中途採用後一年で退職…そのまま転職しまくる人生だと危険。

中途採用後1年で退職はやばい?

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学を卒業する前にフリーランスになり、卒業して8ヶ月後に中途採用で正社員就職。

結局その会社を一年も経たずに退職(半年で退職)し、今はまたフリーランスとして生きている24歳です。

  • 「中途採用されて一年で退職したいけど、今後のことを考えても不安」
  • 「中途採用後、一年で退職したら今後は転職も難しくなるのでは…」

この記事にたどり着いた人は、上記のように悩んでいるはずです。

入社前は「よし、この会社で長く頑張るぞ!」と気合いがあっても、入社してしばらく経つと「あれ、なんか違うぞ。もう辞めたいかも」となる人は多いですよね。

実際に、筆者も上記と同じような気持ちになり、中途採用で入った会社を6ヶ月で退職しました。

そこで今回は、過去の僕と同じように「中途採用後一年以内での退職」を考えてる人向けに、以下の内容の記事を書きました。

本記事の内容まとめ
  • 中途採用後一年で退職する人のよくある理由
  • 中途採用後一年で退職するのは基本NG
  • 「すぐに退職してしまう問題(傾向)」は早めに解決するべき
  • 中途採用後一年で退職するなら「キャリアトレーニング」を推奨


せっかく入った会社を短期で退職するのは、今後のキャリアにも少なからず影響しますし、簡単に決断できることではないはず。

「中途採用で入った会社を一年以内で退職するか迷う…」という人へ、少しでも役に立てる記事となれば嬉しいです。

たったの2分で読めるので、ぜひ読み飛ばさずに最後までご覧ください。

中途採用後一年で退職する人のよくある理由

まずは、中途採用後一年以内に退職する人のよくある理由を見ていきましょう。

中途採用後一年で退職する人のよくある理由
  1. 人間関係が苦痛
  2. 毎日の仕事が退屈。しっくりこない。
  3. 給料に満足していない

筆者は、上記すべてに当てはまっていました…。

一年以内に退職するということは、ポジティブな理由よりもネガティブな理由のほうが多いでしょう。

人間関係でうまくいってない

まず1番多いであろう退職理由としては、人間関係での悩みでしょう。

  • 上司がうざくて仕方ない
  • 上司の性格と自分の性格が合わない

会社員である限り、上司との付き合いは必ずあるものですよね….

ただ、どんなに上司がうざくても、その上司の性格を変えることは不可能です。

毎日上司のウザさに悩むくらいなら、「さっさと会社を辞めるほうがいい」と個人的には思います。

仕事が何かしっくりこない

入社する前は、「よし内定取れたぞ。これから頑張るぞ!」と意気込む人は多いですが….

しばらく経つと、「あれ、この仕事つまらないな。毎日何やってんだろう僕は…」とモチベーションが消えてしまう人は多いはず。

一年以内に仕事のやる気が消えたということは、以下2つに当てはまる可能性が高いです。

  1. そもそも今の仕事があなたに合っていない
  2. 自分がやりたいことを理解できていない

また、今の状態で同じような仕事に転職しても、またすぐに退職する可能性が高いと言えます。

「今の仕事になんかしっくりこない…」という人は、後ほど紹介するキャリアトレーニングを受けることをおすすめします。

給料に納得いってない

中途採用で入った会社を一年で辞めたい人の中には、「今の会社の給料に納得できない」という人もいるはず。

筆者は、中途採用で入った会社で月収が手取り22万円でした。23歳にしては高いかもしれませんが、僕は自力で稼ぐことができるため納得してませんでした。

「こんな働いて、たったの22万円?これなら独立したほうが稼げるわ」

とシンプルに思ったので、中途採用後一年以内だろうが関係なしに、退職を決断しました。

この先は終身雇用や年功序列もないですし、雇われずに稼ぐ力をつけることも非常に大事です。まずは副業からでも問題なので、何かしら始めてるのもいいかと。

【参考記事】:副業は在宅で仕事終わりにできる?マイペースにできる副業5選を紹介!

中途採用後一年で退職するのは基本NG

事実として、中途採用後に一年で退職するのは一般的にNGです。

特に僕みたいな低学歴で、大企業勤めの経験もない(エリートサラリーマンではない人)凡人は注意したほうがいいですよ。

では、なぜ途採用後に一年で退職するのは避けるべきなのか?

