【少し待って】「IT業界から足を洗う人」が今からやるべきこと

【ちょっと待って】「IT業界から足を洗う人」が今からやるべきこと

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学4年の10月(2020年)から3ヶ月間、WebマーケティングスクールWEBMARKSを受講し、現在はフリーランスのWebマーケターとして活動しています。

※Webマーケティングとブログで生計を立てています

≫未経験から3ヶ月でSEOマーケターへ|WEBMARKS

最近はIT業界全体が「追い風」となっており、IT系の会社に所属してる人がかなり増えました。

しかし、IT業界は非常に進化が激しく、勉強が常に必要だったり、残業が多くなりがちなこともあると思います。

・もうIT業界で働いてしばらく時が経つけど、そろそろIT業界ら足を洗うことも考えてる…
・IT業界から足を洗うことを考え始めたけど、その後どうすればいいかまったく分からないよ…


今回はこんな人を救いたく、以下のようなことを徹底解説していきます。

・IT業界をやめたい人にありがちな理由
・IT業界から足を洗う前にやっておくべきこと

この記事を読み終えた後には、実際に「IT業界から足を洗う」としても、活躍できる人材になれるはずです!

「WEBMARKS」Webマーケター養成スクール

IT業界から足を洗う人の主な理由

実際に、近いうち「IT業界から足を洗いたい…」と思ってる人の理由は、だいたい共通しています。

以下に例を挙げてみました。

IT業界をやめたいと思う人の主な理由
  1. 仕事が激務になっている
  2. ITに興味がない
  3. 収入が伸び悩んでいる

天才的なエンジニアで、毎日プログラミングコードを書くのが楽しい人などは、IT業界は最高の環境かもしれません。

しかし、特に高いスキルもなく、実際に仕事のやりがいも感じていない人はIT業界から足を洗いたいと思うのは当然のことです。


では、具体的に理由をそれぞれ見ていきましょう。

理由①激務すぎる

IT業界とっていも職種がかなり多く、一概に「IT業界は激務!」と言えることはできません。

しかし、よく聞くのは「SEは残業が多い」「IT系の営業はきつい」などですね。

おそらくこの記事を読んでいる人も、エンジニアの方や営業職の方が多いかと思います。


せっかく需要の高いIT業界で働いているのに、仕事が激務だったら誰もが嫌です。

「激務で毎日がつらい…」という人は無理せずに、静かにIT業界から足を洗うべきでしょう。

【参考記事】:「エンジニアに向いてない・辞めたい人」に超おすすめの業界!

理由②ITに興味がない

そもそもITのことに興味がなく、IT業界で働いても仕事が楽しくないという人もいるはずです。

ITに関してはかなりマニアックな分野もあるので、全員が「IT業界に心から興味関心がある」ということはあり得ないでしょう。

僕は、大学4年のときにエンジニアを目指しましたが、IT自体には興味がなく、すぐに挫折した経験があります。

その後『Webマーケティング業界』に目覚め、新卒からWebマーケターとして仕事をしています。


【参考記事】:WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

ITにも興味がなく、自分がやっている仕事にやりがいを感じない人は、IT業界から足を洗うという選択をしてもよいかもしれません。

僕はWebマーケティングスクール「WEBMARKS」を受講してから『人生が激変』したので、Webマーケ業界に興味ある人は1度話を聞いてみるとよいです。


大手のDMMが運営する「マケキャン」も、無料でカウンセリングが受けれますよ。

≫マケキャンの無料カウンセリングを受けてみる

≫WEBMARKSの無料カウンセリングを受けてみる

理由③収入が伸びない

「IT業界でずっと働いてるけど、いつまでたっても収入が上がらない…」

このような人も多いのではないでしょうか?

