「副業しない方がいい」って本当?副業しないとやばい理由を23歳の新卒が語る

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学4年の時にWebマーケターとして独立し、現在はベンチャー企業で働きつつ、副業で月7〜10万円を稼いでる23歳です。

2022年現在、政府も「たのむから副業をしてくれ」と言っていますが、いまだに副業を始めてない人は多いのでは??

というより、副業を始める前の段階で以下のように悩みますよね。

・副業しなきゃいけないのは分かってるけど、自分は副業しない方がいいかも…
・副業しないとやばいけど、自分にできる副業が分からない …


はい。筆者は大学生の頃から「副業をスタート」しましたが、当時はこのように悩んでました。

そこで今回は、筆者のこれまでの経験を活かし、以下のような記事を書きました!

本記事の内容まとめ!
  • 「副業しない方がいい」←これは人による
  • 筆者は副業をしないとやばい人の代表例です
  • 副業しない方がいい人の例3選
  • 副業しないとやばい人の例3選
  • 今ゼロから副業を始めるなら『この4つ』


「自分は副業しない方がいいのかな… 」「副業しないとやばいのは分かってるんだけど…」

このように、副業のことでモヤモヤしている人にとっては、参考になることが多いかと。

記事を読み終えた後には、実際に副業を始めるか・始めないか区切りがつくはずです。

3分ほどで読める記事なので、最初から最後までじっくりと読み進めてくださいね。

「副業しない方がいい」←結論、これは人による

「副業をするべきか、しない方がいいのか?」「副業しないとやばい?」

結論、コレは人によります。


副業をしない方がいい状況の人もいれば、しないとやばい人も存在しますね。

今回は、コレを深掘りして解説しようと思い、記事を書きました!

筆者は副業をしないとやばいタイプの人です

【スーパーの品出しを辞めたい?】辞めてから人生大逆転した話

この世には、副業をしない方がいい人もいるなか、筆者は副業をしないとやばい人間の代表です。

筆者が『副業をしないとやばい理由』は以下の2つです。

筆者が副業をしないとやばい理由
  • 新卒カードを捨てた
  • ベンチャー企業で働いている

筆者はFラン大学出身ですので、この先大企業に就職するのは不可能でしょう(笑)

新卒カードを捨てた

筆者はFランの日○大学出身ですが、就職活動を中途半端にやめました。

要は、僕は新卒カードを捨てたのです…。

10社ほど面接は受けたのですが、自分は社会不適合者なので「就活マジで無理だ」と感じました。

そして、大学4年の卒業前に、Webマーケターとして独立しました。

人生の中でも非常に貴重である「新卒カード」を捨てたので、僕はこの先大企業に就職するのは不可能に近いですよね。

ということは、将来の安定も全くないですし、自力で副業で稼ぐしかないと言えます。

副業しないとやばい…稼がないとやばい…という覚悟で毎日生きています泣

※ウェブ解析士協会からもインタビューを受けたので、興味がある人はぜひ。

【インタビュー記事】:内定ゼロから一転、大学卒業前にウェブマーケターデビュー

ベンチャー企業勤め

筆者は2022年現在、オンラインサービスを提供する「中堅ベンチャー企業」に勤めています。

もちろん大企業ではないので、将来は保証されていません。

終身雇用・年功序列を望んでいませんし、それらの制度は社内にもないです。

要するに、副業をしないとやばいですし、本業以外でも収入がないと、ガチで老後が不安すぎますよね。

筆者はまだ23歳ですが、この歳でも将来に不安を感じていますよ。

※僕と同じように、中小のベンチャー企業に勤めてる人は、間違いなく副業をしたほうがよいです。コレだけは心の底から伝えたいです。

副業しない方がいい人の例3選

副業しないと本当にやばい人もいれば、逆に「副業をしない方がいい人」も存在します。

以下のような人は、副業をしない方がいいと断言できます。

副業しない方がいい人の例3選
  1. 毎日本業でクタクタに疲れてしまう人
  2. 今の会社で出世する予定の人
  3. 会社で厳しく副業が禁止されている人


筆者の会社は副業もOKで、リモートワークなので、副業が非常にしやすいです。

しかし、「自分は正直、副業をする余裕がない。」という人も多いですよね?

