何の仕事・何がしたいか分からない?20代はITスキルを身につけろ!

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。(23歳です)

2020年の10月から株式会社WEBMARKSのオンラインスクールを受講し、Webマーケティングのスキルを身に付け、現在はフリーランスのWebマーケターとして活動しています。

≫未経験から3ヶ月でSEOマーケターへ|WEBMARKS

最近はリモートワークが増えたり、転職の可能性が低くなったりと、「自分はもう何の仕事・何がしたいか分からない….」という人も増えたのでは?

実際に筆者の僕も、20歳になってから数年は「おれは将来何がしたいか分からないな…仕事したくない…」と悩んでました。


しかし、その後『ITスキル』を身につけてから人生に革命を起こしました。

・自分にできる仕事がないし、もう何がしたいか分からない…
・20代が、今から目指すべき職業とかあるのかな?


今回は、「何の仕事がしたいか分からない…」という20代の人向けに、するべきことや目指すべき業界(職種)を紹介しますね。

仕事で何がしたいか分からない20代は多い

「仕事で何がしたいか分からない..」と悩む20代の人は増えています。

今ではWebマーケターとして「毎日仕事が楽しい」筆者の僕も、20代に突入してからかなり悩んでました。

ユニクロ、スーパー、寿司屋、などいろいろバイトをしてましたが、「結局、将来自分は何がしたいのか分からない」と常に思っていました。

そこからブログ(Webマーケティング)やプログラミングを学び、人生を変えてきました!


【参考記事】:WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

年々と転職者数が増加

実際のデータを見ても、転職する20代は急激に増えており、「何の仕事がしたいか分からない」という人は多いと言えますね。

引用:20代社員の転職、5年で2.43倍増加 – 転職する理由は? | マイナビニュース

これは2018年までのデータですが、2021年現在も増えていることは確実でしょう。

特に20代はまだ人生経験も浅いため、何がしたいか分からなくなるのは当然のことですよね。

僕はプログラミング、Webマーケティングなど、いろいろなことにチャレンジしたことで、「自分がしたい仕事」を見つけることができました。


【参考記事】:「転職したいけどスキルがない20代」が今やるべきこと!

【参考記事】:WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

コロナでリモートワークばかり

リモートワークが中心になったことで、本来の仕事環境で仕事をできないこともありますよね。

例えば、営業職だったら対面営業が難しくなったり、人と関わる機会がかなり減ったと思います。

引用:リクルート住まいカンパニー「新型コロナ禍を受けたテレワーク×住まいの意識・実態」調査)

ただ、これは僕のような「営業や接客が嫌いなタイプ」からするとありがたいことでした。


【参考記事】:【2021年版】人と関わらない仕事を20代向けに4つ厳選!

何の仕事・何がしたいか分からない20代が今するべきこと

何の仕事・何がしたいか分からない20代がするべきことは必ずあります。

例えば、「プログラミングを始めてみる」「自分でSNSやブログを使って情報配信をしてみる」など。

20代が今すぐやるべきこと3選
  1. とにかく行動してみる
  2. 人に相談してみる
  3. YouTubeで情報収集


何がしたいのか分からない時こそ、自分で行動してみることが1番大事です!

行動しないで「自分がやりたい仕事」を見つけるのは、正直かなり難しいでしょう。


食べ物をなにも食べたことがない人が「自分の好きな食べ物が分からない…」と言っているのと同じですからね。

1.とにかく行動してみる

今の時代、パソコンもしくはスマホ1つあれば、できることは無限にあります。

パソコン・スマホがあればできること
  • プログラミング
  • ブログ
  • SNSで情報配信
  • 動画編集
  • YouTubeで配信
  • オンライン英会話

これだけの選択肢があるので、1つくらいは「楽しい、やりがいがある」というものを見つけられるはずです。

僕はWEBMARKSでWebマーケティング(SEO)を学び、人生を変えてきました。

3ヶ月〜6ヶ月くらい行動してみると、本当に人生は変わりますよ。

何の仕事・何がしたいか分からない20代はとにかく行動する以外ありません!

