【2022年版】家にいてお金を稼ぐ方法10選!3ヶ月以内に開業・転職できる

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学生の時にWebマーケティングを学び、学生時代から家にいてお金を稼ぐ方法を覚えた、現在23歳の男です。

2021年の2月〜9月まではフリーランス、10月からは正社員としてフルリモートで働いています。

コロナが流行してから、家で働く人が増え、同時に「家にいてお金を稼ぐ方法・手段」も増えましたね。

政府も以下のようなガイドラインを公開していますし、家にいてお金を稼ぐこと自体が『世の当たり前』になりました。

≫テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン |厚生労働省
≫総務省|ICT利活用の促進|テレワークの推進

家にいてお金を稼げるようになると、出社も必要ないですし、自分の好きな時間に起きれるなどメリットだらけです。

しかし、「本当は家で働いて稼ぎたいけど、自分はまだ実現できてない…」という人はまだまだ多いはず。

・凡人の自分でも、家にいてお金を稼ぐ方法って何かないのかな…?
・家にいてお金を稼ぐ方法で、自分に合ったものを見つけたい…

そこで本記事では、このように悩んでる人向けに、家にいてお金を稼ぐ方法9つを解説しますね。

本記事の内容まとめ
  • コロナ流行で「家にいてお金を稼ぐ方法」は一気に増えた
  • 家で働く・お金を稼ぐ方法は3つの種類がある
  • 家にいてお金を稼ぐ方法①【正社員編】
  • 家にいてお金を稼ぐ方法②【副業編】
  • 家にいてお金を稼ぐ方法③【フリーランス編】
  • 自分のスキル・能力でお金を稼ぐのは簡単ではない

3分で読める記事となっているので、ぜひ最初から最後までゆっくりと読み進めてください。

記事を読み終えた後には、家で働くためのファーストステップを踏めるでしょう!

※もし今の仕事がつらいなら、23歳〜25歳の人は、一旦フリーターになるのもアリです。以下の記事で詳しく解説してます。

【参考記事】:25歳でフリーターってどのくらいヤバイの?今すぐ安心して大丈夫です。

家にいてお金を稼ぐ方法は全部で10つある

まず結論からお伝えしておくと、家にいてお金を稼ぐ方法は全部で10つあります。

「先に、それぞれの方法を先に読みたい」という人は、以下から飛んでください。


「家にいてお金を稼ぐ」と言っても、正社員かフリーランスでは、目指す難易度も変わってきます。

自分はどうなりたいのか?を考えたうえで、本記事を参考にしていただければと思います。

最近「家にいてお金を稼ぐ方法」は一気に増えた

ITエンジニアはやめとけ!文系に最適な職種3選

2020年にコロナが流行してから、家にいてお金を稼ぐ手段や方法は、急激に増えましたね。

コロナ前は、家で仕事をすること自体が「普通のこと」ではなかったと思います。

もっと深く語ると、以下の3つが特に大きな要因ですね。

家にいてお金を稼ぐ方法が増えた理由
  1. 緊急事態宣言で世の働き方が変化
  2. フルリモートでできる仕事が増えた
  3. IT・Webの需要が拡大した


なぜ、家にいてお金を稼ぐ方法は増えたのか?それぞれ見ていきましょう!

緊急事態宣言で世の働き方が変化した

「家にいてお金を稼ぐ方法」が増えた要因として、緊急事態宣言で世の働き方が変わったことが挙げられますね。

その前までは、家で働くこと自体が当たり前のことではなかったですよね?

