「マジで金持ちになりたい」←凡人は努力してスキルを身につけろ!

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

「俺はマジで金持ちになりたい!」とまでは思わなかったですが、お金には困りたくなく、学生時代にWebスキルを身につけました。

結果的に、学生時代から月30万円を稼ぐ力が身につき、社会人1年目の時点では大手企業の正社員よりも月収は高いです。

「マジで金持ちになりたい」と心で思う人は多いですが、実際に行動できる人はほぼいません。

でも、現実的に考えて、会社員の収入だけでお金持ちになれるわけがないですよね?

本記事の内容まとめ!
  • 「金持ちになりたい」と願ってるだけじゃ何も変わらない
  • 社会人になってから勉強する人はほぼいない
  • マジで金持ちを目指すならWeb系の職種が1番おすすめ

今回は「マジでお金持ちになりたい」という人向けに、文系の凡人でも年収800万円以上を目指せる方法を解説。

3分くらいあれば読めるので、ぜひとも最初から最後まで読み、人生を変えるきっかけになれば嬉しいです。

そもそも金持ちって年収どれくらいのことを言う?

「金持ち」と一言で言っても、定義が人それぞれです。

ただ、普通の一般人からすると、年収800万円〜2000万円以上あれば、かなり良いほうなのでは?

もはや、支出を徹底して減らせば、お金はどんどん溜まりますよね。逆に、収入が高いのに車や家を買うなど、浪費ばかりしていたらお金はまったく貯まりません。

ということで、今回は一旦、「お金持ち=年収800万円以上」という定義にしましょう。

「マジで金持ちになりたい」と願ってるだけじゃ変わらない

「将来はお金持ちになりたいなー」とは、誰もが思うことでしょう。

日本人は、お金稼ぎ=悪いことみたいな風潮がありますが、お金がないと病気になったら困りますし、我慢することも多くなりますよね。

僕自身、高級車とか大豪邸に興味はないですが、海外旅行にはたくさん行きたいです。

なので、ただ「マジで金持ちになりたい」と願うだけでなく、学生時からWebスキルを身につけて稼ぐ力をつけました。

【参考記事】:起業したいけどアイデアがないのは体験不足!22歳で起業した僕が解説

願うことは誰でもできる

「年収1000万円あったら最高だよな…」「手取りで1500万円は欲しいな」

このように願うことは誰でもできます。しかし、願ってるだけでは一生かないません。

「エンジニアになれば、年収1000万円も目指せるのか。だったら、今からプログラミングの勉強を頑張ろうかな」

こんな感じに、現実的に考えることがまず大事ですね。

ただ単に「年収1000万円ほしい」ではなく、どうやって、何をすれば実現できるのか?を第1に考えましょう。

行動できる人が本当に少ない

「お金を稼ぎたい」と口で言う人は多いですが、行動できる人は1割もいません。

マジでお金持ちになりたい気持ちがあるなら、自分の市場価値を高めて転職したり、副業で稼ぐしかないです。

※最近では、ITエンジニアやWebマーケターの市場価値が高く、非常に稼ぎやすい職種の代表例です。

僕は学生時代、プログラミングスクールに15万円とWebマーケティングスクールに15万円を払って勉強しました。

お金持ちでも何でもないですが、大学4年の時から月30万円ほど稼げるようになっていました。

【参考記事】:【保証】起業したいけどスキルがない人は「IT・Webの分野」を学べ!

社会人になってから勉強する人は1割もいない

そもそもですが、社会人になってから新しいことを勉強する人は1割もいません。

総務省統計局の調査によると、社会人の1日の平均勉強時間は1日6分と言われていますね。

引用:統計局ホームページ

僕も最近、新しいことを勉強できていないので、たしかにうなずけます。

というか、逆にこの勉強時間でお金持ちになれたら、日本人全員お金に困ることはないですよね?

逆に、人より3倍勉強を頑張れば、間違いなく平均よりは上にいけますね!

【参考記事】:【保証】マイナーだけど一生食べていけるすごい資格19本!もう仕事には困らない。

大学受験で力尽きる

多くの日本人は、『大学受験』が人生最後の勉強なのでは?

大学生になると、授業以外で勉強をする人はかなり少ないですよね。
英語を勉強する人は多いですが、お金を稼ぐことに直結する分野の勉強をする人はほぼいません。

一方で、大学生ながら自分で勉強をし、プログラミングやブログで社会人以上のお金を稼いでる人はいますよ。

デジタル分野の需要が高まったことで、大学生でも月20万円以上稼げる時代になりましたね。

【参考記事】:【体験談】WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

学校の勉強とお金を稼ぐための勉強は違う

学校の勉強と、お金を稼ぐための勉強は似ているようで全く違います。

現代であれば、プログラミング・動画編集などを学べば、お金稼ぎに直接つながります。

理由は単純で、多くの企業がWebサイトやWebアプリを求めているからですね。

あなたの周りで、プログラミング・Webマーケティングなど、Web系の勉強をしている人はいますか?

