「仕事は頑張るだけ損・無駄」は間違い!スキルを習得して独立すべき

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学生の時にしていた塾系の企業とスーパーでのバイトで、「時間を売る仕事は頑張るだけ損だ」と気づいた、23歳の男です。

さっそくですが、この記事にたどり着いた人は以下のように思ってる人が多いはず。

・今の仕事やりがいもないし、頑張るだけ損してる気がする。
・そもそも仕事って、頑張るだけ損するものだよね。

結論からいうと、「頑張るだけ損する仕事もあれば、頑張るだけ得する仕事もあります」

この記事を読み終えた後には、「今の仕事は頑張るだけ損だし、転職・独立を目指して新しく頑張ろう!」と思えるはずです。

「仕事を頑張るだけ損」なのは大きな間違い

たしかにこの世の中、頑張るだけ損する仕事はありますが、全てが無駄なわけではありません。

たとえば、僕の今の仕事である「Webマーケティング」は、企業の売り上げ・自分の収入に直接影響するので、頑張るだけ得です。

他にも、エンジニアは、頑張れば頑張るだけプログラミングスキルが身につき、収入も格段に伸びます。

一方で、僕が大学生の時にやっていたスーパーのバイト、企業での事務作業など、あれは完全に無駄な仕事でした。

  1. スーパーでのバイト▶︎無駄な陳列作業や掃除をやらされる
  2. 企業での事務作業▶︎無駄な入力作業やメール・電話を対応させられる

※「仕事=頑張るだけ損」なのは間違いであり、頑張ること(仕事)を変えればよいのです。

頑張るだけ損する仕事の例

では次に、頑張るだけ損する仕事の例を見ていきましょう。

よく「人生に無駄なんてない!」と言う人がいますが、間違いなく無駄はあります。頑張るべきじゃないことを頑張っても、実際は損しているだけです。

アメリカに行きたいのに、ずっとアフリカ方面に向かって走っているのと同じですね。

たとえば、スーパーの品出しを死ぬ気で頑張って、それで得することってありますか?

はっきり言って、なにもないと思います。1時間働いて1000円がもらえるくらいです。

例①会社で誰でもできる仕事をする

頑張るだけ損する仕事の1つ目は、「誰でもできる仕事をすること」ですね。

誰でもできる仕事の例
  1. 配送業
  2. 管理・事務職
  3. 営業職
  4. アパレル店員
  5. コンビニ・スーパーの店員

ぶっちゃけ、上記のような仕事は、数週間研修すれば誰でもできますよね。

僕はスーパーで働いていたので分かるのですが、レジ作業や品出しをどんなに早く頑張っても、給料はまったく変わりません。

要するに、『頑張るだけ無駄』ということです。

例②時給で働く仕事をする

基本的に、会社員やアルバイトは、時給(月給)で働くことが多いです。

全ての仕事が頑張るだけ無駄ということではないですが、大半の仕事は頑張っても得することはあんまりないでしょう。

たとえば、どんなに入力作業を高速で終わらせても、もらえる給料は1円も変わらないわけです。

※一方で、僕のWebマーケティング職は、いいブログ記事書いてGoogleで上位にサイトを表示できれば、売り上げも上がっていきます。要は、頑張れば頑張るだけお金を稼げるわけですね。

Webマーケティングについては話が難しいと思うので、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

【参考記事】:【月20万】Webマーケティングなら大学生でも稼げます【体験談】

【参考記事】:WEBMARKSの評判と感想!受講して人生が変わりました

また、エンジニアに関しても同じです。頑張れば頑張るだけ収入は桁違いに高くなります。

たとえば以下の仕事を獲得し、超高速でプログラミングコードを書ければ、時給で換算するとかなり高くなりますよね。『時間を売るか、自分のスキルを売るか』で大きく収入は変わりますよ。