どれだけ頑張って成果を出しても給料が上がらないのでは、当然モチベーションが下がりますよね…


3年、5年、10年とIT業界で働いても、たいして収入が上がらないのであれば、1度転職を考えるべきでしょう。

僕の職種であるWebマーケターは、かなり収入が伸びやすく、スキルが高ければグンっと年収も上がる世界です。

※ポイント

マーケティングは企業の売り上げに直結するため、非常に責任が重い職種です。だからこそ、収入も伸びやすいのです。

引用:【公式】マケキャンbyDMM.com(旧:DMM MARKETING CAMP)


DMMが運営する「マケキャン」では、受講生の年収がこのように大きく伸びた事例があります。

「自分は近いうちにIT業界から足を洗う!」と真剣に考えてる人は、1度無料カウンセリングで話を聞いてみるのも良いはずです!

≫マケキャンの無料カウンセリングを受けてみる

筆者の僕も大学4年の2月までの月収が5万円(スーパーでバイト)だけでした。

WEBMARKSでWebマーケティングスキルを身につけてからは5倍ほどの月収になりました。(多い時は50万円ほどです)

≫WEBMARKSの無料カウンセリングを受けてみる

IT業界から足を洗う人は「Webマーケティング業界」が最適

Webマーケティング業界はまだ知名度が低いのですが、「IT業界から足を洗いたい」と思ってる人には、かなりおすすめの業界です。

Webマーケティング業界というよりは、「Webマーケター」が超絶おすすめです。


特徴としては、完全スキル型の仕事で、成果を常に求められる世界です。

それでは、1つずつ見ていきましょう!

【参考記事】:給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事がいい←こんな人はWeb系が1番おすすめ!

【参考記事】:一人でできる仕事で高収入なのはWeb系!職人になって無双しろ

理由①Webマーケターの需要が高い

Webマーケターの需要はエンジニア並みに高く、Web・IT業界のなかでも最も必要とされている職種なのです。

※Webマーケターとは?

Google検索、YouTube、SNSなどを使って「物やサービスを売る仕組み」を作る人のことです。

Webマーケティングについては以下の記事で詳しく解説しております⬇︎

【参考記事】:【月20万】Webマーケティングなら大学生でも稼げます【体験談】

引用:【公式】マケキャンbyDMM.com(旧:DMM MARKETING CAMP)


このデータを見ても分かる通り、Webマーケの市場は「2015年あたり」から急激に伸びています。

ちなみに、コロナでさらに加速しました。

なので、今からWebマーケターを目指すのは、まったく手遅れではありません!

特に「20代・30代の人」は、Webマーケティングスキルを身につけることで、今後のキャリアにつながるでしょう。


≫未経験から3ヶ月でSEOマーケターへ|WEBMARKS

理由②IT業界での経験を活かせる

Webマーケターとして、IT業界での経験を活かせることは少なからずあるでしょう。

・IT企業での営業経験
・IT企業でのマネジメントスキル
・IT企業でのカスタマーサポート

例えば、Saas系の企業で勤務経験がある人は、Saas系企業のWebマーケターとして活躍できる確率が高いです。

僕は海外に留学経験があり、留学会社のWebマーケターを担当していますよ。

要はWebマーケターは、どの業界でも求められており、活躍できる幅がとにかく広いです。

引用:【公式】マケキャンbyDMM.com(旧:DMM MARKETING CAMP)|転職保証付きWebマーケティングスキル習得講座

上記のデータを見ても、25%が事業会社への就職となっているので、Webマーケターは業種の幅が広いなかで活躍できます。


≫マケキャンの無料カウンセリングを受けてみる

理由③スキルが身につきやすい

Webマーケティングは、どんなに頭が悪く、才能ない人でもスキルが身につきやすいです。

なので、「IT業界から足を洗う」と考えてる人は、Webマーケターを目指すのもありだと思います。

【参考記事】:「マジで金持ちになりたい」←凡人は努力してスキルを身につけろ!

「Fラン大出身&文系」の僕でもWebマーケターになることができています。


ITエンジニアの場合、3ヶ月で即戦力のスキルが身につくことは基本ないです。

Webマーケティングはプログラミングほど覚えることが多くないため、未経験でも3ヶ月程度でスキルが身につきます。

下記のどのスクールも、3ヶ月でカリキュラムが組まれています!