しかし、コロナが流行してからは、家で働いても特に違和感がない世の中になりました。

「本来は家にいても完結する仕事」をしていた・してる人にとっては、かなりラッキーな時代になりましたよね。

※政府も以下のようなガイドラインを公開していますし、家にいてお金を稼ぐこと自体が『世の当たり前』になりました。

≫テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン |厚生労働省

フルリモートで完結する仕事が増加

2020年の4月くらいから、フルリモートで勤務可能な求人数も急激に増えましたね。

以下を見ても明らかです。

引用:indeed

筆者は、大学生の頃からフルリモートで働いてますが、正直メリットしかないと感じてます。

フルリモートで働くメリット
  1. 通勤がないので、その分の時間を有効活用できる
  2. 好きな時間に起きれる(フルフレックスの場合)
  3. ランチ会や飲み会がないのでお金が減らない

デメリットを挙げるとすると、孤独を感じやすいという点くらいですかね…

IT・Webの需要が爆発した

IT・Webの業界は、もともと「将来性が非常に高い」と言われてました。

しかし、コロナが始まってから急激に需要が伸びましたね。


Web・ITの需要が伸びたことで、家にいてお金を稼ぐ方法・手段も増えたのです。

※筆者はコロナ時代に「Webマーケティング」という分野を学んだのですが、当時(学生時代)から家で仕事をして月30万円ほど収入を得ていました。

家にいてお金を稼ぐ方法を知る前に…知るべき3つの事実

後ほど、家にいてお金を稼ぐ方法は具体的に解説しますが、その前に「知るべきこと3つ」を見ていきます。

これらは、筆者がこれまで1年以上リモートワークをしてきて分かったことです。

家にいてお金を稼ぐ方法を知る前に…
知っておくべき3つの事実!
  1. 成果を出さなければクビになる可能性がある
  2. 自己管理ができない人には不向き
  3. 人と直接会って仕事をしたい人には向いてない

もし今後、あなたが「家にいてお金を稼ぐこと」を望むなら、上記3つは忘れないでください。

毎日オフィスに出社して働くのと、家で働くのは大きく環境が変わりますからね。

成果を出さなければ無職になる可能性あり

リモートワーク、特にフリーランスという働き方の場合、仕事で成果を出すことが前提の契約です。

たとえばITエンジニアの場合、「この日までに〜のアプリを開発してください」という仕事があるとします。もし、あなたのプログラミングスキルが乏しく、納品期限を守れなかったら、あなたは即クビです。

簡単に言うと、こーいうことですね。

※これはあくまで、フリーランスの場合です。正社員の場合、日本では社員をクビにすることは法律で禁止となっているので大丈夫でしょう。

とにかく、家にいてお金を稼ぐ想いがあるなら、「自責思考」を持つべきです。

多くのサラリーマンがやりがちな、「時間を潰して、なるべく楽して稼ぐ」のような考え方はやめましょう。

自己管理ができない人には不向き

つづいて、自己管理ができない人は、家にいてお金を稼ぐのが向いてないです。

具体的に、以下のような人は要注意ですね。

  • 誰かに見張られてないと頑張れない
  • 仕事では、常に指示待ち(自分で考えられない)
  • 誰からも監視されてないと、ついサボってしまう

上記は、仕事において自己管理ができない人の典型的な例です。

自己管理ができない人は、会社員として毎日オフィスに出社するほうがマシと言えますね。

逆に、「自分は自己管理が得意だ」という人は、家にいてお金を稼ぐ方法・スキルを身につけて独立するべきです。

人と直接会って仕事をしたい人には不向き

リモートワークになると、仕事関係で「人と直接会って話すこと」が格段に減ります。

僕は週に1日オフィスへ出社してますが、それ以外の日は、家でモクモクとパソコンをカタカタしてます。


『家にいてお金を稼ぐ方法=パソコン1台で完結する仕事』なので、どうしても人と合う頻度は減ります。

なので、「私は孤独に耐えられない!」という人には、あまり向いてないと言えます。

家で働く・お金を稼ぐ方法は3つの種類がある

「家にいてお金を稼ぐ方法」と言っても、種類は3つあります。

10年前は、このような選択肢はなかったですよね…?