それぞれ理由や注意点を見ていきましょう。

その後の転職で不利になる

中途採用後に一年で退職すると、当然ながら転職でも多少は不利になります。

普通に考えて、企業側も以下のように思っておかしくありません。

  • この人は採用しても、一年くらいで辞めるだろう
  • この人を採用するなら、長く働いてくれそうなBさんを採用したい

とは言え、どうしても今の会社を辞めたいなら辞めてOKだと僕は思います。

ただ、つぎの会社をまた一年以内に辞めることは、絶対に避けましょう。

もう二度と短期離職をしないためにも、後ほど紹介するキャリアトレーニングを強く推奨します。

20代は特にやめたほうがいいかも?

20代のうちに中途採用後一年で退職をしてしまうと、つぎの転職で大手などの有力企業に入るのは難しくなるでしょう。

ぶっちゃけ20代はチャンスしかない年代なので、短期離職によって自分の評価(市場価値)を下げてしまうのはもったいないですよ…。

どんなにスキルや能力が高い人でも、一年以内に退職した経歴があると、どうしても印象は良くないのが実態。

そして、20代の人が「中途採用後一年以内での退職」を考えているなら、1人で辞めるか・続けるかの判断をするのはやめたほうがいいです。

そもそも20代はキャリアについての知識が薄いですし、1人で勝手に退職しようとしても「その判断が正しいか」はわからないはず。

  • まだ入社して一年くらいだけど、辞めたくて耐えられない….
  • すぐに辞めるべきか、もう少し続けてみるべきか1人ではわからない….

このように悩んでる20代の人は、しっかりとキャリア相談のプロと一緒に退職するかを考えましょう。

マジキャリでは、初めの1回だけであればキャリアのプロに「退職するべきか」も無料で相談が可能です。

公式サイト:https://majicari.com/


≫≫マジキャリを無料で試してみる(20秒で申し込み)

人によっては一年以内に転職してもOK

誰もが「一年以内に退職するべきではない」ということはありません。

人によっては、何度転職しても問題ない人も存在します

何度転職してもOKな人の例
  1. それまでのキャリアに一貫性がある人
  2. 誰もが100%納得できる転職理由がある人


例えば、前職では生命保険の営業をしており、ある程度の結果を残すことができたため、次は同じ保険ジャンルの損害保険営業をしたいなど。

上記のような人であれば、一年以内に退職するとしても、企業側は評価してくれる可能性もあります。

とは言え、「ほんとうに自分は一年以内に退職して良いのか?」に関しては、しっかりとキャリアのプロに相談するほうが確実です。

もう二度と短期離職をしないためにも、後ほど紹介するキャリアトレーニングを強く推奨します。

「すぐに退職してしまう問題(傾向)」は早めに解決するべき

「どうしても今の仕事は辞めたい」「もうこれ以上耐えるのはつらい」

これほどの想いがあるなら、ぶっちゃけ中途採用後一年以内に退職しても良いとは思います。

しかし….

今後、また一年以内に退職するようなことは絶対に避けるべきです。

「2度あることは3度ある」という言葉があるように、次も短期退職を繰り返してしまうと、その後もずっと繰り返してしまうに違いありません。

もちろん「10年〜20年と1つの会社に居続ける時代」はとっくに終わってますが、一年ごとに転職するのはさすがに限度を超えています。

短期で転職を繰り返しても特にメリットはないですし、キャリアアップにもつながりませんからね。

ですので、短期で退職することを今後無くすためにも、早めにご自身と向き合う機会を作るとよいでしょう。

その機会を作る方法として、最近では自分の人生やキャリアと真剣に向き合える「キャリトレーニング」というものがあるのですが、これは次の章で詳しく解説していきます。

中途採用後一年で退職する・したなら「キャリアトレーニング」を推奨

結論、中途採用で入った会社を一年で退職する人には、キャリアトレーニングを受けることを強くおすすめします。

最近は終身雇用・年功序列も終わった時代なので、20代〜30代で受ける人がかなり増えてますよ。

キャリアトレーニングとは?

