「定年まで2年残して退職しよう」←退職前にやるべきなのは資産形成1択。

定年まで2年残して退職しよう

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

自分の父親が定年まであと2年で、父のために色々と情報収集をしている23歳です。

この6ヶ月くらいずっと早期退職や老後の資産などについて深く調べていたので、いつの間にかその分野に詳しくなりました。

自分の親はまさに定年まで2年なのですが、彼は仕事をやめる気配がありません。

おそらく、資産的な問題がまだ不安なのかと思いますが、この記事を読んでいる人も以下のように悩んでいるはずです。

  • 定年まで2年残して退職しようと思うけど、まだ不安がある
  • 定年まで2年残して退職したいけど、今のことろ決断ができない

「いつ仕事を引退するか」は個々の価値観の問題ではありますが、何歳で退職するにしても経済的な問題・悩みは誰もが持つものでしょう。

そこで今回は、定年まで2年残して退職しようと考えている人向けに、以下の内容の記事を書きました。

本記事の内容まとめ
  • 定年まで2年残して退職するのはアリ?
  • 定年まで2年残して退職するのがOKな人の例
  • 定年間近の人におすすめの資産形成サービス


この記事は、定年まであと2年である「筆者の父親のための情報取集」をもとに執筆しました。

テキトーに日記みたいなものを書いたわけでなく、半年ほど情報収集をしてきたなかで「これは重要だ」と思ったことをまとめています。

たったの3分で読めますので、ぜひ最初から最後まで読んでみてください。

「定年まで2年残して退職しよう」という決断はアリ?

そもそも、「定年まで2年残して退職しよう」という判断はアリなのでしょうか?

結論、お金の準備ができているなら良いと思います。

かつ、今までの貯金や退職金を使って、新しい収入を得る方法(不動産投資や株式投資)を学んでいるなら、尚更ありと言えますね。

逆に、経済的な面で不安があるなら、定年まで2年残して退職する必要もないのではないでしょうか。

  • 「あと何年生きるだろうから、毎月〜円しか使わない」
  • 「残りの人生は、毎月〜円で生活すればなんとか生きれそうだ」

上記のように、がっつり計算をして毎月の予算を決めるのも方法の1つですが….

そこまで余裕がないのに、無理して定年より2年早く退職する必要はありません。せっかくリタイアするのであれば、心に余裕を持った生活をしましょう。

定年まで2年残して退職するのがOKな人の例

「定年まで2年残して退職しよう」と言っても、誰もが退職して良いわけではなく….

なかには、定年まで2年残して退職するのが問題ない人もいますよね。

具体的には、以下のような人は「定年の2年前くらいに退職」をしても問題ないと思います。

定年まで2年残して退職がOKな人
  1. 「お金の計算」がすでに完了している人(リタイア後に必要なお金がある人)
  2. 不動産投資や株式投資など、副収入をすでに得ている人

「お金の計算」がすでに完了している人(充分な資金がある人)

