契約社員になってはいけない理由5つ!特に20代は正社員を目指すべき

こんにちは、リンちゃん(@rinchanblog0215)です。

大学生の頃にWebマーケターとして独立。大学卒業して8ヶ月後に就活をし、契約社員か正社員どちらになるか迷っていたこともありました。

当時は、「契約社員になってはいけない」など考えていなかったのですが、いま考えるとデメリットやリスクがあるなと思いますね。

  • 「契約社員になろうと思っているが、なっていはいけないのかな…」
  • 「契約社員より正社員のほうがメリットが多いしな…」

この記事にたどり着いたあなたは、上記のように悩んでいると思います。

結論から言うと、誰もが契約社員になってはいけないという訳ではなく、契約社員になる明確な目的があるならOKです。

たとえば、「この職種の経験を積みたいし、まずは契約社員として挑戦してみよう!」といった目的は素晴らしいです。

逆に、「とりあえず契約社員でいいや」くらいのモチベーションの場合、契約社員にはなってはいけないと言えますね。

本記事の内容まとめ!
  • 20代が正社員になる方法
  • 「契約社員になってはいけない」と言える人の特徴
  • 契約社員になってはいけない5つの理由
  • 契約社員を目指す前に20代がやるべきこと


本記事では、契約社員になってはいけない理由から、契約社員にならないほうがよい人の特徴まで解説してきます。

この記事を読み終えた後には、実際に契約社員の道へ進む、もしくは正社員になるために行動を開始できると思います。


たった3分で読めるので、「自分は契約社員になってはいけないのかな…」と迷っている人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

本題に入る前に…

あなたは以下の質問へ、胸を張って答えられますか?

  • あなたはこの先の人生(仕事)で何を成し遂げたいですか?
  • あなたに向いてる仕事は?

もし「No」であれば、あなたは契約社員、正社員どちらになったとしても、後に必ず悩むはずです。

なぜなら、人生(仕事)の軸が定まっていないから。

事実として、日本人の8割くらいは「自分の人生(軸)をどう生きていくか」を真剣に考えていません。

実際にあなた自身も、社会人になってから自分の人生と真剣に向き合ったことはないのでは?

もしないのであれば、この機会に今後の人生や仕事についてプロと一緒に考えてみるのもありだと思います。

最近では『キャリアコーチング』というサービスも登場しており、なかでもマジキャリは最も信頼できると言えます。運営会社が転職エージェント事業も展開しているので、転職にも詳しいトレーナーが存在しています。

公式サイト:https://majicari.com/

無料相談だけであれば1円もかからないため、「自分の将来について真剣に考える時間を作りたい」という人は1度試しに受けてみるのもよいでしょう。

  • 自分が今後どーいう軸で仕事を選べばよいか分かりそうな気がする
  • 今までのモヤモヤが全て消え、自分の人生の軸が定まりそう

無料相談を受けるだけでも、上記のように感じるはずです。


≫≫まずはマジキャリの無料相談を受けてみる

【必見】契約社員になってはいけない理由の前に、20代が正社員になる方法を解説

いきなり「契約社員になってはいけない理由」を解説する前に、20代が正社員になる方法を紹介させてください。

20代でこの記事を読んでいる人がいるのを想定し、正社員になる方法3つを紹介しておきます。実際、これらの方法を意外と知らない人が多いです… 

すべて無料なので、どんなに貯金がない人でも全く問題ありません。ただ、今回紹介する方法は20代向けになるので、そこだけ注意してください。

20代が正社員になる方法3つ
  1. 無料のITスクールを受けてエンジニア就職
  2. 無料の就職サポート受ける
  3. 無料の転職サイトに登録する


では、1つずつ見ていきましょう。

無料のITスクールを受けてエンジニア就職

20代が、契約社員ではなく「正社員」を目指す場合の方法として、無料のITスクール受講があります。

そもそも、IT業界の需要は右肩上がりで伸びており、今後も需要が落ちることは確実にありません。

引用:経済産業省

また、ITエンジニアは、20代であれば未経験でも目指せるため、筆者はかなりおすすめしています。

会社員としてITエンジニアになると、最初は年収が300〜400万円くらいですが、独立すると年収800万円以上は超えますね。

以下はフリーランスエンジニアの案件(仕事)内容ですが、独立すれば『月収70万円』は簡単に超えれます。

このような事実からも、契約社員になるか迷ってるくらいなら、ITエンジニアを推奨しますね。

特に最近は、20代向けの就職サポートやITスクールが増えており、初心者でも安心してITエンジニアを目指せる環境が整っています。

無料のITスクールとしてはネットビジョンアカデミーが有名です。たった1ヶ月でCCNAというITエンジニアを目指せる資格を取得でき、かつ転職支援まですべて無料でサポートしてくれます。