引用:ITフリーランスの案件一覧【レバテックフリーランス】

この話が、みなさんにちゃんと伝わっていれば、僕は泣いて喜びます。

「頑張るだけ損だ」と感じる仕事はやめるべき

「転職がうまくいかない..疲れた..」という人が取るべき行動

もしあなたが、「今の仕事は頑張るだけ損だ」と感じているなら、その仕事はやめるべきです。

自分の仕事に対して誇りを持てないと、成果も出にくいし、メリットはなにもないです。

筆者の僕の仕事である「Webマーケティング」は、頑張れば頑張るほど企業の売上・自分の収益も上がります。

だからこそ、毎日のように「頑張るぞ!」という気持ちで仕事をできていますね。

幸福度が下がる

「頑張るだけ損だ」と感じる仕事をずっと続けても、幸せには慣れないと思うのです。

この記事を読んでいる人の中には、下記のように思ってる人も多いでしょう。

  1. 今日も仕事か…べつに頑張っても収入は変わらないしな…
  2. 明日からまた仕事だ…頑張るだけ損するし手を抜こう。

今の仕事を続けても『幸福度』が下がり続けるだけですし、なるべく早く転職を検討したほうがよいです。

収入が伸びない

「頑張っても無駄だ」と、今の仕事に対してやりがいを感じない場合、昇給することはまずないでしょう。

昇給できないということは、給料も滅多に上がらないと言えますよね。

一方で、ITエンジニアやWebマーケターなどの職種は、以下のように頑張るだけメリットが多いですね。

  1. 頑張れば頑張るほど収入も上がる
  2. 頑張れば頑張るほどスキルもたまる

自分の頑張りがしっかりと反映される働き方をしたい人は、Web・IT系の職種が断然おすすめです。

IT系へ転職すれば「頑張った結果」が認められます

まとめ:人と関わらない仕事は今の20代におすすめ

IT系の職種であれば、間違いなく自分の努力・結果が認められることが多いです。

たとえば以下のような職種は、頑張れば頑張るだけ収入が高くなります。

①エンジニア
②Webマーケター
③Webライター

「今の仕事は頑張るだけ無駄だ!」と思っているなら、IT系への転職、もしくは副業で始めるのもよいはずです。

エンジニア

まずエンジニアは、『現代最強の職種』といえますね。

・転職するまでの頑張り
・転職した後の正社員としての仕事
・独立して仕事を頑張る

エンジニアは、とにかく努力すればするほど収入も高くなります。

引用:ITフリーランスの案件一覧【レバテックフリーランス】

たとえば、会社員としてエンジニアで3年〜5年くらい経験を積み、その後フリーランスとして、上記のような案件を取れるようになるとしましょう。

そうすると、あっという間に年収700〜1000万円を実現できるのです。

ポイント!

エンジニアとして働く最初の1年〜3年くらいは年収が低いとしても、その期間に確実にスキルが身につき、その後独立すれば過去の頑張りが反映されます。

※ただし3年〜5年の実務経験が必要だったりと、努力することは欠かせません

Webマーケター

近年、Webマーケターも、エンジニアと同様に需要が爆発している職種です。

僕自身、大学4年の9月からWebマーケティングの勉強を始め、卒業前(2021年3月)には、月収50万円を実現できました。

引用:ITフリーランスの案件一覧【レバテックフリーランス】

エンジニアと比較しても、Webマーケターは1〜2年程度の実務経験(会社員として)があれば、上記のような案件は獲得できるレベルになれます。

ポイント!

会社員のWebマーケターとして働く場合、自分が頑張って成果を出せば、企業の売り上げも大きく伸びます。

フリーランスのWebマーケターも、企業の売上を伸ばせれば、自分の収入も上がります。

なので、頑張っても無駄ということがなく、自分の結果がしっかりと反映されます。

※すべて数字で評価される世界なので、甘い世界ではありません。ただ、やりがいは確実にあります。

Webライター

Webライターは、副業で稼ぐにも最適な職種です。(※逆に、正社員でWebライターになる人はあまり多くないです)

Webライティングの仕事は、文字単価1円〜5円という報酬形態が基本です。
なので、1時間働いたら時給〜という方式ではありません。

引用:ランサーズ

文字単価1円の場合、1円✖️5000字=5000円となりますね。もし2時間で5000字書けるスキルがあれば、時給2000円ということです!

ポイント!

Webライターは、早く書ければ収入も高くなりますし、スキルを伸ばせれば単価も伸ばせます。

特に副業で稼ぐには、超絶おすすめですね。Webライティングで副業をすれば、月5〜10万円くらいも目指せます。

※プログラミングやWebマーケティングと比べても、難易度は低いです。

【事実】日本の大半の仕事は頑張るだけ損

事実として、日本の大半の仕事は頑張るだけ損でしょう。

たとえば、日本のスーパーの店員は、超高速で袋詰めしたりしますが、いくら早く袋詰めしても給料は1円も変わらないですよね。

一方で、『Webライティング』はどうでしょうか?

書くスピードが早くなれば、時給でいうと2000円〜5000円にもなり得ます。

あなたの仕事はどうでしょうか?

どれだけ頑張っても収入が変わらない・将来の収入につながらない仕事なのであれば、転職・独立を検討してもよいはずです。

まとめ:スキルを習得して独立・転職が1番かしこい

もしあなたが「今の仕事は頑張るだけ損だ!」と思っているなら、スキルを習得して独立・転職するのが1番かしこい選択です。

今の仕事を辞めて人生を変えるには
  1. 今の仕事をやめることを検討(もしくは副業を始める)
  2. オンラインスクールでスキルを身につける
  3. 転職・独立・副業で稼ぐ

筆者の僕は、大学4年の10月からWebマーケティングスクール「WEBMARKS」を受け、学生のうちに月20〜50万円稼げる力をつけました。

その前は、スーパーでアルバイトをしていましたが、

「ん?大学4年にもなってまだこんな無駄な仕事してるはやばい。自分の頑張りがしっかり反映される仕事をしよう。」

と思うようになりましたね。今思うと本当にスキルを身につけるために頑張ってきてよかったです。

この記事に出会ったからには、ぜひ行動を起こしてスキルを習得してください。

おすすめのWebマーケティングスクール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です