おそらくいないと思います。

これらの分野を勉強する人が少ないと言うことは、チャンスが多いと言えますよね。

マジで金持ちになりたいならWebスキルを身につけるしかない

「人生終わった..無職だ」と悩んでる人へ!3ヶ月で人生変えられます

いきなり結論ですが、「マジで金持ちになりたい」のであれば、Webスキルを習得するのが1番現実的です。

【参考記事】:一人でできる仕事で高収入なのはWeb系!職人になって無双しろ

凡人でも高収入が狙えるWeb系のスキル
  1. プログラミング
  2. Webマーケティング
  3. 動画編集

大手企業に就職、弁護士になるなど、他にも方法はありますが….

現実的に考えて、僕のような凡人には不可能ですよね?

これから紹介する3つのものであれば、どんなに頭が悪い人でも年収800万円以上は目指せます。

※とうぜん、努力と時間は必要です。

【参考記事】:休みが多くて給料がいい仕事はWeb系!半年で転職もできる

プログラミングスキル

「マジで金持ちになりたい」という人が、まず勉強するべきなのがプログラミングです。

Webエンジニアとして、実務経験を3年くらい積めば、年収800万円以上は間違いなく目指せます。

プログラミングとは?

暗号のようなコードを書き、コンピューターに指示を送ることです。WebアプリやWebサイトは、プログラミングによって開発されます。

Webマーケティングスキル

Webマーケティングは、プログラミングと同じくらい需要が高く、年収も高くなりやすいです。

理由としては、独立・副業がしやすいというのがありますね。

Webマーケティングとは?

ブログ記事を作って、Googleでお客さんを集客したり、SNSに広告を出してデータを分析して改善するなどが仕事内容です。

動画編集スキル

動画編集は2019年〜2020年あたりから急激に需要が増えました。

こちらも独立・副業がしやすいため、収入は青天井になります。

動画編集とは?

企業がYouTubeに載せる動画を編集したり、SNS広告で使う動画を編集したりなど、さまざまです。

この先の時代は、「個人で稼げる人」がお金持ちになります

これだけは断言させてください。

この先の時代は、間違いなく「個人で稼ぐ人」がお金持ちになります。理由としては以下です。

個人で稼ぐ人がお金持ちになる理由
  1. 個人で稼げると、収入が青天井になる
  2. 税金対策ができる

個人で稼ぐのは、企業に就職して毎月決まった給料をもらうことと、全くわけが違います。

筆者の僕は、大学生の頃から個人で稼いでいるので、これは断言できます。

【参考記事】:【保証】起業したいけどスキルがない人は「IT・Webの分野」を学べ!

収入が青天井になる

企業の正社員としてもらう毎月固定の給料(給与所得)と、自分1人で稼ぐ事業所得は、まったく違います。

事業所得は『毎月いくら』と決まっていません。自分の頑張り次第で収入は青天井です。

※たとえば、Webエンジニアであれば、Webアプリ開発の仕事を月に2つ獲得すると月収80万円は可能です。(フリーランスの場合)

引用:レバテックフリーランス

もちろん、Webエンジニアとして独立し、仕事を獲得するのは簡単じゃないです。

しかし、「マジで金持ちになりたい」「エンジニアとして絶対に稼いでやる」というような想いがあれば実現できるはずです。

【参考記事】:毎日3000円コツコツ稼ぐならブログかWebライティングが最適!

税金対策ができる

会社員として働く場合は、税金対策がまったくできません。

しかし、個人で稼げるようになると、払う税金をおさえることが可能になるのです。

①会社員の手取り=毎月の給料から自動的に税金が引かれる
②個人で稼ぐ人の手取り=経費を増やせば増やすほど手取りが増える(払う税金が減る)

要は、個人で稼げるようになると、払う税金を自分でコントロールできます。

払う税金が減ると言うことは、自分の財布から外へでていくお金が減ると言うことですよね。

※会社員の年収1000万円は、手取りで約730万円です。270万円も税金で取られていると考えると、恐ろしいですよね。

まとめ:文系の凡人が大きく稼ぐにはWebスキルが最適

令和以降の時代、凡人がお金持ちになるには、Web系の仕事に就くのが1番現実的です。

今から弁護士・医者・パイロットを目指すのも選択肢としてはありますが、現実的に無理ですよね?

でも、Webエンジニアや動画編集者など、文系の凡人でも目指せるWeb系の仕事なら年収1000万円は絶対に目指せます。

筆者の僕も、年収1000万円以上を目指し、日々Webマーケティングの仕事を頑張っています。

「俺はマジで金持ちになりたい」「絶対に成功したい」

口で言うのは簡単です。あとは、行動を起こし、スキルを身につけて人生を変えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です