公式サイト:ネットビジョンアカデミー
  • IT系の資格を取って、一生仕事に困らないスキルを身につけたい
  • この先の人生は長いし、今のうちにITの資格・スキルを習得しておきたい

この記事にたどり着いたからには、ぜひ無料カウセンリングを受け、受講を真剣に検討してみてください。

※ネットビジョンアカデミーは、資格の取得・オンライン学習・就職支援まで全て『無料』です。

無料の就職サポートを受ける

20代が正社員になる方法として、20代向けの就職(転職)エージェントの利用も1つの手です。

20代向け就職サポートとしては、就職Shopウズキャリ既卒があります。

※他にも大手のdodaマイナビエージェントなどがありますが、20代に特化したサービスではないため、筆者はおすすめしません。

公式サイト:就職Shop

就職Shopは、大手株式会社リクルートが運営する、20代向けの転職サービスです。

これまでの利用者数は10万人以上となり、約1万社の求人が存在しています。求人自体はすべて未経験者向けのものです。

就職Shopのポイント

就職Shopを経由して求人に応募する場合、書類選考がないため、履歴書で落ちることがありません。学歴・資格での評価はせず、人柄と意欲で評価をしたい企業が多く集まっています。


≫≫就職Shopの公式サイトを見る

公式サイト:ウズキャリ既卒

また、20代向けの向けの就職サポート「ウズキャリ既卒」は、完全無料で就職活動を支援してくれます。

キャリアカウンセラーの9割が元既卒・第二新卒であったり、ブラック企業を徹底排除しているなど、信頼できるエージェントですね。

ウズキャリ既卒のポイント

ウズキャリ既卒のいいところは、なんと言ってもサポートの手厚さです。筆者も大学卒業後に利用したことがありますが、ほんとうに親のように親身になって支援してくれました。

1人に充てる就職(転職)サポートの時間は平均20時間を超え、大手のエージェントと比べても圧倒的な差があります。


≫≫ウズキャリ既卒の公式サイトを見る

どちらの就職エージェントも、完全無料で利用できるため、デメリットなどはありません。0円なので金銭的なリスクもないと言えますね。

無料の転職サイトに登録する

20代が正社員を目指す方法として、最後の手は大手の転職サイトに登録するのがあります。

dodaマイナビエージェントなど、CMを流している企業であれば確実性が高いですね。

どの転職サイトも無料ですし、とりあえず登録しておく程度で良いと思います。

ただ、大手の転職サイトに登録しても、手厚い就職支援などはありません。

書類作成や面接対策をしっかりと対策したいのであれば、就職Shop」「ウズキャリ既卒の利用をおすすめします。

「契約社員になってはいけない」と言える人の特徴

契約社員にはもちろんメリットもあるため、一概に「契約社員になってはいけない」とは言い切れません。

しかし、契約社員になることをおすすめしない人は少なからずいます。

「契約社員になってはいけない」と言える人
  • とにかく安定を求めたい人
  • この先しっかりとキャリアアップしたい人
  • ローンを組んでなにか買いたい人

上記のような人は「契約社員になってはいけない」と断言します。逆に言えば、これらに当てはまらない人は契約社員でも全く問題ないですね。

では、それぞれ詳しく解説していきます。

とにかく「安定」が欲しい

契約社員は、いつ「契約終了」になるか分かりません。

契約期間中は安定した収入がありますが、契約を切られた瞬間にあなたの収入はゼロになります….。

この実態がある限り、契約社員は常に不安定と隣り合わせです。

また、契約終了になったら、再び転職活動をする必要がありますし…。

3年→5年→10年先の収入を安定させたいのであれば、間違いなく正社員になることを推奨します。

この先キャリアアップをしていきたい

今後キャリアップをしたいのであれば、「契約社員になってはいけない」と言えます。

そもそもキャリアアップとは?

特定の職種・業種において、今後さらに専門的なスキル(知識)を習得し、能力を向上させて、経歴を高めること。

契約社員である以上、裁量権(責任度合い)の高い仕事を任されるケースは少ないです。

要は、簡単な作業・雑用的な仕事を任されることが多いです。(すべての会社がそうとは一概には言えません)

契約社員は「数ヶ月〜数年以内に会社を離れる」と、最初から分かっているため、会社側もあなたを成長させるという想いは当然ありません。

よって、簡単な仕事しか任せないという現実があるのです。

車や家をローンで買いたい

世の中的に見ても、契約社員は収入面や福利厚生の点でも「不安定」と言えます。

これによって、ローンの審査も通りにくいという現実があります…。

なので、以下のような人は契約社員になるのはやめたほうがいいかもしれません。

  • 近いうちにローンで車を買いたいんだよな…
  • そろそろ家も買いたいな…。一括だと無理だからローンを組みたい。

今は欲しくなくても、数年以内に物欲が湧いてくる可能性もありますね。

契約社員になってはいけない5つの理由とは?