2.人に相談してみる

やりたい仕事、自分がしたいことが分からないのであれば、人に相談するのもよいでしょう。

僕は大学4年生のころ、本当に自分が何がしたいのか分からず人生を模索していました。

しかし、ある日WEBMARKSという『Webマーケティングスクール』の存在を知り、1度無料カウンセリングを受けてみました。

実際にそのカウセリングがきっかけで、スクールの受講を決意し、22歳でWebマーケターとして独立することができました。


≫WEBMARKSの無料カウンセリングに申し込む|20秒で申し込み完了

以下のスクールでは、無料で丁寧にカウンセリングを行ってくれるので、「何の仕事・何がしたいか分からない」という人におすすめできます。

無料でカウンセリング相談ができるスクール3選】

WEBMARKS(Webマーケティングスクール)
※国内唯一の、SEOに特化したWebマーケティングスクール。フリーランスコースでは、マーケティングについてただ学ぶだけでなく、実際にどうやって案件を取るのか?具体的な方法も習得。

【DMM WEBCAMP】(プログラミングスクール)
※本気でエンジニアに転職を考えている方向けのプログラミングスクール。 転職を保証しており、未経験からIT業界へ転職を求めている方に最適。「働きながら転職を目指したい」「自分のペースでスキルを身につけながら転職もしたい」という方に特におすすめ。

SHElikes(Webデザインスクール)
※2ヶ月で1からWeb制作の基礎が身につくコース。デザイン初心者・プロのWebデザイナーになりたい方におすすめ。講座卒業後はWebデザイナーとして活躍される方が多数。

3.YouTubeで情報収集

YouTubeで情報収集してみることで、自分のやりたい仕事が見つかることもあるでしょう。

①自分に最適な仕事
②自分に向いてる仕事

こんな感じのワードで調べてみると、いろいろ動画が出てきます。

YouTubeやGoogleで調べているうちに、

「自分は一体なにがしたいのか」「自分に向いてる仕事はなんなのか」

がわかってくるはずです!

何がしたいか分からない時の対策手順

①まずは調べる
②次に行動してみる
③やっとやりたい仕事がわかってくる

20代で仕事に悩んだら「ITスキル」を身につけるべき

20代の時点で仕事に悩んでいるなら、「ITスキル」を身につけるべきです。

その理由は下記の記事で解説していますので、気になる人は参考に⬇︎

【参考記事】:「転職したいけどスキルがない20代」が今やるべきこと!

今の20代が身につけるべきITスキル
  • プログラミング
  • Webマーケティング
  • Webデザイン

この上の3つのスキルは『現代最強のスキル』と言えます。

「何の仕事・何がしたいか分からない」という20代は、ITスキルを身につければ人生勝ち組なのです。(※当然ですが、努力は必須です)

①プログラミング

プログラミングはこの先10年以上需要のある仕事で、「未経験からエンジニアに転職」をする20代の方も本当に多いです。

引用:20代が全体の4割超を占める。30代は現場との関係維持を選ぶ傾向に

今からでも全く遅くなく、いま何の仕事・何がしたいか分からないという人は、1度チャレンジしてみてもよいのではないでしょうか?

僕も大学生の時にエンジニアを目指した時期がありましたが、新しいことをやっている自分が楽しかったです。

自分が書いたプログラミングコードで、なんかサービスを開発できたらすごい楽しいですよね。

ただ、プログラミングは簡単ではないので、文系の人にはどちらかというと次に紹介する「Webマーケティング」をオススメしたいです。

②Webマーケティング

ITスキルというとプログラミングをイメージする人が多いですが、Webマーケティングも『需要の高いITスキル』の1つです。

引用:市場調査とマーケティングの矢野経済研究所

おそらく大半の人はWebマーケティングと聞いても、「何をするのか分からない」と思うでしょう。

実際に僕も2020年の夏まで「Webマーケティングの意味」すら知らなかったですが、2021年の2月にはWebマーケターとして働き始めました。

なので、全く心配はいりません。

僕が受講したWebマーケティングスクール「WEBMARKS」のサイトで、Webマーケ業界についてさらに詳しく書かれているので、要チェックです⬇︎

≫未経験から3ヶ月でSEOマーケターへ|WEBMARKS

「大学4年になっても、何がしたいのか分からなかった僕」にとっては、本当にWebマーケティングに人生を救われました。

Twitterの名前もこのようにしていて、主にWebマーケティングの情報を配信してるので興味ある方はフォローをお待ちしています。

≫リンちゃんのTwitterをフォローする

③Webデザイン

Webデザインはここ最近さらに需要が高まっており、特に女性の方で目指す人が多いですね。

【20代でWebデザイナーを目指す人におすすめのスクール】

SHElikes
※2ヶ月で1からWeb制作の基礎が身につくコース。デザイン初心者・プロのWebデザイナーになりたい方におすすめ。講座卒業後はWebデザイナーとして活躍される方が多数。
デジハリONLINE