【おすすめのWebマーケティングスクール】

WEBMARKS
※国内唯一の、SEOに特化したWebマーケティングスクール。フリーランスコースでは、マーケティングについてただ学ぶだけでなく、実際にどうやって案件を取るのか?具体的な方法も習得。
DMM MARKETING WEBCAMP
※転職を本気で考えている方向けのWEBマーケティングスクール。グループワークや実際のWEBマーケ会社とのワークなど、実践的なスキルを身につけれる。
Wannabe Academy
※Web広告運用の実務に特化していて、実際のクライアントの事例をベースに学ぶため、動画や机上学習ではなく実務に触れることが可能。Webマーケティング実務を通して学習することで、職務経歴書に『実務経験有り』と書ける状態を目指します。

理由④収入が青天井

Webマーケターになることができれば、収入が青天井になります。

ただ会社員のWebマーケターだと、収入に上限があるため、独立した場合に限ります。

【参考記事】:一人でできる仕事で高収入なのはWeb系!職人になって無双しろ

ITエンジニアの場合は、よくても年収1000万くらいが限界だと思います。


会社員のマーケターでも、比較的年収は高めになるので、「なるべく早くIT業界から足を洗いたい」という人には超絶おすすめの職種です。

引用:【公式】マケキャンbyDMM.com(旧:DMM MARKETING CAMP)|転職保証付きWebマーケティングスキル習得講座

具体的な給料面に関しては、マケキャンの無料カウンセリングで詳しく聞けます。
なので、1度試しに聞いてみてもよいでしょう!


≫マケキャンの無料カウンセリングを受けてみる

IT業界とWeb業界の違い

実際にテックアカデミーWebマーケティングコースを受講した人の評判

この記事を読んでいる人のなかには、「IT業界とWeb業界の違い」が分からない人もいるかと思います。

2つは似ているようで異なるため、それぞれ解説します。

1つ言えるのは、Web業界のほうがより仕事が身近に感じると思います。(普段自分が使っているWEBサービスを使うから)⬇︎

Web(マーケティング)の種類
  1. Google検索
  2. YouTube
  3. SNS

IT業界

IT業界とは?一言でまとめると、情報処理を目的とした技術全般をあつかう業界です。

①ハードウェア
②ソフトウェア
③情報処理サービス

例えば上記のような種類があり、それぞれで全く意味が異なりますよね。

ここであまり語っても訳がわからないと思うので、超簡潔にまとめると、

IT業界=よりマニアックで理系向き
Web業界=より身近な世界で、文系も理系も関係ない


例えば、Apple製品の開発とかは、バリバリのIT業界の仕事ですよね!

Web業界

Web業界は、一言でまとめると「インターネットブラウザ」などを使ったデータ通信を主軸とする仕事をする業界です。

【インターネットブラウザとは?】

①Google Chrome
②Safari など

僕はWebマーケターとして仕事をしていますが、「どうやってサイトの順位をGoogle検索内で上げるか?」ということをやってます。▶︎SEO対策


なのでWeb業界が提供しているサービスとしては以下のような仕事がメインです!

Web業界の仕事
  1. Webサイト制作
  2. Webマーケティング
  3. Webデザイン


少しでも興味がある人は、完全にIT業界から足を洗うことはせず、Web業界で1度チャレンジしてみては?

Web業界の話を聞くだけでも、かなり考え方が変わると思うので、以下に無料カウンセリングが可能なスクールを紹介しておきますね。

無料でカウンセリング相談ができるスクール3選】

WEBMARKS
(Webマーケティングスクール)

【DMM WEBCAMP】

(プログラミングスクール)

SHElikes

(Webデザインスクール)