あなた自身の今後のキャリア、人生をどう生きるかの整理をするトレーニング。

「自己分析」「キャリア設計」「転職活動サポート」を徹底的に行い、転職エージェントでは解決し切れないキャリアの軸や強みを明確にすることができます。


また、キャリアトレーニングが受けれるサービスとしては、マジキャリが最もおすすめです。

公式サイト:https://majicari.com/

マジキャリは、うわべではない「本質的なキャリアの課題」を解決するためのキャリアトレーニングです。

運営会社は『転職エージェント事業』も行っているので、 転職志望者に寄り添った提案もしてくれるのが強みとなります。

トレーニング内容・自己分析
・理想の働き方を実現するためのキャリア設計
・企業の選び方
・選考対策(面接&書類)
・転職の意思決定支援
料金・キャリアデザインコース:27万5千円
・自己実現コース:44万円
・自己実現コースmore:66万円
※入会金は一律5万円
※分割払い制度、返金保証制度あり
無料相談あり
公式サイトhttps://majicari.com/

無料相談を受けると、自己分析ワークシートを受け取ることができます。


≫≫まずはマジキャリの無料相談を受けてみる

つづいて、キャリアトレーニングを受けることで得られる「メリット3つ」について見ていきましょう。

自己分析を徹底的にできる

引用:https://majicari.com/

キャリアトレーニングでは、キャリアのプロと一緒に「自己分析」を徹底的におこないます。

ぶっちゃけ大半の社会人は、大学生の時以来「自己分析」をしてないはずです。しかし、社会人になってからのほうが自己分析って重要ですよ。

自己分析を数ヶ月と時間をかけてやることで、以下のことが確実に明確化されます。

  • 自分は一体どんな仕事をすれば、やりがいを持って長く続けられるのか
  • 自分が仕事をしていく中で、達成(実現)したいことは一体なんなのか

自分の人生の軸が見つかることで、転職をする際にもブレずに自分の道を進むことができるようになります。

将来のキャリアを設計できる

引用:https://majicari.com/

キャリアトレーニングでは、将来のキャリアも設計できます。

30年前とかであれば、終身雇用や年功序列が当たり前だったので、キャリア設計など必要のない時代だったかと思います。

しかし、今の時代は違います。

誰もが転職をする時代ですし、特に20代〜30代はキャリア迷子になる人も非常に多いんです。

  • 今後どーいうふうに、社会人としてやっていくか何も決めてない
  • いつ転職するか、次はどんな会社に転職するかなど、全く決めてない

本記事を読んでいるあなたも、上記に当てはまるのではないでしょうか?

もし当てはまるなら、間違いなく「キャリアトレーニングを受けるべき」と言えます。

≫≫マジキャリの公式サイトを見てみる

転職でミスマッチが起きなくなる

引用:https://majicari.com/

キャリアトレーニングで「自己分析」「キャリア設計」の2つをすることで、今後転職での失敗は起きなくなるでしょう。

中途採用後一年で退職するのは、ある意味「失敗」と言えますよね。ただ、また同じことをしないためにもキャリアトレーニングで自分の軸を明確にするといいでしょう。

上記のK・Tさんは『焦りの転職』が原因で、うつ病になるほど追い込まれてしまったのです。

自分軸もないまま「焦って転職」をしても良い結果にはならないですし、いきなり転職に走るよりも、自分と向き合う機会を作るほうがいいです。

まとめ:中途採用されて一年以内に退職する = 自分を見直す良いタイミング

中途採用されて一年以内に退職するのは、けして完全にダメなことではありません。

何度もそれを繰り返すのはNGですが、1回くらいであればまだセーフと言っていいかと。

逆に、これを機に「自分の人生を考え直すきっかけ」を作れると、なお良いですね。

  • 自分は今後どんな人生(キャリア)にしていきたいか
  • 自分がやりたいこと、合っている仕事はなんなのか

これらを胸を張って答えられないなら、間違いなく自分と向き合う時間を作るほうがいいです。

とは言え、1人では何をして良いかよくわからないと思うので、マジキャリのようなキャリアコーチングを受けることを推奨します。

公式サイト:https://majicari.com/

マジキャリは、うわべではない「本質的なキャリアの課題」を解決するためのキャリアトレーニングです。

トレーニング内容・自己分析
・理想の働き方を実現するためのキャリア設計
・企業の選び方
・選考対策(面接&書類)
・転職の意思決定支援
料金・キャリアデザインコース:27万5千円
・自己実現コース:44万円
・自己実現コースmore:66万円
※入会金は一律5万円
※分割払い制度、返金保証制度あり
無料相談あり
公式サイトhttps://majicari.com/

お金を払って本受講はしないとしても、無料相談を受けてみることで「自分が今するべきことはコレかも」など気づきがあると思いますよ。

「キャリアトレーニング?よくわからないけど、試しに受けてみようかな」

こんな軽い気持ちでOKなので、試しに無料で体験してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です