家にいてお金を稼ぐ方法
  1. 正社員としてフルリモートで働く
  2. 副業で稼ぐ
  3. フリーランスとして独立して稼ぐ


それぞれ、家で働く点に関しては共通していますが、正社員の場合は時間的な拘束があったりします。

正社員としてフルリモートで働く

「家にいてお金を稼ぐ方法」として、まず1つ目は正社員として在宅ワークをするのがあります。

正社員なので、とうぜん時間的拘束がありますが、家で働けて毎月決まった給料がもらえることは心の安定になります。

最近は「在宅ワーク 仕事」「フルリモート 仕事」などで検索すれば、求人がたくさん出てくる時代ですよね。

引用:indeed

最近では、フルリモート求人特化型転職支援サイトも登場しており、ReWorksのような転職サイトが有名です。

副業で稼ぐ

この記事を読んでる人のなかでは、在宅でできる副業を探してる人もいるはず。

正直、この先の時代で副業をするなら、家でできる仕事(副業)のほうがいいです。

副業を在宅ワークで行うメリット
  • 肉体的疲労がない
  • スキマ時間を有効活用できる
  • 在宅副業=スキルアップになるケースが多い


本業の後にスーパー・コンビニでバイト(副業)をする人もいますが、これは地獄の極みです。

健康にも悪いですし、心も体も休まるはずがありませんよね?

※個人的には、Web・IT系のパソコン1台&自宅で完結する仕事(副業)がおすすめです。

フリーランスとして独立して稼ぐ

家にいてお金を稼ぐ方法として、フリーランスという種類もあります。

2019年ごろから「フリーランス」という働き方が流行りましたが、2021年には急激に人口が増えてますね。

引用:ランサーズ

フリーランス人口が増えているということは、家にいてお金を稼ぐ方法・手段も増えたということです。


筆者は、大学4年の卒業前から9ヶ月くらいフリーランスとして飯を食ってました。

【参考記事】:【体験談】WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

家にいてお金を稼ぐ方法①【正社員編】

休日が寝て終わる人がやるべきこと

さてここからは、家にいてお金を稼ぐ具体的な方法を紹介していきますよ。

まず始めに、正社員として家でも働くにはどうすればよいか?

こちらを解説していきますね!


漫画家や税理士など、目指す難易度が高いものは紹介しません。

未経験からでも、3ヶ月勉強すれば転職できるものだけ厳選しましたので、ご安心を。

エンジニアへ転職する

家にいてお金を稼ぐ方法の1つ目としては、エンジニアへの正社員転職が挙げられますね。

※エンジニアの仕事内容は、WebアプリやWebサイトを開発したり、ネットワークを管理したりなど種類が多いです

家にいてお金を稼ぐ方法のなかでも、努力次第で1番年収が高くなるのがエンジニアですね。

エンジニアを目指すメリット
  1. フルリモート勤務の会社が多く、家で働ける可能性が高い
  2. 努力を怠らずに勉強を続ければ、年収800万円以上を目指せる
  3. 今後10年以上は仕事に困ることがまずない
エンジニアを目指すデメリット
  1. 30代以上からの転職だと若干不利
  2. 転職後も常に最新の技術を学んでいかないといけない
  3. 仕事中は孤独になることが多い

Webマーケターへ転職する

家にいてお金を稼ぐ方法の2つ目として、Webマーケターへの正社員転職も存在します。

※Webマーケターの仕事内容は、Webサイトを使い人を集客したり、SNSに広告を流したりなどです。

家にいてお金を稼ぐ方法のなかでも、文系の初心者が1番目指しやすい職種ですね。

Webマーケターを目指すメリット
  1. フルリモート勤務の会社が多く、家で働ける可能性が高い
  2. エンジニアよりも副業で稼ぎやすい
  3. 2年ほど実務経験を積んで独立すれば、年収600万円以上可能
  4. 初心者でも学びやすいので、転職難易度は高くない
Webマーケターを目指すデメリット
  1. 40代以上からの転職だと難易度が上がる
  2. 日々、数字に追われる仕事

