【留学生向け】オーストラリアのホームステイってどんな感じ?

こんにちは、リンちゃん @rinchanblog0215です。

僕は去年の2月から8月まで半年間オーストラリアへ留学に行っていました。最初の1ヶ月だけホームステイを体験し、残り5ヶ月間はシェアハウスに住んでいました。

せっかくオーストラリア留学に来たからにはホームステイを体験したいと思い1ヶ月プランで申し込んでみました。

そこで今回は、実際1ヶ月間オーストラリアでホームステイを体験をした僕が、現地でのホームステイ生活はどんな感じだったのかをみんなに共有したいと思います!

僕が滞在した場所はオーストラリアのゴールドコーストという場所でした。

一言で表すと「大自然と都会の融合」という感じの場所です。サーフィンがとても盛んで毎年世界大会も行われています。

アメリカと同じようにオーストラリアは多民族国家なので、様々な人種の人達が住んでいます。

その中でも距離的に近いということもありニュージーランド人の割合が高く、僕はニュージーランド出身の御老人夫婦の家に滞在しました。

最初は「せっかくオーストラリアに来たからオーストラリア人が良かったな」と思う気持ちもありましたが、オーストラリアは日本とは違って多民族国家だし仕方ないなと思い気持ちを割り切りました笑。

そしていざ待望のホームステイ生活が始まりました。

オーストラリアのホームステイ体験:異文化編

まず最初に違和感を感じたのは家の中でも靴を履くことでした。

オーストラリアでは基本的に家を上がる時に靴を脱ぐことはありません。日本では当たり前のように靴を脱ぐので慣れるまで変な感じでした。

そしてとにかく家の中が広すぎる。リビングルームの広さは学校の教室くらいありました。

さすが土地があり余ってるオーストラリアは、基本的にどの家も本当に大きいです。

ホームステイ以外にも、何回かオーストラリア人の家に訪れたことがありますが家の中が広すぎて本当に感動しました。

俺も将来はあんなデカイ家に住みたいな

食事は平日2食、土日は3食付きで朝は用意されたコーンフレークやパンを1人で食べ、夕食はホストファミリーと一緒に食べるというスタイルでした。

日本ではお米が主食ですがホストファミリーが作る料理はまさに海外の料理って感じでポテトフライやパスタ、魚のフライ、サラダなどが多かったです。

美味しかったので特に問題なかったですが笑。

お米を食べるとしても日本とはお米の炊き方が違うので、かなりパサパサしていて正直キツかったです…….。

ちなみにホストファミリーは毎日オシャレなグラスにワインを入れ映画を見ながら飲んでいて、僕は「いちいちオシャレすぎる…..」といつも思ってました。

でもなんか将来はこうやって大きい家に住んでグラスにワインを入れオシャレに生きてみたいなと思いました笑。


ホームステイ期間中、ホストファミリーの父ちゃんは夕食後毎回のように食器を洗い、率先して家事を行っていました。

僕の実家では当たり前のようにお母さんが毎日料理、皿洗い、洗濯をしているので、ホストパパが皿洗いをしている姿を見て僕も少し違和感を感じました。

ホームステイを体験していなかったらこれらの光景を目にすることはできなかったと思います。

オーストラリアのホームステイ体験:英語編

ホームステイを選択する人の多くが「英語力を伸ばしたいから」という理由があるかと思います。

ぶっちゃけ、ホームステイは英語力の伸びに直結すると思います。

朝のGood Morning!から始まり家にいる限り何もかもが英語になります。

僕のホストファミリーは、毎回の夕食中ずっとノンストップで話しかけてきてくれて自分が英語を話す機会を最大限に与えてくれていました。

まさに夕食の時間=英会話の時間っていう感じでした。

夕食後も一緒にテレビを見たり、宿題で分からないところを聞けたりして、何をするにも常に英語で生活することができました。

英語学習者にとって、こんな素晴らしい環境は日本でなかなか経験できないことだと思います。

ちなみに、ホストファミリーのニュージーランド人は御老人ということもあり、パパの方はなまりがかなり強く言っていることの2割くらいしか理解できませんでした笑。

それでも決して僕に呆れたりすることはせず積極的に話しかけてくれたり、英語で話す機会を与えてくれる努力をしてくれました。

前提としてホームステイは家族の一員になるのと同じなので、ホストファミリーが留学生に話しかけずにテキトーに放っておくということは、相当意地悪な人でない限りはあり得ないと思います。

しかし、自分から質問をして話しかけたりし、会話をしたいんだ!という想いを持ち自発的になることも絶対大事です!

これはホームステイだけに限らず、海外に行き英語が上手くなりたいのであれば絶対に必要な心構えだと思います。

オーストラリアのホームステイ体験:費用編

費用に関しては、宿泊費(生活費と光熱費)が日本円で言うと1ヶ月8万円〜9万円でした。

娯楽費が1万円、留学会社の宿泊手配費が2万円

ですので1ヶ月の合計は11〜12万円くらいになると思います!

オーストラリアの物価は高いとよく言われますが、実際日本とほぼ変わりません!

もちろん空港で買う飲み物やお菓子は400円〜500円とやばいくらい高いのは事実ですが、いざスーパーに行くと飲み物、食材全て日本と値段は同じだと思います。

しかし、レストランに行くとなると1500〜3000円くらいでやっと満足して食べれるっていう感じだと思います。

ちなみに、オーストラリアのドミノピザは安くて美味しいぜ

ホームステイはどうしてもシェアハウスよりは費用が高くなってしまいますが、費用対効果は十分に大きいと思います!

まとめ:オーストラリアのホームステイはどんな感じ?

僕はたった1ヶ月でしたが、これが3ヶ月や半年、1年ともなると英語力の伸びも期待できますし、ファミリーとの絆も間違いなく深まると思います。

シェアハウスも良いですがホームステイも留学ならではの経験なのでオススメです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

THANK YOU!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です