こーいう人は、わざわざ無理をして副業をする必要はないですよ。

毎日本業でクタクタに疲れる人

毎日本業がハードで、クタクタに疲れる人が副業で稼げるはずがないです。

というか、健康的にも悪影響を及ぼしますし、副業はしない方がいいと言えます。

例えば、プログラミングの副業で月5万円稼ぐために、勉強時間が400時間だとすると…

本業が忙しく、1日に1時間しか勉強できない人は、月5万円稼ぐまでに1年かかるということになりますね。

※プログラミングに限らず、副業は学習時間をしっかり確保しないと稼ぐことは無理です。

筆者は、週に1日しか出社もなく、家でパソコンをカタカタしてるだけで全く疲れません。

仕事の前と、仕事の後にブログを4時間書く日もよくありますよ。

今の会社で出世するつもりの人

今の会社で昇給・出世するつもりの人は、副業をしない方がいいです。

本業のほうが大事なら、副業はせずに、残業をしてでも本業で結果を出すほうがよいでしょう。

中途半端に副業を始めると、本業・副業どっちもいい結果が出なくなりますからね。

  1. 3年後に出世できれば、今より年収が100〜200万円上がる
  2. 5年後に部長・課長になれそうで、年収も700〜1000万円は見込める

上記のような人は、無理に副業をしない方がいいです。

※とは言え、今の会社で出世・昇給するつもりがない人は副業をしないとやばいです。

会社で厳重に副業が禁止されてる人

はっきり言って、会社で厳重に副業が禁止されてる人は、副業をしない方がいいです。

副業を会社にバレずに行う方法は確かにあるのですが、ヒソヒソと隠れて何かをするって個人的には嫌です。

万が一、会社に副業がバレたら、人生が狂いますし….

どうせ副業をやるなら、思いっきりやりたい派ですね(僕は)。

  • もし副業がバレて、今の会社がクビになったら嫌だ
  • 隠れて副業をするのは、なんか嫌だ

こんな人は、副業をしない方がいいと言えます。筆者の会社は副業完全OKなので、ガンガン副業で稼いでいくつもりです。

基本的に、IT・Web系の会社は副業OKなケースが多いですね。逆に、日系の古臭い企業は、副業を超厳しく禁止しているところが大半です。

「副業でガツガツ稼ぎたいし、IT・Web系の会社に転職したい」

という人は、真面目に転職を検討してもよいと思いますね。

副業しないとやばい人の例3選

さてここからは、副業をしないとやばい人の例を解説していきますね。

ちなみに筆者の僕は、副業をしないとガチでやばい人の代表例です(笑)

副業しないとやばい人の例3選
  1. 今の会社で年功序列・終身雇用を望まない人
  2. 転職を何度もする人
  3. 若い人(20代〜30代)

筆者は大学生の時に新卒カードを捨てて独立し、その後超ベンチャー企業に就職しています。

今の会社に20年〜40年い続ける予定はないですし、自分のお金は自分で稼ぐつもりで生きていますよ。

ということで、副業しないとやばい人の典型的な例を見ていきましょう。

今の会社でずっと働くつもりがない人

まず第一に、『今の会社で年功序列・終身雇用を望まない人』は、この先副業をしないと相当きついです。

給料も上がらない、退職金も少ない、年金も減っていく。この状況で、どーやって老後を過ごすのでしょうか?

控えめにいって、会社1本の給料だけでは厳しすぎますよね。

この1年、副業をしてきたので分かりますが、はっきり言わせてください….。

副業で月10万円稼ぐのは、会社の給料を月10万円あげるよりも5倍は簡単です。

だからこそ、『今の会社で年功序列・終身雇用を望まない人』は、今すぐに副業を始めるべきなのです。

副業をしようか真剣に考えてる人は、以下の記事も参考にしてくださいね!

副業は在宅で仕事終わりにできる?マイペースにできる副業5選を紹介!

【参考記事】:副業は在宅で仕事終わりにできる?マイペースにできる副業5選を紹介!

転職を何度もする人

この先、転職を何度もする予定の人は、間違いなく副業をした方がよいです。

リクナビNEXTによると、転職した人のうち58%が年収ダウンをしたそうですよ。

これを見ても、いかに本業1本の収入に頼ることが恐ろしいか分かりますよね?

引用:リクナビNEXT

副業での収入がある、あるいは増える見込みがあれば、転職して年収がダウンしても問題ないはずです。

  1. 転職をしたいけど年収ダウンする
  2. 副業でも稼いでる、今後稼げる見込みがあるから別にいっか
  3. 転職して本業の年収は下がるけど、副業での収入がグングン増える

このようなパターンも十分にあり得ますし、副業は頑張れば頑張るほど収入も増えます。

筆者は副業で月5〜10万円の収入がありますが、『副業の収入がある』というのは、本当に心強いんですよね。1年後には、副業で月20万円以上を目指してます!