Webデザイナーへ転職する

家にいてお金を稼ぐ方法の3つ目は、Webデザイナーへの正社員転職が挙げられますね。

※エンジニアの仕事内容は、WebアプリやWebサイトを開発したり、ネットワークを管理したりなど種類が多いです

家にいてお金を稼ぐ方法のなかでも、女性・ママさんで目指す人が多いですよ。

Webデザイナーを目指すメリット
  1. デザインが好きな人にとっては天国
  2. 家で仕事が完結する
  3. 今後10年以上は仕事に困ることがまずない
  4. 女性が多く、女性にとっては働きやすい環境が多い
Webデザイナーを目指すデメリット
  1. 孤独にモクモクと作業することが多い
  2. 自分のデザインセンスの低さに挫折することがある

家にいてお金を稼ぐ方法②【副業編】

もしあなたが副業で稼ぎたい場合、確実に家でできる仕事(Web・IT系)をするべきです。

副業であれば、正社員をやりながらでも始められますし、出社もする必要ナシです。

日本の現実

この先の時代では、個人で副業をしないと非常に厳しい時代です。終身雇用も消え、年金もないと言われています…政府も副業を推進してますし、始めるなら今です。

引用:副業・兼業|厚生労働省
引用:副業人材の活用後押し 産業振興財団が求人掲載料支援(紀伊民報) – Yahoo!ニュース

筆者は大学生の時から、ブログ(アフィリエイト)とWebマーケティングで月30万円以上の収入がありました。

Webライティングで稼ぐ

家にいてお金を稼ぐ方法のなかで、1番副業で稼ぐ難易度が低いのは「Webライティング」です。

※Webライティングとは一言でまとめると、企業が必要としているブログ記事を書く仕事です。

例えば、クラウドワークスという、副業・フリーランス向けのサイトでは、以下のような仕事が見つかります。

引用:クラウドワークス
月10万稼ぐまでに必要な期間1ヶ月〜2ヶ月
稼ぐ難易度低い
向いてる人・文章を書くことが苦じゃない人
将来性普通


Webライティングを学べるスクールは、SHElikesやWritingHacksが有名です。

公式サイト:SHElikes

ママさんや女性の方で、「Webライティングを仕事にしたい」

という人がいれば、1度SHElikesの無料体験をしてみるとよいですよ。

SHElikesは女性限定のWebスクールです

ブログ(アフィリエイト)で稼ぐ

家にいてお金を稼ぐ方法のなかでも、ブログ(アフィリエイト)は代表的な稼ぎ方です。

※ブログ(アフィリエイト)で稼ぐとは以下のようなことを言います。要は、自分のブログから第3者が商品・サービスを申し込むと、ブログ運営者に報酬が振り込まれるのです。

月10万稼ぐまでに必要な期間6ヶ月〜1年
稼ぐ難易度普通
向いてる人・ブログが好きな人
・文章で想いを表現するのが好きな人
将来性普通

胡散臭いと感じたら申し訳ないですが、筆者は実際に月5万円ほどブログ(アフィリエイト)で稼げています。
月に1度は高級焼肉にも行けるので、だいぶ幸せです(笑)

