資格よりも「スキルの習得」をおすすめします。

特に、今後需要が高いことが予想される、IT系で役立つスキルは以下の3つです。

持ってるだけで金になるスキル
  1. プログラミング
  2. Webマーケティング
  3. Webライティング

では、具体的にどう役立つのか見ていきましょう。

プログラミング

プログラミングとは、プログラミング言語を使ってコンピューターに実行して欲しい指示を作るスキルです。

具体的な内容として、以下のようなことを行います。

  • Webサイトの制作
  • システム開発
  • Webアプリケーションの開発

制作や開発と聞くと難しいイメージを持つかもしれませんが、最近は学習教材も豊富でして、スタートのハードルは低いです。

学習期間は半年〜1年間ほど必要になりますが、スキルを身につけることで転職に役立つだけでなく、個人で高単価案件の受注も目指せます。

無料学習サービスを提供しているサイトもあるので、自分に合うか試してみてもいいですね。

Webマーケティング

Webマーケティングとは、Web上で商品やサービスが売れる仕組みを作ることをいいます。

具体的には、以下のようなことを実践します。

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • Web広告運用
  • SNS運用
  • ランディングページ(商品やサービスに特化したサイト)の最適化

学習方法は、自身のブログやSNSを運用して学ぶ方法もありますが、Webマーケティングが学べるスクールを利用すると効率的に学べますよ。

Webマーケティングの知識は、他の業種にも応用が効くため、身につけて損はないスキルです。

Webライティング

Webライティングとは、Web上に公開される記事の執筆をするスキルです。

このスキルを、以下のような副業に活かしている人も多いです。

  • Webライター 
  • ブログ

学習期間・難易度ともに低く、基礎を本やネットで1週間ほど学べば、あとは実際に執筆して身につけていきます。

Webライティングはすべてのビジネスに役立つスキルなので、初めてのスキル習得にぴったりですよ。

持ってるだけで金になる資格のなかで「Java Silver」が1番おすすめ

この記事では、持ってるだけで金になる資格を20〜30代向けに7つ紹介しました。

いろいろ紹介しましたが、これからの時代、とくにおすすめなのはJava Silverです。

Java Silverがおすすめな理由
  • Javaは、あらゆる分野の開発現場で利用されているプログラミング言語
  • プログラミング未経験でも、独学で資格取得を目指せる
  • 業界未経験でも一定のスキルがあることを証明でき、転職を有利に進められる
  • 世界でも通用する資格

どの資格にしようか迷っているのであれば、Java Silver取得を目指してはいかがでしょう。

資格を取得に遅いはないので、ぜひ今から取り組んでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です