若い人(20代〜30代)

今の20代〜30代は、全員副業をやるべきだと、個人的には思っています。

その理由は…

30年〜40年後、もらえる年金額が減るからです。

一気に5万円〜10万円は減らないにしても、数千円〜数万円の範囲で年金額は減少すると言われています。

というか、今後年金が増えることはまずないので、「老後の資金は、自分でなるべく用意してください」と政府も言ってます。

積立NISAは、政府が推進する代表的な金融施策ですよね。

参考:NISA特設ウェブサイト|金融庁

※筆者は日本の政府を信頼してないため、年金はもらわない覚悟でいるので「絶対に副業で稼いでやる」と毎日心に決めています。

今ゼロから副業を始めるならこの4つ【半年で月10万目指せる】

この記事を読んでる人は、「できるなら今すぐ副業を始めたい」と思っていることでしょう。

ここからは、今ゼロから副業をスタートするなら何がよいのか?を解説していきますね。

結論から言うと、ゼロから副業を始めるなら以下の4つです!

ゼロから副業を始めるならコレ
  1. プログラミング
  2. Webマーケティング
  3. ブログ(アフィリエイト)
  4. Webライティング


筆者は、本業でWebマーケティングをしながら、副業ではブログ(アフィリエイト)をやっています。

どの副業があなたに合うかどうかは、自分で直接『体験してみる』のがおすすめですよ。

では、1つずつ見ていきましょう!

プログラミング

まず第1にオススメの副業は、プログラミングです。

プログラミングと言っても色々と種類がありますが、副業に適しているのは『Web制作』になります。

月10万稼ぐまでに必要な期間3ヶ月〜6ヶ月
稼ぐ難易度高い
向いてる人・モノ作りが好きな人
・IT・Webに興味がある人
向いてない人・Webサイトに興味がない人
・地道にコツコツ勉強できない人

Webマーケティング

筆者はWebマーケティングを本業としていますが、副業でも確実に稼ぐことは可能です。

Webマーケティングと言っても幅広いですが、副業なら『広告運用・SEO・SNS運用』の3つが最適です。

月10万稼ぐまでに必要な期間3ヶ月〜4ヶ月
稼ぐ難易度普通
向いてる人・SNSやブログが好きな人
・数字を伸ばすことが好きな人
向いてない人・SNSやブログに興味がない人
・自分で考えて行動できない人

ブログ(アフィリエイト)

ブログ(アフィリエイト)は自分のペースでできるため、副業にかなり適しています。

筆者は、副業としてブログ(アフィリエイト)を1年以上続けています。

ブログで月10万円稼ぐまでには、1年以上見込む必要がありますね。

※ブログ(アフィリエイト)で稼ぐ=以下の仕組みです。

月10万稼ぐまでに必要な期間1年〜2年
稼ぐ難易度普通(時間がかかる)
向いてる人・文章で自分を表現するのが好きな人
・地道にコツコツ継続できる人
向いてない人・文章を書くことが嫌いな人
・1つのことを継続するのが苦手な人

Webライティング

Webライティングは、副業のなかでも1番難易度が低いです。

1ヶ月目から月10万円稼ぐ人もいるほど、誰でも簡単に始められますよ。

月10万稼ぐまでに必要な期間1ヶ月〜3ヶ月
稼ぐ難易度低い
向いてる人・文章を書くことが苦じゃない人
・調べることが苦じゃない人
向いてない人・文章を書くことが嫌いな人
・調べることが嫌いな人

まとめ:「副業しない方がいい」は嘘。この先は副業しないとやばいです。

人と関わらない仕事を20代向けに4つ厳選!

結論として、副業しない方がいいかどうか?は人によります。

副業しない方がいい人、副業しないとやばい人の例は以下それぞれです。

副業しない方がいい人の例3選
  1. 毎日本業でクタクタに疲れてしまう人
  2. 今の会社で出世する予定の人
  3. 会社で厳しく副業が禁止されている人
副業しないとやばい人の例3選
  1. 今の会社で年功序列・終身雇用を望まない人
  2. 転職を何度もする人
  3. 若い人(20代〜30代)

筆者は副業を始めて1年半経ちますが、現在は月に5〜10万円稼ぐことができています。

たったの月5万円でも副業で稼げると、心の余裕度が本当に変わるんですよね…。

月で見ると5万円ですが、年間だと60万円です。コレが月10万円にもなれば、1年で120万円になりますからね…

あなたは、今の会社で年収120万円アップさせることを想像できますか?

もしできないなら、今すぐに副業を始めて、自らの力で稼ぎましょう。

副業で月10万円稼ぐ難易度は、会社員として月収3万円アップさせるよりも120%低いですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です