引用:A8.net

「文章書くことは好きだし、家でもできるならブログを始めようかな?」

という人は、以下の記事を参考にブログを始めてみてください。

ConoHa WINGを使ったブログの始め方!ブログ2年目の僕が解説

【参考記事】:ConoHa WINGを使ったブログの始め方!ブログ2年目の僕が解説

プログラミングで稼ぐ

事実として、プログラミングは家にいてお金を稼ぐ方法の中でも、1番将来性が高いです。

※プログラミングで稼ぐ場合、「Web・IT開発」「Web制作」のどちらか2つの種類があります。

Web(アプリ)・IT開発の副業をする場合、本業でエンジニアの実務経験がないと無理ですが、経験を積んで以下のような仕事を取れれば収入はバク上がりですね。

引用:クラウドワークス
月10万稼ぐまでに必要な期間3ヶ月〜6ヶ月
稼ぐ難易度高い
向いてる人・モノ作りが好きな人
・IT・Webに興味がある人
将来性高い


プログラミング完全初心者が、今から副業で稼ぐ場合はWeb制作がおすすめです。

Web(アプリ)・IT開発で稼ぐ場合は、ガチのエンジニアへ転職する必要があります。

「今からプログラミングを始めて、副業で月5万円〜20万円稼げるようになりたい」

という人は、Raise Tech侍エンジニアのようなプログラミングスクールがおすすめです。

公式サイト:RaiseTech

個人的には、2週間の全額返金保証制度があるRaise Techをおすすめしますね。


※コースが色々ありますが、副業で稼ぐ場合はWordPressコースになります

家にいてお金を稼ぐ方法③【フリーランス編】

最後に、家にいてお金を稼ぐ方法の3つ目、フリーランス編をみていきましょう。

フリーランスは2018年くらいから注目され始め、今では国内に1670万人もいるというデータがありますよ。

フリーランスとは、特定の企業や団体、組織に入らず、自らの技能やスキルを提供することにより、社会的に独立した個人事業主のことを言います。

ウィキペディア
引用:ランサーズ

筆者は大学生の時に、フリーランスのWebマーケターになりました。Webマーケターに関しては以下の記事で詳しく語っているので参考にどうぞ!