ここからは、契約社員になってはいけない理由を5つ解説します。

自分も2021年に、契約社員として応募したのですが、いま考えるとリスクしかないなと思います。特に、契約終了後にまた転職活動をするのは相当めんどうですね。

契約社員になってはいけない5つの理由
  1. いつ仕事を失ってもおかしくない
  2. 契約終了後は再び転職活動…
  3. 社会的信用がない
  4. 教育・研修は最小限(扱いが雑)
  5. 頑張っても給料は上がらない

上記5つを考慮したうえ、「それでも契約社員としてやりたいことがある!」のであれば、契約社員になればよいと思います。

しかし、これらを知らずに契約社員を目指すのは危険です。この機会に1つずつ確認しておきましょう。

契約社員になってはいけない理由①いつ仕事を失ってもおかしくない

契約社員になってはいけない理由の1つ目は、「いつ無職になるか分からない」という点です。

「明日から来なくていい」と言われることはないですが、1ヶ月後〜2ヶ月後に契約終了と告げられることがあります。

契約更新については、契約満了日の30日前までに告げられます。

となると、1ヶ月後には無職状態になりますし、収入も0円になり得ますね…

正社員の場合、いきなり職を失うということはあり得ないため、安定を求めるなら契約社員はおすすめしません。

契約社員になってはいけない理由②契約終了後は再び転職活動…

契約社員には、必ず契約終了の日が訪れます。なので、その後は転職活動をしないといけません。

要は、契約社員である限り、以下のループを永遠に繰り返すことになります…。

  1. A株式会社のために面接対策をする
  2. やっと採用される
  3. A株式会社と契約終了
  4. B株式会社のために、また面接対策をする

正直、1つの会社のために面接対策、書類作成を何度もするのはシンドイです。

採用(内定獲得)の難易度も契約社員と正社員で、たいして差はありません。筆者は2021年に契約社員としての面接を受けましたが、フツーに落ちました。

契約社員になってはいけない理由③社会的信用がない

契約社員は正社員と比べても、社会的信用が非常に薄いと言えます。

「安定した収入を得ていない」と判断されるため、車や家のローンを組むことは難しいのです。

しかし、契約社員として3年以上働いている場合は、ローンを組むことが可能になります。

「車を買いたい」「家を買いたい」という人は、社会的信用の高い正社員を目指すほうが無難ですね。

契約社員になってはいけない理由④教育・研修は最小限(扱いが雑)

契約社員の場合、正社員ほど教育・研修に力を入れることはないです。

以下を見ても分かる通り、契約社員を募集する企業は「仕事量が増えたからスポット的に人が必要」という目的で人材を募集します。

引用:東京都産業労働局(令和元年 契約社員に関す実態調査)

要は、「会社であなたを育て、将来活躍してほしい」というような願いもなく、最低限の仕事を任されるのみになります。

契約社員である限り、言ってしまえば「雑」に扱われます…。

「企業の社員として、丁寧に研修・教育を受けたい」と思う人は、正社員になるほうがよいと言えますね。

契約社員になってはいけない理由⑤頑張っても給料は上がらない

契約社員の場合、どんなに仕事を頑張り、成果を出しても給料は増えません。

契約社員だと、下記の3つは存在しないので、給料が上がるということはないのです。

  1. 昇給(昇格)
  2. ボーナス
  3. 決算賞与

会社によっては、ボーナス(決算賞与)があるケースも存在しますが、滅多にないと思ってください。

一方、正社員であれば、仕事をコツコツ真面目に頑張り結果を出せば、給料が増えることはありますよね。

仕事を頑張っても給料が増えないのは、全くモチベーションも上がりません。

結論、「自分が頑張った分お金が欲しい」という人は、確実に正社員をおすすめします。

明確な目的があるなら契約社員になってもOK

ここまで、契約社員になってはいけない理由を解説してきましたが…

もしあなたが、以下のような考えがあれば、契約社員になってもよいと言えます。

明確な目的があるなら契約社員になってもOK
  • 将来〜という職種でキャリアアップするために、短い期間でも契約社員として経験を積みたい
  • 正社員になる前に、短期間で契約社員として〜の仕事に挑戦してみたい
  • 〜の仕事をしたいが、正社員の募集が少ない…