近いうちに「IT業界から足を洗う人」が転職前にするべきこと

IT業界から足を洗うことを真剣に考えてる人は、ぜひ以下をやるべきです。

「IT業界から足を洗いたい人」がやるべきこと
  1. Webマーケティングの勉強
  2. 自分がやりたいことを見つける

【参考記事】:休日が寝て終わる?「収入を爆上げ」したいなら今すぐ行動を起こすべき

実際に僕は、ITエンジニアを目指すのを途中で諦め、その後『Webマーケター』になることができてます。

なので、「IT業界から足を洗いたい人」には多少参考になるのではないかと思います。

1.Webマーケティングスキルを身につける

IT業界を辞めたい人に、まずやって欲しいことは「Webマーケティングの勉強」です。

独学が難しいプログラミングと違って、Webマーケティングは誰でも勉強できます。

(※しかし、本気でWebマーケターに転職するならスクールを受講しましょう)

独学でもできるWebマーケティング
  1. ブログ(SEO)
  2. SNS運用
  3. YouTube

独学の場合は、この3つが主流です。詳しくは以下の記事で解説してます⬇︎

【参考記事】:【月20万】Webマーケティングなら大学生でも稼げます【体験談】

独学だと難しいWebマーケティングの種類として、「広告運用」があります。
広告運用のWebマーケターに興味がある人は、まず以下2つのスクールで話を聞いてみてください。

DMM MARKETING WEBCAMP
※大手DMMが運営する、転職を本気で考えている方向けのWEBマーケティングスクール。グループワークや実際のWEBマーケ会社とのワークなど、実践的なスキルを身につけれる。
Wannabe Academy
※Web広告運用の実務に特化していて、実際のクライアントの事例をベースに学ぶため、動画や机上学習ではなく実務に触れることが可能。Webマーケティング実務を通して学習することで、職務経歴書に『実務経験有り』と書ける状態を目指します。

【参考記事】:「マジで金持ちになりたい」←凡人は努力してスキルを身につけろ!

2.自分がやりたいことを見つける

長い人生を生きていく中で、自分がやりたい仕事を見つけることは超重要です。

「IT業界から足を洗いたい」と思ってる人は、自分が本当にやりたいことを見つけましょう!

僕は現在23歳なのですが、現代の20〜30代なら以下の仕事は少なからず興味があるはずです。

20代〜30代におすすめの仕事(職種)

①プログラミング
②Webデザイン
③Webマーケター

特に20代の人は「スマホ全盛期」で育ったため、プログラミングやWebマーケティングに興味がある人は絶対いるはず。


【参考記事】:何の仕事・何がしたいか分からない?20代はITスキルを身につけろ!

まとめ:今後IT業界から足を洗うならWeb業界へ!

今後「IT業界から足を洗う」なら、Web業界はおすすめの選択肢です。

Web系の職種は、スキルも身につきやすいので、3ヶ月程度努力すれば転職も可能でしょう。

Web業界でおすすめの職種
  1. Webエンジニア(Web制作、アプリ開発)
  2. Webマーケター
  3. Webデザイナー

どうせIT業界から足を洗うのであれば、業界的に近い&需要が高いWeb業界がベストです。

実際に筆者の僕は、Webマーケティングスクール「WEBMARKS」の無料カウンセリングを受けてから人生が変わりました。

最初は「Webマーケティングなんて訳が分からない」という状態でしたが、無料相談で話を聞いてから気が変わりました。

その後大学4年の3月には、月収50万円まで到達しました。


この記事を読み終えたからには、行動を起こして、人生を少しでも変えていけるように進んでいきましょう!

無料でカウンセリング相談ができるスクール3選】

WEBMARKS(Webマーケティングスクール)
※国内唯一の、SEOに特化したWebマーケティングスクール。フリーランスコースでは、マーケティングについてただ学ぶだけでなく、実際にどうやって案件を取るのか?具体的な方法も習得。

【DMM WEBCAMP】(プログラミングスクール)
※本気でエンジニアに転職を考えている方向けのプログラミングスクール。 転職を保証しており、未経験からIT業界へ転職を求めている方に最適。「働きながら転職を目指したい」「自分のペースでスキルを身につけながら転職もしたい」という方に特におすすめ。

SHElikes(Webデザインスクール)
※2ヶ月で1からWeb制作の基礎が身につくコース。デザイン初心者・プロのWebデザイナーになりたい方におすすめ。講座卒業後はWebデザイナーとして活躍される方が多数。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です