【体験談】WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

【参考記事】:【体験談】WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

話がすこしそれましたが、フリーランスとして「家でもできる仕事」を4つ見ていきましょう。

動画編集で稼ぐ

家にいてお金を稼ぐ方法の1つ目として、フリーランスの動画編集者になるのがあります。

YouTube・Instagram・TikTokなど、最近は動画の需要が爆発していますよね。

月10万稼ぐまでに必要な期間1ヶ月〜2ヶ月
稼ぐ難易度低い
向いてる人・動画を編集するのが好き
・YouTubeやSNSをよく見る
将来性高い

動画編集であれば、今初心者の人でも「フリーランスとして独立」することは難しくありません。

最近では、動画編集者として独立を目指せるオンラインスクールも存在します。

公式サイト:MOOCRES

Webライターとして稼ぐ

家にいてお金を稼ぐ方法の中でも、Webライティングは1番独立がしやすいです。

オンラインでの商売が当たり前になった今、多くの企業がブログ記事の作成に力を入れてますよ。要は、Google検索でWeb集客をするためですね。

月10万稼ぐまでに必要な期間1ヶ月〜2ヶ月
稼ぐ難易度低い
向いてる人・文章を書くことが苦じゃない人
・ライティングを1日7時間以上できる人
将来性普通


動画編集と同様、Webライティングを2ヶ月程度学べば、フリーランスとして家で働くことは充分に可能です。

Writing HacksというWebライティングスクールでは、6万9,800円という価格で、Webライターとして月20万円以上稼ぐスキルが身につきます。

公式サイト:Writing Hacks

3ヶ月後には副業で月10万円以上稼げると考えれば、受講費用6万9,800円は痛くもかゆくもないはずです。

プログラミング(Web制作)で稼ぐ

プログラミングと言っても幅が広すぎるのですが、Web制作は、家にいてお金を稼ぐ方法として最適ですね。

Web制作とは、企業のWebサイトを作るのが仕事です。「うちもホームページ欲しい!」という中小企業は多いので、需要はかなり高いと言えます。

月10万稼ぐまでに必要な期間1ヶ月〜2ヶ月
稼ぐ難易度普通
向いてる人・モノ作りが好きな人
・Webサイトを作ることに、
1ミリでも興味が持てる人
将来性普通


Web制作を学べるスクールとしては、デイトラRaise Techがあります。

公式サイト:デイトラ

デイトラは、Web制作を学べるオンラインスクールの中で、最も受講料が安いです。

今から2ヶ月〜3ヶ月ほど勉強をすれば、フリーランスのエンジニアとして食っていけるスキルが身につけます。

プログラミング(Web・IT開発)で稼ぐ

Web制作は未経験でもフリーランスになれますが、Webアプリ開発・システム開発のエンジニアは無理です。

必ず、2年以上の実務経験が必要になりますね。

Webアプリ開発とシステム開発は、初心者だと難易度が高いです。しかし、2年ほど真面目に勉強すれば、独立(毎日家で働くこと)も可能。

稼ぐまでに必要な期間2年程度の実務経験が必要
稼ぐ難易度高い
向いてる人・IT分野に興味がある人
・アプリを作って世の中を変えたい人
・今後10年は仕事に困りたくない人
将来性高い


Webアプリ・システム開発のエンジニアを目指す場合は、プログラミングスクールの受講が必須です。

どちらも20代向けにはなりますが….

Webアプリの開発を学びエンジニア転職を目指す場合は、RUNTEQがおすすめですね。

公式サイト:RUNTEQ

「アプリは日頃からよく使うし、自分でもWebアプリを開発できるようになってエンジニア転職をしたい」

こんな方は、ぜひ無料相談会へ参加するとよいでしょう。


一方で、IT(システム)開発のエンジニアを目指す場合は、ProgrammerCollegeがおすすめです。

公式サイト:ProgrammerCollege

受講料が無料なので、20代の人であれば迷わず受講をしたほうがよいです。

ProgrammerCollegeでプログラミングを学んで転職すれば、2〜3年後に家で毎日働くことも夢ではないです。

自分のスキル・能力でお金を稼ぐのは簡単ではない

筆者は大学4年の時から、フリーランスとして独立してお金を稼いでました。

なので言えるのですが、自分の力(スキル)だけでお金を稼ぐのは非常に大変なことです。

会社員、バイトであれば思考停止しても、時間通りに働ければお金は稼げます。

しかし、副業(フリーランス)でお金を稼ぐ場合は話が違いますよ。ある程度の覚悟を決めて頑張らないと飯を食えなくなります。

ただ、頑張って自分で稼げるようになれば、場所も時間も拘束されずに自由に稼げるようになりますね。

ポイント

家にいてお金を稼ぐ方法はたくさんありますが、自分が興味を持てる&苦じゃない分野を選ぶべきです。筆者の場合は、ブログ(アフィリエイト)とWebライティングでした。

まとめ:家にいてお金を稼ぐ方法はたくさんある。自分に最適な仕事を選ぼう

結論、家にいてお金を稼ぐ方法は多く存在します。

  1. 正社員として、家で働ける仕事に転職する
  2. 未経験からフリーランス を目指して、リモートで働く

上記2つが前提としてあり、その次に「エンジニア」「Webマーケター」など具体的な職種を選ぶ必要があります。

筆者は大学4年の時に「Webマーティングスキル」を身につけ、在学中にフリーランスとして独立しました。

最後に…

家にいてお金を稼ぐ方法は数多くありますが、個人的にはエンジニアへの正社員転職が最もおすすめ。

理由は単純で、将来性が高く今後10年以上は仕事に困らない、かつ20代〜30代前半でも年収1,000万以上を目指せるからです。

※100%ではないですが、エンジニアはリモートワークができる場合が多いです。

以下のProgrammerCollegeという、プログラミングスクールは、20代の人なら無料で受講ができます。

公式サイト:ProgrammerCollege
  • 将来は家でのんびりと働きたいし、エンジニアを目指してみたい
  • 20代のうちに手に職をつけて、自由に働けるようになりたい

このように思ってる人は、今すぐ行動を起こしたほうがよいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です