退職後、基本的な生活費は年金でも足りますが、生活費以外にも介護や医療にもお金が必要ですよね。

  • 介護の平均費用=月8万3,000円(10年だと960万)
  • 医療費=500万〜1,000万円
  • 予備費=1,000万円

これらのお金を今用意できている。かつ、貯金だけでなく今後も自分で収入を作れることができる人は、定年まで2年残して退職してもよいでしょう。

とは言え、個人的には次に解説する「副収入」がないと、定年の2年前に退職するのは非推奨です。

不動産投資や株式投資など、副収入をすでに得ている人

どんなに貯金があったとしても、今までもらっていた収入がいきなり減るのは誰もが怖いはずです。

その不安を解消する最大の方法としては、不動産投資か株式投資の2つがありますね。

しかし、ハイリスクハイリターンと言われている株式投資よりも、ミドルリスクミドルリターンの『不動産投資』のほうを筆者はおすすめします。

引用:https://special.renosy.com/

不動産投資とは、上記のような仕組みなり、退職後も年金以外の『副収入』を得ることが可能ですね。

事実、年金と貯金だけで、老後の生活を全て支えるのは非常に厳しい時代です。

不動産投資のような不労所得を確保してるか、してないかだけでも大きな差になると言えます。

とは言え、これだけ語ってもよくわからないと思いますので、RESONYのような不動産投資のサービスを利用するといいですね。

公式サイト:https://special.renosy.com/

RESONYは、上場企業の株式会社GA technologiesが運営している実績のある不動産投資サービスです。

不動産投資のシミュレーションができる無料のライフプラン診断を通して、もしあなたが不動産投資をした場合の収支や、仕組みを学ぶことができます。

無料での資料請求と無料相談をすると『5万円のAmazonギフト券』ももらえるので、

  • 「定年(退職)までに、なんとか副収入を作りたい」
  • 「今の貯金と年金だけでは、退職後が不安すぎる」

という方は、まず資料請求(もちろん無料)をしてみることをオススメします。

≫≫RENOSYの公式サイトへ飛ぶ

「定年まで2年残して退職しよう」と言う人は資産形成に目を向けるべき

「定年まで2年残して退職しよう」と思うのであれば、確実に自分で副収入を作れるよう今から準備しておくべきです。

今の貯金・退職金・年金などでいくらお金が貯まっても、突如毎月安定した収入が消えるのは誰もが不安になります。

資産形成といっても種類はいろいろありますが、最も長く安定した収入を得られるのは不動産投資です。

筆者も23歳ながら株式投資や仮想通貨投資をしていますが、とにかく安定がありません。退職後にそれらで生計を立てるのは、さすがにリスクが高すぎます。

上場企業が運営するRESONYの公式サイトにもあるように、不動産投資はミドルリスクミドルリターンと言われています。

公式サイト:https://special.renosy.com/

だからこそ、不動産投資は定年まで2年残して退職するあなたに最適と言えますし、将来を見据えて今のうちから知識を吸収するべきですね。

「不動産投資なんて何もわからない」「投資には本当に興味ないよ」

という人でも、資料請求だけなら1円もかからないので、試しに資料を読んでみるのもよいと思います。

≫≫RESONYで資料請求する(完全無料)

定年が近い人におすすめの資産形成サービス【無料で資料請求できる】

続いてここからは、定年が近い人におすすめできる「資産形成サービス」を3つ紹介してきます。

どれも「いきなりお金を払ってスタート」とかではなく、ちゃんと無料の資料請求(もしくは無料面談)があります。

おすすめの資産形成サービス
  • J.P.Returns
  • RENOSY
  • アセットジャパン


筆者の父親にもそれぞれ勧めましたが、「本とかで学ぶよりも、3倍は分かりやすいわ」と言ってました。

どれも内容が違うので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

J.P.Returns

不動産投資のJPリターンズは、不動産投資のプロから資産運用について学べるサービスです。

自分の父親が資料請求をして資料を読んでいましたが、「不動産投資(マンション投資)って意外と難しくないんだな」と言ってました。

Fラン大学出身、58歳の父親でも理解できていたので、資料の質はかなり高いかと思います。(※資料請求は無料

J.P.Returnsのポイント
  1. 無料でもらえる資料が、小難しい本よりも断然わかりやすい
  2. 仲介手数料0円の売主物件のみ紹介してくれる
  3. WEB面談でマンション投資のリスクについて丁寧に説明がある