上記のように、明確な目的があれば将来にもつながるため、契約社員になるのは全然ありでしょう。

一方で、「なんとなく契約社員でいいや」くらいの意識で契約社員になるのは危険です。人生はたったの1度ですし、その判断は慎重に行いましょう。

筆者は23歳の頃、Webマーケターとしての経験を積むために、大手金融会社の契約社員に応募しました。結局は落ちましたが。

契約社員を目指す前に20代がやるべきこと

そもそも、もしあなたが20代なのであれば、契約社員になろうとする前にやるべきことが2つあります。

個人的な意見として、契約社員になるために面接対策等を頑張るのであれば、以下2つをやってほしいですね。

契約社員を目指す前に20代がやるべきこと
  1. ITスキルを身につける
  2. 自分のキャリアの軸を考える

上記2つは、あなたの今後の人生の資産になります。

1度でも身につければ、今後30〜40年働くうえで、必ず活きてくることです。

ITスキルを身につける

いま20代で契約社員になるか迷ってる人には、ITスキルの習得をおすすめしたいですね。

ITスキルと言っても幅が広く、具体的には以下を指します。

ITスキルの例
  1. プログラミングスキル
  2. Webマーケティングスキル
  3. Webデザインスキル


あなたも、「プログラミング」くらいは聞いたことがあるのでは?

実際、プログラミングのスキルがあれば、正社員として就職できる確率も断然UPしますね。

ネットビジョンアカデミー』という無料のITスクールでは、0円でITスキルの習得からIT系資格「CCNA」の取得が可能です。

公式サイト:ネットビジョンアカデミー
  • 正直なところ、契約社員よりは正社員になりたい…
  • 契約社員になろうとしてたけど、無料でエンジニアを目指せるなら興味がある

このように思うのであれば、無料カウセンリングだけでも受けてみてください。

≫≫ネットビジョンアカデミーの公式サイトを見る

自分のキャリア(人生)の軸を決める

「とりあえず契約社員になろうかな」「やりたい仕事もないけど、ひとまず契約社員になっておこう」

こんな中途半端な気持ちで、契約社員になるのは本当に反対です。

契約社員になることを反対しているのではなく、自分の人生(仕事)の軸が何もないことがダメだと言えます。

あなただけでなく、日本人の8割くらいの社会人は自分のキャリアの軸を持っていません。

  • やりたい仕事もないし、今はとりあえず契約社員になっておこう
  • 別に今の仕事は嫌じゃないけど、なんかしっくりこないから辞める

今あなたが上記のように考えているなら、ぜひ1度検討してみてほしいのが「キャリアトレーニング」です。

キャリアトレーニングとは?

あなたの今後のキャリア、どう生きるかの整理をするためのトレーニング。

「自己分析」「キャリア設計」「転職活動サポート」を徹底的に行い、転職サイトや転職エージェントだけでは解決し切れないキャリアの軸や強みを明確にすることができます。


キャリアトレーニングが受けれるサービスとしては、マジキャリが有名になります。

公式サイト:https://majicari.com/

マジキャリは『無料カウンセリング』を入り口とし、卒業まで

「あなたの今後のキャリア(人生)について、真剣に向き合う」

のが目的のサービスです。

「契約社員を目指す前に、1度自分の人生について考え直そうかな」という人は、ぜひ無料カウンセリングだけでも受けてもらいたいですね。

≫≫まずはマジキャリの無料相談を受けてみる

まとめ:契約社員を目指そうとしているなら、もう1度立ち止まろう

  • 「とりあえず契約社員になろうかな」
  • 「やりたい仕事もないけど、ひとまず契約社員になっておこう」

このような思いで契約社員になろうとしているなら、ちょっと待ってください。

『契約社員になってはいけない5つの理由』を知ってでも、あなたは契約社員を目指しますか?

事実、正社員のほうが圧倒的にメリットは多いですし、社会人としての成長も大きく期待できます。

結論、収入の安定・社会的信用・キャリアアップを望むのであれば、間違いなく正社員をおすすめします。

正社員になる方法の再確認は、以下をクリックして戻れます。


また、そもそも契約社員になろうが正社員になろうが、自分の人生の軸が決まっていないと今後もブレブレの人生のままです。

契約社員になることを考える以前に、以下のことを真剣に考える時間を作ってみるのも良いと思いますよ。

  • 自分は今後10年、仕事でどんなことを実現したいのか
  • そもそも自分はどんな仕事が向いていて、何をすれば仕事が充実するのか

事実として、日本人の8割くらいは「自分の人生(軸)をどう生きていくか」を真剣に考えていません。

実際にあなた自身も、社会人になってから自分の人生と真剣に向き合ったことはないと思います。

最近では『キャリアコーチング』というサービスも登場しており、プロと一緒に自分の人生と向き合うきっかけを作れます。

なかでもマジキャリは最も信頼できると言えます。運営会社が転職エージェント事業も展開しているので、転職にも詳しいトレーナーが存在しています。

公式サイト:https://majicari.com/

無料相談だけであれば1円もかからないため、「自分の将来について真剣に考える時間を作りたい」という人は1度試しに受けてみるのもよいでしょう。


≫≫まずはマジキャリの無料相談を受けてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です