※卒業生のうち80%もの人が、フリーランスのWebデザイナー、
Webデザイン関連の会社、Web業界などで活躍。自分で手を動かすアウトプットを講座の中で行うため、確実にスキルを身につけることが可能。

デザインに少しでも興味がある人は、1度チャレンジしてみてもよいでしょう。

SHElikesでは無料でWebデザインの講座が体験できるので、受講してみると「人生が変わるきっかけ」になるかもしれません。

Webデザインは「デザインが好き」でないと厳しいので、ここだけは注意するべきです。


≫SHElikesの無料体験を受けてみる

20代&文系で何の仕事がしたいか分からない人は「Web系1択」

20代&文系の人で、「将来何がしたいか分からない…」と悩んでいるなら、Web系の職種が断然オススメです。

Web系がオススメな理由
  • 20代で月収50万以上目指せる
  • 将来性が高い
  • フルリモートで働ける

実際に僕は2021年の2月からWebマーケターとして働いていて、毎日フルリモートで働いてます。

人生で「出勤」したことがまだ1度もないです。

理由①20代でも月収50万以上可能

Web系の仕事であれば、20代でも月収50万以上は余裕で目指せます。(お世辞抜きで)

僕は大学4年の3月(22歳)に月収50万円を達成した経験があります。

①クライアントワーク(メインの仕事)で25万円
②ブログ(アフィリエイト)で25万円

こんな感じでWeb系の仕事は、収入がかなり上がりやすいのです。

僕はWeb系のなかでもWebマーケターを選び、「将来どんな仕事をしたいか分からない」という悩みを解決できました。


無料で相談もできるので、1度WEBMARKSでWebマーケティング業界について詳しく聞いてみるのもよいでしょう!

≫未経験から3ヶ月でSEOマーケターへ|WEBMARKS

理由②将来性が高い

下のデータを見ても、インターネット(Web)業界は年々と伸びてます。

コロナの影響でさらに右肩上がりに伸びており、この先5〜10年は伸び続けるでしょう!

引用:2018年 日本の広告費


「いま何の仕事・何がしたいか分からない

という20代の人は、とりあえずWeb系の職種を目指せばこの先5年は仕事に困ることはないです。

理由③フルリモートで働ける

フルリモートで働けるのもWeb系の魅力です。

フルリモートで働けるメリット
  1. 朝何時に起きても問題ない
  2. いつでも趣味ができる
  3. 通勤でのストレスがない


「出勤が必要ない仕事がいい」

「時間にとらわれない仕事がいい」

こんな人は間違いなくWeb系が最適ですよ。特に20代の人であれば、今からスキルを身につければ人生が変わるはずです。


≫WEBMARKSの無料カウンセリングに申し込む|20秒で申し込み完了

まとめ:ITスキルは現代最強のスキル

結論、20代の人であれば、ITスキルを身につけることで「何の仕事・何がしたいか分からない」という問題を解決できるはずです!

①プログラミングスキル
②Webマーケティングスキル
③Webデザインスキル

現代の若者で「上記どれも興味がない…」という人はいないはず。

特にスマホ世代であれば、Webマーケティングには魅力を感じると思います。

以下どのスクールも質が高いので、無料カウンセリングなどで話を聞いてみるのも良いと思います!

WEBMARKS
※国内唯一の、SEOに特化したWebマーケティングスクール。フリーランスコースでは、マーケティングについてただ学ぶだけでなく、実際にどうやって案件を取るのか?具体的な方法も習得。
DMM MARKETING WEBCAMP
※転職を本気で考えている方向けのWEBマーケティングスクール。グループワークや実際のWEBマーケ会社とのワークなど、実践的なスキルを身につけれる。
Wannabe Academy
※Web広告運用の実務に特化していて、実際のクライアントの事例をベースに学ぶため、動画や机上学習ではなく実務に触れることが可能。Webマーケティング実務を通して学習することで、職務経歴書に『実務経験有り』と書ける状態を目指します。
Withマーケ
※SEO、SNS、Webマーケ全般を幅広く学べるオンラインスクール。「これからWebマーケティングを1から学び始めたい」という人に最適なオンラインスクール。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です