一般的に、不動産投資は「物件選びの時点で勝敗が決まってしまう」と言われており、その最初の物件選びを徹底サポートしてくれるのがJPリターンズの強みでもありますね。

とは言え、これだけ知ってもよくわからないと思います。

  • 不動産投資に興味はあるけど、初心者すぎて何もわからない
  • 定年までに安定した『副収入』を作っておきたい

上記のように思っている人は、とりあえず無料の資料請求をして「不動産投資について知るきっかけ」を作るといいでしょう。

≫≫JPリターンズの公式サイトへ飛ぶ

RENOSY

RENOSYでは、無料のライフプラン診断で不動産投資のシミュレーションが可能です。

自分がもし不動産投資をしたら、どれくらい収入を手にできるのか、どーいう仕組みなのかを知ることもできます。

RENOSYは、少額投資で年間96万円の収入を得ることを目的としています。なので、退職後に月8万〜10万円ほどの収入が欲しいという人には最適です。

RESONYのポイント
  1. 少ない投資額で年間96万円の副収入を得られる(条件によって異なる)
  2. 高精度なデータを活用し、価値の高い物件のみを紹介してくれる
  3. ITの活用により面倒な物件管理業務がなく、家賃収入を得るだけでOK
    ※物件購入後はアプリで超簡単に管理ができます


RENOSYを運営している会社は、設立5年で上場し不動産業界でも注目されているベンチャー企業「株式会社GA technologies」です。

上場企業が運営しているという時点で、かなり安心して利用できるかと思います。

  • 少ない自己資金で、退職後も『年間100万円』ほどの副収入が欲しい
  • 不動産投資は興味あるけど、管理とかいろいろ面倒くさそう

このように思ってるのであれば、試しに資料請求(無料)をし、不動産投資について知るきっかけを作るのをオススメします。


≫≫RESONYの公式サイトへ飛ぶ

アセットジャパン

アセットジャパンでは、不動産投資のプロから『一切押し売りをしない』で、資産運用に関してのアドバイスを受けることが可能です。

それぞれの人の年齢、職業、家族構成などに沿って、個別に資産運用の提案をしてくれますよ。(無料)

無料カウンセリングにて、資産運用のプロが「あなただけのオーダーメイドプラン」を考えてくれます。

アセットジャパンのポイント
  1. 個々の状況・環境に合ったオーダーメイドプランを提案してくれる
  2. 無料カウンセリングでは、「家計の見直し」まで考えてくれる
  3. 強引な営業・提案をしてこない


アセットジャパンは、先ほど紹介したJPリターンズなどよりも、無料カウンセリングの内容が手厚いと言えますね。

それぞれの収入や貯金額によっても投資のやり方は違いますし、あなたに最適なプランを提案してくれるのがアセットジャパンの強みです。

  • 投資を今まで1度もしたことがないので、何もわからない
  • 退職するまでに、自分に合った副収入の作り方を知っておきたい

このように考えている人は、とりあえず資料請求から面談までしてみるとよいですよ。

≫≫アセットジャパンの公式サイトへ飛ぶ

まとめ:定年まで2年残して退職するなら「貯金」よりも「副収入」

結論、「定年まで2年残して退職しよう」という意見には全く反対しません。

ただし、『今の貯金と年金以外にも、退職後に副収入を確保できる』という人に限ります。

いま副収入がないのであれば、いまからでも遅くありません。

RENOSYのような不動産投資のサービスを利用し、ゼロから不動産投資の知識を吸収していけば、定年する前までに副収入を得られるはずです。

公式サイト:https://special.renosy.com/

上記の通り、不動産投資はリスクが高いわけでもなく、特に50代中盤以降の人に最適な投資法と言えます。

今まで投資を避けてきた人でも、安心して資産形成ができます。

先ほど紹介した資産形成サービスでは、どれも無料の資料請求から無料面談まで可能です。

おすすめの資産形成サービス


また、どれも無料カウンセリング後に『Amazonギフト券2万円以上』がもらえます。(どれもいつ終了するかは不明)

個人的には、IT系の上場企業が運営、かつAmazonギフト券5万円がもらえるRENOSYが最もおすすめです。

公式サイト:https://special.renosy.com/

定年まで2年残して退職しようとしている人は、今からでも不動産投資に目を向けてみると良いでしょう。

≫≫RENOSYの資料請求をする(完全無料)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です